無料オンラインコース

サポート/レジスタンスレベルの表示

サポート/レジスタンスレベルの表示
ブレイクアウトで取引するときにゾーンインジケーターを使用する例

『サポートライン・レジスタンスライン』とは?引き方、使い方、機能する理由

ラインを引くイメージ写真

FXの手法&テクニカル分析

この記事は約10分で読めます(7,563文字)

あなたも「支持線、抵抗線」「サポートライン・レジスタンスライン」いう言葉を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

サポートライン(支持線)

サポートラインの図

レジスタンスライン(抵抗線)

レジスタンスラインの図

サポートライン・レジスタンスラインが機能する理由

サポートラインでの反発の図1

1人目は、「図の始めから 売りポジション をもっているトレーダー」

2人目は、「 赤丸 で 買いエントリー をしたトレーダー」

3人目は、「 赤丸 で 売りエントリー をしたトレーダー」

ではその後、レートが再びサポートライン(支持線)に到達した 青丸 では、4人はどういう行動を取るでしょうか?

サポートラインで反発する図

1人目の「始めから売りポジションをもっているトレーダー」は、含み益があります。しかし赤丸で一度反発したのを見たので、「できるだけ多く利益を確保しよう」と考えて、 青丸 で利食いの 「買い」 を行います。

2人目の「 赤丸 で買いエントリーをしたトレーダー」は、上がったレートを見て「もっと買っておけばよかった」と思うため、 青丸 では 「買い」 サポート/レジスタンスレベルの表示 を行います。

3人目の「 赤丸 で売りエントリーをしたトレーダー」は、レートが上がってしまい、含み損を抱えていましたので、 青丸 で建値に戻った時点で逃げようとして、エグジットの 「買い」 を行います。

4人目の「様子を見ていたトレーダー」は、一度は上がったレートをみて「買っておけばよかった」と後悔していましたから、 青丸 では喜んで 「買い」 を行います。

──なんと、 青丸 サポート/レジスタンスレベルの表示 ではみんなが「買い」を行いました。

水平線(ライン)はローソク足の実体に引く?ヒゲに引く?

もしあなたがFX経験者なら、水平線を引くときに ローソク足のヒゲの先端 に水平線を引くのか、それとも 実体のはしっこ(始値・終値) に引くのかで、迷った経験があるのではないでしょうか?

ですから「ローソク足のどこに水平線を引くか」に一つの正解を求めて、ピンポイントでラインを決めようとするのではなく、 「みんなはどこに注目しているのだろう?」 という視点で考えることが大切です。

サポートラインでの反発のチャート

左側の 赤丸 でレートが反転したのでサポートライン(支持線)を引くことになるわけですが、そこでの選択肢には2つあります。

実際その後、右側の 青丸 を見れば分かるのように、そのゾーンの中でレートは反転~上昇していきました。

あなたが迷うということは、みんなも迷っている

水平線の役割が変わる「ロールリバーサル」

レジスタンスラインを抜けた図

ロールリバーサルの図

ブレイクされたレジスタンスライン(抵抗線)付近では、なんとか建値で逃げたい売りトレーダーたちの 「決済の買い」 と、買いそびれた様子見トレーダーたちの 「新規の買い」 の、それぞれの買い注文が待ち構えていることになります。

このようにラインの役割が転換することを 「ロールリバーサル」 と呼び、別名「サポレジ転換(レジサポ転換)」と呼ばれ、テクニカル分析の重要な要素とされています。

ロールリバーサルは一回だけとは限らない

ロールリバーサルの頻繁な例のチャート

一本の水平線を何度も抜けていますが、 青丸 のところでサポート(支持線)の役割をしたり、レジスタンス(抵抗線)の役割をしたりしているのが分かります。

なので、あなたが引いた水平線が一度ブレイクされても、 「もう注目されなくなった」といって、すぐに消してしまわないことです。 ロールリバーサルが起こって、役割をかえて機能する可能性があることを思い出して下さい。

サポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)の使い方

売り勢力と買い勢力の優勢な側を見極める

注目される高値と安値に引いたライン──つまりサポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)は、 「これ以上はいかせない!」 勢力と、 「なんとしてもブレイクしてやる!」 勢力がぶつかりあう、激戦ポイントになる可能性があることは、もうよくお分かりだと思います。

勝った側についていくコバンザメ的なアプローチ

上位サポートでのコバンザメ戦略

大きな時間軸の状況を考慮することが大切

ここで一つ思い出してもらいたいのが、 「水平線は大きな時間軸のものほど、注目度が高い」 という点です。

例えば、 日足が上昇トレンド になっているとします。その日足の安値に引いたサポートライン(支持線)付近で、1時間足のサポートラインが、下へブレイクされそうな場面で考えてみましょう。

複数時間軸のラインの図

しかしそこには、 上昇トレンド中の日足のサポートライン があります。

さらにいえば、 大きな時間足チャートのトレンドの方向と、短い時間軸の値動きの方向がそろった状況を狙う のが、FXでおすすめのトレード戦略のひとつになります。

サポートおよびレジスタンスレベルのインジケーターゾーン。 ゾーンインジケーター:ダウンロードして、取引での使用方法を学びますダウンロードゾーンレベルインジケーター

価格ダイナミクスがどのように最大に移動するかという質問に対する答えを単純化すると、価格は最大点から最小点へ、そして最小値から最大値へと移動するという答えが得られます。 相場がこれらのポイントの1つに達すると、逆になり、別のポイントが形成されるまで動き始めます。これに基づいて、最大で回転する前の相場は抵抗に反し、最小で回転する前の相場は抵抗に依存すると結論付けることができます。サポート。 その結果、価格変動の全体像を、抵抗の範囲とサポートレベルの間の変動として一般化することができます。

同時に、専門家が自動マークアップインジケーターを使用している場合でも、すべての場合において、チャートに水平線またはゾーンを表示した後、レベルを微調整します。何と言っても、インジケーターはロジックと理由のないアルゴリズムです。 。 自動レベル構築の最良の指標の1つは、サポートおよびレジスタンスゾーンインジケーターです。 それがどのようなツールで、どのように使用するかを見てみましょう。初心者の投機家が私たちを読んでくれるので、順番に情報を送信します。投稿の終わりまでに、サポートとレジスタンスのレベルと使用方法を完全に理解します。彼ら。

ビデオ。 サポートおよびレジスタンスゾーンインジケーター

抵抗とサポートレベルが表示される理由

レートを増減するために注文を開くプレーヤーが市場にいるという事実のために、価格の変動が発生します。 また、相場の動きは、政治ニュースや経済ニュースの発表の影響を受ける可能性がありますが、その場合でも、大量かつ少量の注文があったため、価格が変動し始めます。 、または少量ですが、大量です。

  1. サポートレベルは、オープンポジションの総量が均等にバランスしている場所にあり、その後、論理的な観点から、バイヤーの方向を上回ります。これは、市場参加者が資産をすでに売られ過ぎであると見なしていることを示します。彼らの意見では非常に過小評価されている価格で販売したくない。 サポート/レジスタンスレベルの表示 しかし、逆に、買い手は価格が低すぎることを理解しており、あなたはそれを買うことができます。お金を稼ぐために彼らは注文を開き、売り手はポジションを閉じ、買い手はポジションを開き、ボリュームの再分配が発生することがわかります。 これらのボリュームが再配布される場所は、サポートレベルと呼ばれます。
  2. 抵抗レベルは同様の方法で形成されますが、反対のことが当てはまります。 市場参加者は、価格がピーク値に達した後、それ以上購入する意味がないことを理解し、売り手にとって、これはすでに販売するのに適した場所になります。 買い手は利益を受け取り、売り手はポジションをオープンします。また、市場ボリュームの再分配があり、最終的には値下げにつながります。 販売量の再配分があったエリアをレジスタンスレベルと呼びます。

また、売り手と買い手が価格について「合意」できない場合もあります。そのような場合、売買量の比率はほぼ等しくなります。このため、価格の統合が発生します。これは、「フラット」または略称でよく知られています。 「最初」。 多くの場合、このような市場の動きは、最も流動性の高い取引所(アメリカとヨーロッパ)が閉鎖されているアジアセッション中に発生します。これにより、ボラティリティが低下し、市場で取引される量が減少します。

ゾーンインジケーターの説明

MetaTrader 4トレーディングターミナルのクラシックバージョンを使用する場合、マシンのレベルを決定できるツールはありません。もちろん、マークアップは可能ですが、手動で行う必要があります。 その結果、ゾーンインジケーターをダウンロードする必要があり、古き良き伝統に従って、読者にそのような機会を無料で提供します。

  • ブローカーのターミナルを開く
  • 「ファイル/データディレクトリを開く」タブがあります
  • 開いたウィンドウで、フォルダ「MQL/Indicators」を選択します
  • ダウンロードしたすべてのファイルを貼り付けます
  • トレーディングターミナルの再起動
  • ナビゲーターでIndicatorsフォルダーを見つけ、Zoneというツールを探します。
  • マウスでダブルクリックするか、左ボタンを押したままチャートにドラッグします

ご覧のとおり、インジケーターは通常の細い水平線ではなく、長方形のゾーンのように見えるマーキングを作成しました。 まだ気付いていない場合、キーレベルは特定のラインではなく、価格が逆転する可能性のあるレンジゾーンです。 サポート/レジスタンスレベルの表示 クラシックバージョン(標準設定)では、抵抗レベルは赤、サポートレベルは緑になります。前述のように、識別されたサポートまたは抵抗ゾーンごとに、2本の水平線が表示され、最初の線はの最小レベルを示します。レジスタンス/サポート、そして2番目は最大値ですが、価格が上(レジスタンスの場合)と下(サポートの場合)に近づくほど、反転運動が発生する可能性が高くなります。 同時に、誤ったブレイクアウトを忘れてはなりません。残念ながら、それらから逃れることはできません。

ゾーンインジケーターのダウンロード 。 設定

  • TFは、重要な抵抗/サポートレベルが決定される時間間隔ですが、作業チャートとは異なる、より高い間隔を選択できることに留意する必要があります。
  • 最大バー-ゾーンインジケーターがレベルを分析および構築するためにかかる距離。計算はバー/キャンドルで行われることを理解した上で、この値を設定する必要があります。
  • Rカラー-抵抗ゾーンはどの色でペイントされますか
  • Sカラー-サポートゾーンはどの色でペイントされますか
  • TxtColor-レベルの近くにどの色のテキストメッセージが描画されるか
  • 背景-見つかったゾーンを任意の色でペイントするか、空のままにするか
  • 長方形の幅-サポート/抵抗レベルを定義する水平線の太さ
  • TxtSize-レベルの横に表示されるテキストメッセージのサイズ
  • RectShift-特定のレベルが右にシフトされる距離
  • MA1 / MA2 / MetodMA / PriceMA-極端な価格の検出を計算するための設定であり、抵抗とサポートレベルを構築するために使用されます

ゾーンインジケーター。 取引例

「ブレイクアウト」で取引する場合、その意味は、価格が弱いと定義されている抵抗またはサポートの境界に近づく必要があるということです。 「ブレイクアウト」で取引する場合、価格がこのレベルを超えて下がるまで待つ必要があります。安全停止に関しては、売りに出される場合はレベルより上に設定されます。 テイクプロフィットは、次のレベル、またはセーフティストップの2倍または3倍のいずれかに設定されます。

サポート/レジスタンスレベルの表示

ブレイクアウトで取引するときにゾーンインジケーターを使用する例


ゾーンインジケーターリバウンドトレードの例

  1. バウンス取引は上昇トレンドに適用され、価格が以前に特定されたレジスタンスレベルに近づくと取引が開始され、価格がサポートレベルに近づいた後の下降トレンドに適用されます。 市場に横方向の動きがある場合、そのような場合、取引は価格チャネルの上限と下限から実行されます
  2. ブレイクアウト取引は上昇トレンドで使用され、価格がロールバックしてサポートを形成した後、最大ピークを突破するための注文を開始します。 下降トレンドでは、ロールバックとレジスタンスの形成を待っています。その後、最小値を突破することを目標に注文を開始します。

アラート付きゾーンインジケーター

さらに、サウンドアラートは、心理学の観点から、投機において優れた利点を提供します。価格の動きに伴ってお金が増減することを考慮しながら、価格の動きを常に確認すると、お金が増減することが証明されています。 、その後、ストレスの多い状態が発生します。 ストレスのために、トレーダーは間違いを犯し始めます、そしてあなたが知っているように、間違いは預金の損失につながります。

アラート付きゾーンインジケーター

サポートとレジスタンスとは

サポートレベル-価格の下(安値)にあるレベル、価格の動きが最も頻繁に逆転するゾーン。

抵抗レベル-価格の上方(高値)にあるレベル、価格の動きが最も頻繁に逆転するゾーン。

簡単に言えば、これは価格が特定のポイント数で最も頻繁にリバウンドするレベルです。 たとえば、GBP / USD通貨ペアの場合、下のスクリーンショットは、価格が1つの範囲で戦い、数回跳ね返った後、レジスタンスゾーンが壊れ、その後、新しいサポートレベルになった様子を示しています。

1) このレベルを超えると、注文を開始する注文はありません。

2) このレベルでは、動きに逆らって大量のオープンポジションがあります。

レベルを使用した取引

  • 価格がレジスタンスレベルに達したときに売りトレードを開きます。
  • 価格がサポートレベルに達したときに買いトレードを開きます。
  • 価格は必ずしもサポート/レジスタンスレベルに達する必要はありません。1〜10ポイントに達していない場合は、ポジションを開くことができます。
  • ストップロスを使用します。時間枠に応じて、ラインの20〜30ポイント後ろに設定できます。

インジケーターはプロのトレーダーの間で非常に人気があります。 サポートゾーンとレジスタンスゾーンの構築に最適です。 新しいゾーンが表示されたときにアラートを出します。 セットアップはとても簡単です。

  • Forced_tf-ゾーンが検索される時間枠
  • Kill_retouch-ゾーンを突破した後にゾーンを削除します
  • Top_Color-抵抗ゾーン(上部ゾーン)の色
  • Bot_Color-サポートゾーンの色(下部ゾーン)
  • Draw_Price_Labels-ゾーンの横に価格情報を表示します

この指標は、以前のゾーンからの価格リバウンドに基づいてサポートゾーンとレジスタンスゾーンを構築します。 彼はまた、ゾーンが壊れている(テストされている)かどうかにも署名します。 とても便利で使いやすいです。 より高いまたはより低い時間枠からレベルを構築できます。

  • BackLimit-分析されたバーの最大数
  • TimeFrame —レベルが計算される期間(0-現在、60時間、1440-4時間など)
  • Color_-線の色、あなたはあなたの裁量で変えることができます
  • Zone_show_weak-毎週のレベルを表示
  • Zone_fuzzfactor —ファズファクター(レベルフィルタリング)
  • Zone_solid-true/false-ゾーンを色で塗りつぶします
  • Zone_linewidth-レベルの厚さ
  • Zone_Showinfo-ゾーンに関する情報(壊れている、テストされている、壊れていない)
  • Zone_Alerts-新しいゾーンが表示されたとき、または壊れたときに通知します
  • Show_Currency_Meter_Strength-true/false通貨強度パネルを表示
  • Show_Static-渡されたポイントの数の統計
  • Show_CS_Position-位置情報
  • Show_SnR_Distance-サポートまでの距離/抵抗レベル
  • Show_Candle_Direction-現在のキャンドルに関する情報(右側の矢印)
  • Show_Candle_Time-ろうそくが閉じるまでの時間(ろうそくの右側)
  • Draw_Fibo_Pivot-フィボナッチピボットを表示

簡略化された形式では、価格の動きは高値と安値からの価格の動きとして表すことができます。 それらに到達すると、方向を変えます。 したがって、最大で、価格はそれが成長することを許さない抵抗を満たし、そして最小で、それはそれが下がることを許さないサポートに遭遇します。 その結果、価格変動チャート全体は、価格が高値から安値へ、またはその逆に周期的に移動するセグメントで構成されます。 ゾーンインジケーター価格チャートでそのようなサポートとレジスタンスレベルの視覚化を提供します。

抵抗とサポートが生じる理由

価格の動きは、市場参加者の取引行動によってある程度決定されます(経済的および政治的イベント、およびこの記事で考慮されていない他のいくつかの要因も価格のダイナミクスに影響を与えます)。 これらの取引アクションは、資産の売買で構成されます。 総売上高が総購入量を超えると、資産の価格が下がります。 それ以外の場合(購入の合計量が販売の合計量を超える場合)、資産の価格の上昇が観察されます。

抵抗も同じように形成されます。 これは、総売上高が総購入額と等しく、それを超える価格レベルに設定されます。 この場合、ほとんどの買い手は有利な価格で資産を購入しました。

市場で、しばらくの間、資産の売買の合計量が実質的に等しい場合、価格は狭い価格回廊で変動します(フラットが発生します)。 この状態は、この期間中のトレーダーの数が非常に少ないため、主要なトレーディングフロア(アメリカとヨーロッパ)が閉鎖されている時期に典型的です。 しかし、フラットの間に大量の注文が行われ、反対の注文ではカバーできない場合、これは価格に大きな推進力を与えます。

ゾーンインジケーターの説明

このテクニカルツールは、MTトレーディングターミナルのインジケーターの基本セットには含まれていません。 ゾーンインジケータは、コンパイルされた.ex4実行可能ファイルの形式でダウンロードできます。 「ファイル」メニューの「データカタログ」項目を選択したときに表示されるウィンドウにあるMQL4/インジケーターフォルダに配置し、端末を再起動すると、価格チャートに適用できます。

これで、ゾーンインジケーターがナビゲーターウィンドウに表示され、任意の価格チャートにドラッグできます。 必要なパラメータ値を設定した後(次のセクションで説明)、2色のいくつかの水平線がチャートに描画されます(デフォルトでは、赤は抵抗に対応し、緑はサポートに対応します)。 同時に、各価格レベルは2つの隣接する水平直線に対応します(したがって、インジケーターによって決定されるサポートゾーンとレジスタンスゾーンは特定の幅のゾーンです)。

  • サポートのために-下の影(終値から低価格へ);
  • 抵抗のために-アッパーシャドウ(クローズプライスからハイプライスへ)。

ゾーンインジケーターのパラメーター(図2)

  • TF –価格レベルが特定される時間枠(作業チャートの時間枠と一致しない場合があります)。
  • MaxBars-アルゴリズムによって分析される期間(ろうそくの数によって設定されます)。
  • RColor-抵抗を示す線の色。
  • SColor-サポートを示す線の色。
  • TxtColor –表示された価格レベルにラベルを付けるためのテキストの色。
  • BackGround-アルゴリズムによって検出された価格帯を塗りつぶす必要があるかどうか。
  • RectangleWidth –価格レベルの境界を示す直線の太さ。
  • TxtSize –インジケーターテキストシンボルのフォントサイズ。
  • RectShift –見つかったレベルで示される直線の始点を右にどれだけシフトするか。
  • MA1、MA2、MetodMA、PriceMA-極値を決定するアルゴリズムの本体で計算された移動平均のパラメーター。

TFパラメーターは分単位で指定されます。 したがって、H1の時間枠でサポートと抵抗を探す必要がある場合は、TFを60に設定し、H4の時間枠で-240に設定する必要があります。 1つの動作時間枠M30、および表示された抵抗とサポートはH1時間枠(TFは60)にあります。

取引でゾーンインジケーターを使用する方法

前者の場合、価格は克服できないほどの高水準に近づいていると想定されます。 価格が上からサポートに近づいて下に移動し始めた後にロングポジションが開かれ(ストップロスはその下に配置されます)、価格が下から抵抗に近づいて動き始めた後にショートポジションが開かれます(図3)。 up(ストップロスはその上に配置されます)。

TakeProfitは、ポジションの開始からの距離に設定されます。これは、StopLossまでの距離の少なくとも2倍です。 ポジションを開くレベルとTakeProfitのレベルの間に強いレベルがないことを確認することが不可欠です(ショートポジションの場合-サポート、ロングポジションの場合-レジスタンス)。 そうである場合は、取引を拒否することをお勧めします。

  • 抵抗が形成されているか、以前に特定された抵抗に近づいているときの上昇トレンド。
  • サポートが以前に特定されたサポートを形成または近づいているときの下降トレンド。
  • 価格がその境界から逆転するときフラットで。
  • ロールバックでサポートが形成された場合の上昇トレンド。
  • ロールバックで抵抗が形成されたときの下降トレンド。

アラート付きゾーンインジケーター

任意の期間の見積もりダイナミクスは、以前に形成された、または新たに出現した高値と安値の間の動きです。 引用がそのような極値に達すると、その移動の方向が変わることがよくあります(反対または横になります)。 これらの逆転レベルを決定するために、 ゾーンインジケーター、対応するマークアップをチャートに適用します。

このマーキングは赤と青の長方形で構成されており、それぞれ抵抗ゾーンとサポートゾーンを表しています(図1)。 レジスタンスは高値で形成され、サポートは安値で形成されます。 したがって、インジケーターは極値を識別するためのアルゴリズムに基づいています。

最高のブローカー

ゾーンインジケーターの説明

Awesomeオシレーターアルゴリズムを使用して、極端な価格を決定します。 これは、ある移動平均の値を別の移動平均の値から差し引くことによって計算されます。 この違いの結果は、特定の方法で処理され、安値と高値の正確な識別を提供します。 トレーダーは、これらの移動の期間(パラメーターMA1およびMA2)、それらの計算方法(パラメーターMetodMA)、および計算で使用される価格のタイプ(パラメーターPrice_MA)を設定できます。

ゾーンのサポートと抵抗のインジケーターの結果に影響を与えるもう1つのパラメーターは、TFです。 これは、Awesome Oscillatorの計算された時間枠を定義し、分単位で設定されます。 したがって、TFが1の場合、決済時間枠はM1、5〜M5、15〜M15などになります。同時に、決済時間枠に対応するレベルも、異なる時間枠のチャートに表示されます。 。 Awesome Oscillatorは間隔で計算され、その長さはMaxBarsパラメーター(計算されたTFのキャンドルで)によって決定されます。

  • Rcolor / サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 Scolor –抵抗/サポートゾーンの長方形を着色します。
  • Txt_Color-ゾーンラベルの色付け。
  • Back_Ground-ゾーンの長方形の塗りつぶしが必要かどうか。
  • Rectangle_Width –ゾーン長方形の境界線の幅。
  • Rectangle_Style –ゾーンの長方形の境界線の線のスタイル。
  • TxtSize –署名文字のサイズ。
  • RectShift –ゾーンの長方形の左側を右にシフトするための値(ろうそく足)。

ゾーンインジケーターの使用例

図の紫色の矢印。 図2は、毎時TFにおける抵抗の形成の瞬間を示している。 その後、見積もりは下がり、再び抵抗に上がり、支持を形成しました。 この場合、StopLossがレジスタンス(黄色の水平)より上にあり、TakeProfitがニアサポートの上部境界にある現在の価格で販売できます。

図の状況。 2はブレイクアウト取引にも使用できます。 この場合、黄色の水平線は、最も近いサポートの上部境界にあるStopLossと、上から最も近い抵抗の下部境界にあるTakeProfitを使用して、保留中の注文を出すレベルを示しています。

ブレイクアウト戦略はトレンドに使用する必要があります。 たとえば、図では。 図3は、すべての新たな抵抗がいくつかのろうそくで突破し、(トレンドインパルスに続く引き戻しの結果として)より高い抵抗が形成され、その後も突破した上昇トレンドを示しています。

アラート付きゾーンインジケーター

トレーダーの取引アクションは、価格がレベルに近づくか、レベルに入る、またはそれを超えるときにのみ発生するため、ゾーンサポートおよびレジスタンスインジケーターにアラートを装備することをお勧めします。 このオプションの実用的な実装は無料ではなく、数十ドルで提供されています。 ポップアップまたは電子メール通知を提供し、ゾーンに対する見積もりの​​位置に応じてゾーンの色も変更します。

  • マウスカーソルは、アラートをアクティブ化するレベルに設定されます(将来的には、クォートウィンドウの他のグラフィックオブジェクトと同様に、アラート矢印を垂直方向に移動できます)。
  • マウスの右ボタンを押すと、コンテキストメニューがアクティブになります。
  • 「Trade-Alert」アイテムを選択します。

したがって、取引プラットフォームの機能を使用すると、無料で、場合によってはより簡単で便利に、有料バージョンのインジケーターが提供するのとまったく同じ結果を達成することができます。 トレーダーは、MetaTrader 4ターミナルの機能を使用でき、その機能を理解し、賢くなければなりません。

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

サポート/レジスタンスレベルを破ると、通常、新しいトレンドが始まります

価格の勢いがサポート/レジスタンスレベルから抜け出すのに十分強いのはいつですか?

最初に支配的な傾向を決定する必要があります。 それを行うには、ローソク足チャートを使用します。 ろうそくが大きく、2つ以上の連続したろうそくが同じ色である場合、傾向が強いことがわかります。

価格がサポートまたはレジスタンスを突破したいと思うかもしれない他のシグナルは、それが非常に限られた範囲内で変動するときです。 サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 そのような統合の後、それは支持/抵抗から抜け出すのに十分な力を持っています。 価格が一時的に範囲に戻ってから突破することがよくあるので、これには注意してください。

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

統合後、価格がサポートを破った

誤ったブレイクアウトとその回避方法

誤ったブレイクアウトはトレーダーの悪夢です。 彼らは多くの人に損失をもたらしました。 サポート/レジスタンスを超えた後、価格が範囲に戻ったときの誤ったブレイクアウトについて話すことができます。

以下の例を見てください。 価格は抵抗レベルに達しましたが、その後も下降傾向が続きました。 価格のブレイクアウトが表示されても、それがサポート/レジスタンス(この例ではレジスタンス)を超えている場合、それは誤ったブレイクアウトを示している可能性があります。

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

AUDUSD1時間足チャートの誤ったブレイクアウトの例

サポート/レジスタンスレベルを突破した場合はどうすればよいですか?

上記のスナップショットを見ると、通常、価格は下降傾向にあります。 ブレイクアウトが発生した場合は、価格が支持/抵抗に達したときのように市場が振る舞うまで待ちます。 それは発展傾向に基づいて貿易に参入する時です。

誤ったブレイクアウトが発生し、それについてできることはあまりありません。 大きな市場のプレーヤーが高く売りたい、または低く買いたいときに発生するという理論があります。 そのためには、抵抗やサポートを打破するために価格を押し上げる必要があります。 サポート/レジスタンスレベルの表示 したがって、価格が抵抗を打ち破り、その後強い動きで戻ったとき、あなたは売り手に加わることを試みることができます。

誤ったブレイクアウトを回避するために、価格トレンドに基づいて取引を行います

この知識を集めるには、チャートを注意深く読む必要があります。 私のアドバイスは、取引間隔よりも長い時間枠チャートを使用することです。 あなたが5分のろうそくを取引しているとしましょう。 少なくとも30分のチャートを使用することをお勧めします。 1時間足チャートかもしれません。

Cryptoboでのサポート/レジスタンスからのブレイクアウトをトレードする方法

AUDUSDの強力で正確なサポート抵抗レベル

時々、価格はサポート/レジスタンスレベルから頻繁に発生します。 サポート/レジスタンスレベルの表示 いくつかの追加のツールとインジケーターの追加のヘルプを使用することをお勧めします。 このように、あなたの取引はより適切になります。

たとえば、Cryptobo Bollinger Bandsインジケーターまたはよく知られているオシレーターの1つを試して、売られ過ぎや買われ過ぎの領域を特定することができます。 それはあなたの市場決定のパフォーマンスを改善することができます。

サポート/レジスタンスレベルを特定し、それに応じて行動することが重要です。 しかし、このスキルを習得するには多くの忍耐が必要です。 あなたの目標は、価格のブレイクアウト後に取引に参入する適切な瞬間を定義することです。

学ぶことは練習することです。 躊躇せずにCryptoboデモアカウントを開設してください。 そこで、ブレイクアウト後の価格の振る舞い、誤ったブレイクアウトが発生したとき、そして次に何をすべきかを自分で確認できます。 以下のコメントセクションでそれについてすべて教えてください。

【全まとめ】TradingViewの使い方を徹底特集!チャートの表示方法から便利機能まで!

※:サクソバンク証券、FOREX.com以外の上記スプレッドはいずれも原則固定・例外あり。
※:サクソバンク証券は連携によるTradingViewの利用のみ対応。みんなのFX、LIGHT FX、ゴールデンウェイ・ジャパンは各社ツール内でTradingViewのチャートを利用可能。FOREX.comとOANDAは取引ツール内でのTradingViewの利用、連携によるTradingViewの使用の両方に対応しています。
※1:OANDAはベーシックコースとプロコースがTradingViewに対応しているのですが、上記スプレッドはベーシックコースのスペックを記載しています。

TradingViewのチャート画面

TradingView

※使い方の知りたい箇所をクリックすると、下記の詳しい解説に飛びます。

TradingViewの使い方

①:チャート画面の使い方

通貨ペアを表示させる

TradingView

TradingView

TradingView

時間足・チャートタイプを変更する

TradingView

TradingView

サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示
時間足 1分足、3分足、5分足、15分足、30分足、45分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、日足、週足、月足
チャートタイプ バーチャート、ローソク足、中空ローソク足、平均足、ライン、エリア、ベースライン、練行足、ラインブレイク、カギ足、ポイント&フィギュア、レンジ

TradingView

ロウソク足の色やテーマカラーを変更する

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

スケールの使い方と設定方法

TradingView

タイムゾーンを変更する

TradingView

経済指標をチャート上に表示させる

TradingView

単位変換と通貨変換

単位変換と通貨変換

単位変換と通貨変換

カスタム計算式と反転チャート

カスタム計算式と反転チャート

カスタム計算式と反転チャート

②:インジケーターの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

1834年以降のゴールドチャート

FXキーストンTradingViewインジケーターを無料配布中!

FXキーストンオリジナル!TradingViewインジケーター無料配布中!

③:描画ツールの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

全表示/非表示をショートカットキーで操作することもできます。 【Ctrl+Alt+H (Windows)】 または【Cmd+Opt+H (MacOS)】のショートカットキーを使えば、マウス操作をせずとも描画ツールを出したり消したりすることが可能です。

TradingView

④:アラートの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

⑤:ウォッチリストの使い方

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

⑥:チャートのレイアウトの変更

TradingView

TradingView

TradingView

TradingViewデスクトップアプリ徹底解説!インストール方法から使い方まで!

⑦:SNS機能で投資アイデアを共有する

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView

TradingView対応のFX業者・ブローカーを解説!

TradingViewの対応国内FX会社・ブローカー一覧表

サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示
FX会社 通貨ペア 取引単位 ドル円スプレッド Trading View利用形式 公式サイト
サクソバンク証券 150
通貨ペア以上
1,000
通貨単位
変動制 連携 詳細
みんなのFX 29
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.2
取引ツール内蔵詳細
LIGHT FX 29
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.2
取引ツール内蔵 詳細
サポート/レジスタンスレベルの表示 ゴールデンウェイ・ジャパン 30
通貨ペア
1,000
通貨単位
0.1
取引ツール内蔵 詳細
OANDA Japan 69
通貨ペア
1
通貨単位
0.4
銭(※1)サポート/レジスタンスレベルの表示
連携または取引ツール内蔵 詳細
FOREX.com 84
通貨ペア
1,000
通貨単位
変動制 連携または取引ツール内蔵 詳細

※:サクソバンク証券、FOREX.com以外の上記スプレッドはいずれも原則固定・例外あり。
※:サクソバンク証券は連携によるTradingViewの利用のみ対応。みんなのFX、LIGHT FX、ゴールデンウェイ・ジャパンは各社ツール内でTradingViewのチャートを利用可能。FOREX.comとOANDAは取引ツール内でのTradingViewの利用、連携によるTradingViewの使用の両方に対応しています。
※1:OANDAはベーシックコースとプロコースがTradingViewに対応しているのですが、上記スプレッドはベーシックコースのスペックを記載しています。

サポート/レジスタンスレベルの表示

「バイナリーオプションの逆張りってなに?」

「バイナリーオプションで使える逆張り手法は?」

「逆張りと順張りどっちがバイナリーオプションに向いている?」

バイナリーオプションでの逆張りは、 満期直前のトレードで使える手法 です。

なぜなら、逆張りの動きは継続時間が短いため、短時間先の予測に向いているからです。


私は順張りメインでバイナリーをしていましたが、逆張りを併用したことで満期間近のトレードの勝率が上りました。

順張りは数時間先の長期予測に適し逆張りは数分先の短期予測に適しているため、状況によって使い分けると効果的です。

この記事では、逆張りを狙いやすいレンジ相場の見極め方と初心者でも試せる鉄板の逆張り手法もチャート画面を用いて解説しています。

・バイナリーオプションの逆張りとは? サポート/レジスタンスレベルの表示
・バイナリーオプションで逆張りを活かせるケース
・レンジ相場の見極め方
・初心者でもできるバイナリーオプションの鉄板の逆張り手法
・逆張りに使えるおすすめインジケーター3選

バイナリーオプションの逆張りとは?

相場の反発を狙ったエントリー手法

バイナリーの逆張り

逆張りとは 相場の反発を狙うエントリー手法 です。

下のチャート画面のように、下降トレンドであれば上に反発すると予測し、上昇トレンドであれば下に反発すると予測してエントリーします。

逆張りのイメージ

バイナリーオプションでの逆張りは、満期に反発が期待できる時にトレンドと反対方向にエントリーします。

逆張りの動きは順張りより長く続かない傾向があるので、満期間近の短期予測にオススメです。

この記事での逆張りは、反発前にエントリーする手法としてお話します。

順張りとの違い

バイナリーの順張り

順張りは逆張りの反対で トレンド方向に乗っかる手法 です。

為替にはトレンドと呼ばれる相場があり、上昇トレンドは高値を更新しながら推移し、下降トレンドは安値を更新しながら推移します。

バイナリーオプションでは、トレンドが継続すると予測して上昇トレンドなら「上がる」、下降トレンドなら「下がる」でエントリーします。

また、トレンドは継続する傾向があるため、数時間先を見る長期の予測に向いています。

逆張りはレンジ相場が狙いやすい

逆張りはレンジが狙いやすい

順張りはトレンド相場が狙い目ですが、逆張りは レンジ相場 が狙い目の手法です。

なぜなら、レンジ相場は反発するタイミングが見極めやすいからです。

レンジ相場とは、一定の範囲(レンジ)で値動きが推移する市場が停滞している相場のことで、相場の7割がレンジ相場と言われています。

レンジ相場の見極め方

レンジ相場の見極め方

方法①レジスタンス・サポートラインを引く
方法②移動平均線を使う
方法③複数の時間足を見る

方法①レジスタンス・サポートラインを引く

レジスタンス・サポートラインのレンジ相場例

一番わかりやすいレンジ相場の確認方法は、 サポート/レジスタンスレベルの表示 レジスタンス・サポートラインを引く ことです。

高値同士を結んだ線をレジスタンスライン、安値同士を結んだ線をサポートラインと呼びます。

この方法は、為替チャートの上下に2本の平行線を引いてそのラインの中にチャートが収まっているか確認するだけです。

上のチャート画面のようにレジスタンスラインと、サポートラインを引きます。

そして上下のラインが平行になっていればレンジ相場と判断できます。

方法②移動平均線を使う

移動平均線でレンジ相場を見極める例

移動平均線 もレンジ相場の見極めに良く使われる方法です。

移動平均線とは一定期間の為替の動きを平均化した線で、相場の流れを読み取るのに適している指標です。

確認方法は、短期の移動平均線と中期の移動平均線を表示して、似たような角度で上下にクロスしているかを確認します。

バイナリーオプションでの移動平均線の設定は、短期が5、中期が30が良いでしょう。

方法③複数の時間足を見る

複数の時間足でレンジ相場を確認

複数の時間足 を確認するとレンジ相場を見極められると同時に、今後の値動きの傾向を分析することができます。

15足まではレンジ相場を形成していますが、1時間足と4時間足を見ると緩やかな上昇トレンドが発生しています。

このように、一つの時間足だけに固執しすぎると、相場全体の流れを見落としてしまうかもしれません。

初心者でもわかりやすい!鉄板の逆張り手法

ラインの反発を狙う

ラインに反発すると予測してエントリー

ラインの反発を狙うとは、 レンジ相場中のレジスタンス・サポートラインでの反発を狙った手法 です。

ラインの反発予測的中

ローソク足の長いヒゲを狙う

反発前のヒゲ

長いヒゲのローソク足も逆張りの鉄板手法 の一つです。

ローソク足

これはレジスタンスラインを上に「突き抜けたい強い勢力」を、「突き抜けたくない勢力」がそれ以上の力で抑え込んだことがわかります。

つまり、ラインを突き抜けたくない勢力が強いので、反発が起こりやすいと読み取れます。

時間帯のクセを利用する

最後はチャートの動きではなく、 時間帯によるクセを利用した逆張り手法 です。

為替相場には毎日、毎月、四半期毎など、次のような定期的に為替が動きやすいイベントがあります。

【為替に関わる主な定期イベント】
毎日:
日本の中値発表、各通貨の中値発表など
毎月:ゴトー日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)、米雇用統計(第一金曜日)、小売売上高(毎月)など
数ヶ月間隔:各国GDP/国内総生産(3ヶ月)、FOMC/連邦公開市場委員会(6週間)など

例えば、日本円が関わるイベントだと、その日の中値が発表される午前10時が狙い目です。

中値は毎日発表されていますが、中でも狙い目なのがゴトー日です。

これらの日は、国内企業と海外企業の外貨取引が盛んになる日付で、中値付近は為替が反発しやすい傾向があります。

中値のクセ

逆張りをさらに狙いやすくするコツ

逆張りを狙いやすくするコツ

逆張りを狙いやすくするコツは、レンジ相場が発生しやすい次の2つの条件で取引することです。

・9時から17時の時間帯を狙う
・値動きの安定した通貨ペアを選ぶ

9時から17時の時間帯を狙う

各為替市場の取引時間

逆張りを狙うなら 9時から17時の時間帯 を狙いましょう。

なぜなら、9時から17時はレンジ相場が発生しやすい市場が停滞している時間帯だからです。

値動きの安定した通貨ペアを選ぶ

値動きの安定した通貨ペア は、レンジ相場が発生しやすくオススメです。

レンジ相場は、市場の売りと買いが拮抗した時に発生する性質上、需要と供給のバランスが取れる市場規模が大きい通貨ペアで発生しやすい傾向があります。

値動きが安定している通貨ペアは、米ドルや円など経済的に信頼度が高い通貨同士の組み合わせです。

【値動きが安定している通貨ペア例】
米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円、ポンド/米ドルなど

【値動きが不安定な通貨ペア例】
メキシコペソ/円、トルコリラ/円、南アフリカ/円など

バイナリーオプションの逆張りに使えるインジケーター

逆張りに使えるインジケーター

ボリンジャーバンドの逆張りの狙い方

ボリンジャーバンドの逆張り手法

ボリンジャーバンドは、移動平均線にσ(シグマ)と呼ばれる線を加えた指標で、「 値動きが大体この帯(バンド)中に収まる 」といった情報を教えてくれるインジケーターです。

ボリンジャーバンドは、移動平均線1ラインに加えて上に「+σ1〜3」の3ライン、下に「-σ1〜3」の3ラインで合計7つのラインで構成されています。

各σ(シグマ)はバンド内に収まる確率を意味しており、それぞれσ1以内に収まる確率が68.35%、σ2以内が95.4%、σ3以内が99.7%と決まっています。

ボリンジャーバンドを使った逆張り手法は、 +3σにローソク足が触れたら「下がる」-3σに触れたら「上がる」 と判断してトレードします。

なぜなら、99.7%(σ3)の確率で触れないはずなのに触れると言うことは、異常(買われ過ぎ・売られ過ぎ)であるため、正常に戻る動きが起こると考えられるからです。

RSIの逆張りの狙い方

RSIの逆張り手法

RSIは一言で言うと サポート/レジスタンスレベルの表示 買われ過ぎ、売られ過ぎの過熱度 を判断できるインジケーターです。

RSIは0%〜100%で表示され100%に近いほど買われ過ぎ0%に近いほど売られ過ぎと判断できます。

逆張りで使う場合は、 RSIが30%(売られ過ぎ)に達したら「上がる」70%(買われ過ぎ)に達したら「下がる」 でエントリーします。

理論もボリンジャーバンドと似ており、異常に買われすぎているから正常に戻るだろうという考え方です。

RSIのオススメの期間設定は「14」です。これはRSI考案者のJ.W.ワイルダーが提唱した標準値であり、多くの投資家が使っています。

MACDの逆張りの狙い方

MACDの逆張り手法

MACD(マックディー)」は、 短期の移動平均線と長期の移動平均線の差分を可視化 したインジケーターです。

簡潔にいうと「買われ過ぎ、売られ過ぎ」に加えて「相場の方向感」も見ることができる指標です。

MACDは破線のシグナルラインと山の形のような縦ラインのMACDラインの二つで構成されています。

ゴールデンクロスは、MACDラインがシグナルラインを下から上に突き上げた状態、デッドクロスは反対に上から下に突き抜ける状態を指します。

逆張りと順張りどっちがバイナリーオプションに向いている?

順張りと逆張りどっちがオススメ

逆張りと順張りのどっちがバイナリーオプションと相性が良い?」という疑問を思ったことはありませんか?

私の経験では 数時間先を予測するなら順張り満期間近で短時間先を予測するなら逆張り です。

順張りはトレンド相場に乗っかる手法であるため、予測方向に長時間推移しやすく数時間先を予測するのに向いています。

逆張りは反発しても一瞬であったり、レンジの範囲内に収まりやすいため、短時間先を予測するのに向いています。

チャート分析におすすめのFX会社

96.52%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.52%

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・2021年の支払総額に対する受取総額は平均96.52%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

受取総額(還元率)が 96.62% サポート/レジスタンスレベルの表示 と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!「FXプライム byGMO」

選べる外為オプション

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 94.65%

・無料の 「ぱっと見テクニカル」 を使えば予想が簡単になる!
・仲値を狙った取引ができるのはFXプライム byGMOだけ
・バイナリーオプションの分析ツールが充実

「ぱっと見テクニカル」は最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 してくれるわ。

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 95.37%

・レンジ取引の受取総額割合は 100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

2021年6月に 117.67% 、11月に 106.25% など、100%越えを連発!

・バイナリーオプションでの逆張りは、 満期近くの予測で活用できる手法
・逆張りは レンジ相場を見極めること大事
・逆張りを狙うコツは、 取引時間帯を9時から17時に絞り 、 安定した通貨ペアを選ぶ
・ 逆張りは短期 、 順張りは長期 を予測するのに向いている

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる