外為オプションとは

チャートにトレンドラインを描画する

チャートにトレンドラインを描画する
「フィボナッチ・リトレースメント」はアイコンをクリックした後、チャート内でフィボナッチの基準となる始点(高値または安値)をクリックし、クリックしたままマウスカーソルを移動すると、フィボナッチに基づいた水準がチャート内に表示されます。終点(安値または高値)までそのまま移動し、一度マウスのクリックを止め、再度クリックすると確定されます。始点/終点にマウスカーソルを合わせると表示される「○」印をクリックすると、以下の設定バーが表示されます。

チャートにトレンドラインを描画する


トレンドライン描画ツール、フィボナッチ描画ツールを使って、チャートにトレンドラインやフィボナッチを追加できます。ものさしを使うとチャート上の期間や株価の変動幅などを測定できます。

①トレンドライン描画ツール
トレンドライン描画ツールを呼び出します。描画ツールでは、トレンドラインの色や太さ、ラインの向きや種類を変更できます。
他の銘柄で同じトレンドラインで比較したい場合は、⑤のレイアウトから「上書き保存」で保存します。
また、次回開いた際には⑤のレイアウトの「呼び出し」保存データを呼び出しができます。

トレンドラインを描画した画面例(下図)。

「フィボナッチ・リトレースメント」はアイコンをクリックした後、チャート内でフィボナッチの基準となる始点(高値または安値)をクリックし、クリックしたままマウスカーソルを移動すると、フィボナッチに基づいた水準がチャート内に表示されます。終点(安値または高値)までそのまま移動し、一度マウスのクリックを止め、再度クリックすると確定されます。始点/終点にマウスカーソルを合わせると表示される「○」印をクリックすると、以下の設定バーが表示されます。

設定バーでは、歯車アイコンをクリックすると、色の設定や表示するフィボナッチ数、背景色の有無などを変更できます。
歯車アイコン押下後の画面で、スタイル設定画面の「ラインを左に延長」「ラインを右に延長」にチェックを入れると、描画したフィボナッチ水準がチャートの先に向かって延長されます。
「背景」のチェックを外すと、背景の塗り潰しがなくなり、ラインだけが描画されます。
「反転」にチェックを入れると、描画したフィボナッチ水準が反転します。

③ものさしツール
チャート上で指定した期間や株価の変動幅などを測定します。変動幅(変動率)、変動幅の10倍、足本数、カレンダー日数を表示します。
例えば、14626.9(83.95%),146269 55バー,1673日と表示されている場合、当該期間の変動幅は14626.9円、変動率は+83.チャートにトレンドラインを描画する 95%、変動幅の10倍は146269円、ローソク足の本数は55本、カレンダーベースの期間は1673日であることを示しています。

④マグネットモード
マグネットモードを使うとローソク足にトレンドラインなどの起点を簡単に合わせることができます。対象となるのは、ローソク足の始値、高値、安値、終値です。
この部分をクリックし、アイコンが青色になっていると、マグネットモードになっています。
トレンドラインなどの起点や終点を四本値にしたい場合は、マグネットモードにしておくと便利です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる