初心者向けおすすめFX動画

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

暗号資産を一目均衡表で分析しよう
「MT4(Meta 暗号資産を一目均衡表で分析しよう Trader4/メタトレーダー4)」は、ロシアのソフトウェア開発会社「MetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社」が2005年に発売したFX専用ツールです。

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

DMM FXキャンペーン情報

fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック ※1
  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン ※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 期間:2022年3月1日(火)7時00分 ~ 2022年6月1日(水)5時59分まで

GMOクリックFXneo

GMOクリックネオ

複数チャートで取引したいなら、GMOクリックFXneoがおすすめです。GMOクリックFXneoでは、 チャートを縦でも横でも4分割して取引できます。

GMOクリック証券 キャンペーン情報

  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック! ※1

LINE FX

手軽に取引したいなら、LINE FXがおすすめです。LINE FXは、名前の通り普段使っているLINEアプリから取引できます。

そしてなんといっても、 LINEアプリで経済指標やレートの変動をお知らせしてくれるのが嬉しいポイントですね。

LINE FXのキャンペーン情報

外貨ネクストネオ

アプリからしっかり情報収集したいなら、外貨ネクストネオがおすすめです。アプリ内では、 フィスコやロイターといった大手情報誌のニュースが掲載されており、ファンダメンタル分析がはかどります。

外為どっとコムキャンペーン情報

  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中! ※1
  • 新スマホアプリ限定キャンペーン、取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック ※2
  • 過去平均値の30%上乗せで、業界最高水準のスワップポイントを提供キャンペーン ※3
  • 高金利通貨のお取引で最大 100万相当 のFXポイントをプレゼント! ※4

MATSUI FX

松井証券FXはスプレッドも狭いため、スキャルピング等の短期取引にも適している と言えるでしょう。

松井証券 MATSUI FX券キャンペーン情報

  • 対象者全員に取引数量に応じて最大50万円キャッシュバックキャンペーン中!さらにキャンペーン期間中に誕生日を迎えた場合キャッシュバック金額が10%アップ! ※1
  • 合計35名に、FXトレーディング環境をサポートする豪華賞品をプレゼン卜 ※2
  • FX取引継続キャンペーン3ヶ月連続の取引で最大10,000ポイントプレゼント! ※3

※2 期間:2022/4/1(金)から2022/6/30(木) 。ドル/円を除く当社が取り扱う19通貨ペア合計の平均保有数量が100万通貨以上の方が対象。Aコース:抽選で5名にゲーミングチェア(AKRacing) ・Bコース:抽選で10名に34インチウルトラワイドディスプレイ(LG)・ Cコース:抽選で20名に高精度ワイヤレスマウス(logicool)暗号資産を一目均衡表で分析しよう

※3 期間 2022年4月1日(金)~2022年4月30日(木) 。エントリー月から3か月連続で100万通貨以上新規建ての取引(ドル円以外の19通貨ペアの合計)を行った方を対象に、新規建数量に応じてポイントプレゼント

FXのアプリを選ぶときの4つのポイント

  • チャートの見やすさ
  • 注文のやりやすさ
  • インジケーターの充実度
  • 通知機能

(1)チャートの見やすさ

タブレットならともかく、スマホは画面が小さいのが欠点です。したがって、 パソコンでの取引環境以上に、チャートの見やすさが重要 だと言えるでしょう。

(2)注文のやりやすさ

ストレスを軽減するためにも、スピード注文に対応しているアプリが良い でしょう。チャートと注文画面を同時表示させられれば、出先であってもじっくりトレードに集中できるはず。

(3)インジケーターの充実度

チャート分析に必須なのが、各種インジケーターです。 主に移動平均線やボリンジャーバンドなどが使われていますが、他にもツールがたくさん用意されていると便利 ですね。

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

Photo: Jimmy 暗号資産を一目均衡表で分析しよう Chin ©

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

REGN: $REGN リセッション懸念でヘルスケア買いは続く?

ベアマーケット入り、債券買いでリセッションを意識した動きが進みつつあります。 リセッションが来るかどうかはわからないが、 今後も買い向かう先として、ヘルスケア・セクターが候補の1つに挙がります。 ヘルスケアの中でも、今後も伸びる可能性がある銘柄としてリジェネロンを今回取り上げたいと思います。 REGNは1年パフォーマンスがQQQに対してアウトパフォームしています。 ・QQQ -11.3% ・REGN +30.5% ■決算 Q1決算が5月上旬にありましたが、無事コンセンサス予想を上回りクリアしています。 売上 $29.7億(YoY +17%) EPS.

EURJPY: #すばるライン

◆EUR/JPY◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確/損切回数.

EURUSD: ユーロドル-2022/5/24-

ユーロドルの週足です。 ECBの利上げ観測が出てきていますので、少し反発をしています。 とはいえ、ファンダもテクニカルも戻り売りで見ています。 戻りのめどについてですが、目先は1.08あたり、もし、ここを超えれば1.10あたりかと思われます。 ただ、1.08近辺はレジスタンスとして機能しそうなので、ここを超えるには、利上げ観測以外の 別の要素が必要かもしれないです。

YETI: $YETIで勉強

1.窓開け大きく下落後、上昇して引ける。平均の3倍の出来高。翌日に出来高増の陽線。 2.数日大きく下落、支持され上昇に転じる。 3.決算日に高値から大きく売られ、その後も数日売られる。 4.安値付近で2日大きな陽線。高値で大陰線後に大陽線。その後出来高が減少。 5.高値でまた大陰線。 6.高値付近で陰線、出来高は減少。 ↑ 1.大きく下げたが機関の買い集めにも見える。 2.下落が続き安値付近で機関の買い。 3.大きく下落したが、上髭がでて買いもあったように見える。 4.高値付近では売り圧力があるが、下落後に買いがしっかりと入る。出来高が減少してきている。 5.売り圧力がまだある。 6.陰線はでてるが出来高が減少。売り圧力が弱まった。 いろんな視点からの話が聞きたいです😁 ※短い文にするため言葉がおかしくなってる可能性があり.

FXアイデア

GBPJPY: GBP/JPY 5/26 ショートエントリー #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

GBPJPY: GBPJPY下降の4波トライアングル想定だけど。。。

EURGBP: 【FXで馬】ユーロポンドEUR/GBPを日足で考える

長期にわたり ジワジワと続く 下降トレンドも いよいよ 高値を切り上げ ダウ理論的にも トレンドを崩してきた ECB理事会の 重なるタカ派発言で 年内どころか 7月の利上げも 織り込み始め ユーロ買いが続くのか 現在レートは 大いなる売り場か 押し目買いに 変わるか 注目である

USDJPY: ドル円売り戦略

暗号資産アイデア

BTCUSD: 暗号資産/BTC BTC最終サポートか…

環境認識(暗号資産BTC) ETHなどメジャーなアルトコインも含めアルトコインは軒並み直近のサポートラインを明確に割って下落してきています。BTCは高値を切り下げながらもなんとか直近のサポートラインは割らずに抵抗していますが決着は近そうな展開となっています。BTCも割ってこれば明確な反転までロングは待ちたい局面です。これだけ横軸で長く持ち合っていますので今無理にお祈りロングを持たなくてもレジサポいずれかにブレイクアウト後でも利益は十分に狙えるのではないかと思います。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう こういった長期間の大きな下げ相場では主要な暗号資産が反発してもアルトコインは上げに対してそれほど追従してこない可能性もありますので長期的な仕込みではなく短期での利益を狙っている場合にはアルトコインはやや注意が必要な展開かもしれません。かなり先を見据えれば仕込み時.

BTCUSD: FRBのFOMC5月の金融政策会議の議事録の解釈

FRBのFOMCは、5月の金融政策会議の議事録を発表しました。ほとんどのFRB当局者は、今後数回の会議で50ベーシスポイントの利上げを支持します。急激な利上げにより、今年後半に政策の柔軟性がもたらされると考えています。すべての当局者がこの要件を支持しています。削減計画を開始します。 議事録は市場の期待に沿ったものと見られ、その後の利上げの柔軟性を示唆し、当局は今年と来年の前半のPCEインフレ予測を引き上げ、これはさらに3つの50ベーシスポイントの利上げを示唆したとコメントした。連邦準備制度は終わったでしょう。」水。」 議事録のハイライトは次のとおりです。 1.第2四半期の経済は「堅調に」成長し、利上げのより強力な道筋を示唆します.

BTCJPY: 20220527 BTCはまだ去年の6月7月のラインを超えてはいない。

BTCはJPYについては、去年の6月7月をつけた底値をまだ超えていない。 320万ぐらいのライン。 BTCとUSDで見ると、去年の6月や7月のつけた底値は割ってはいるんだよね。 このあたりの相関関係が面白いなあ。 JPYでの底値を割るのかどうか?サポートとするのか?

BTCUSD: 5月25日ビットコインBybitチャート分析です。

こんにちは ビットコインガイドです。 「フォロー」をしておけば リアルタイムの移動経路や主要区間でコメント通知を受け取ることができます。 ビットコイン30分チャートです。 詳細は5月24日分析文の下部に、 コメントでまとめました。 昨日はナスダック基準で上方/下方がはっきりと分かれていました。 *上方にはGap+一峰チャートMACDゴールデンクロス *下方では4 6 12.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる