外為オプションとは

ビットコインETFが買える取引所は

ビットコインETFが買える取引所は
米国ETF

Bitcoin ETFの説明

確かにBitcoinは取り扱いが簡単な資産ではありません。例えば、大規模な機関投資家にとって管理方法は悩ましいポイントになるかもしれません。ゴールドマンサックスは、ハードウェアウォレットをノートパソコンに接続して、そこに$20億相当のBitcoinを YOLO (送金) するようなことはしないでしょう。大規模な金融機関は個人投資家と同じ方法では運用しません。そして、仮想通貨の分野にそういったプレイヤーが参加できるようにするには、複雑な規制の枠組みと金融インフラが必要となります。

また、Bitcoin ETFはBitcoin以外の資産を保有することもできます。例えば、あるBitcoin ETFの資産構成がBitcoin、Ethereum、Tesla社の株式、金などの資産バスケットということも可能です。これは、投資家に対して、ある程度の 分散化というメリットを提供できるでしょう。

Bitcoin ETFの簡単な概要

一般的に、人々がBitcoin ETFについて語る場合、大半がアメリカ市場におけるETFを指しています。しかしながら、ETFは他の多くの市場で存在しています。例えば、世界初のBitcoin ETFはカナダの株式市場でローンチされました。このETFは「Purpose Bitcoin ETF」と呼ばれ、トロント株式市場でBTCCのティッカーで取引されています。

それでも、米国の規制当局が米国のBitcoin ETFを認めるかどうかに注目が集まりました。最後に、2021年10月、SECはProShares Bitcoin Strategy ETF (BITO) をニューヨーク証券取引所 (NYSE) に上場する申請を受理しました。

Bitcoin ETFとは?

すべてのBitcoin ETFが、Bitcoin Physical ETFと呼ばれるウォレットに保有されているBTCによって実際にバックアップされているわけではありません。BITOのような多くのBitcoin ETFは、BTCの先物契約を原資産としています。

SECはこれまで、すでに規制されている金融証券であるシカゴ・マーカンタイル取引所 (CME) のBitcoin先物に連動する先物ETFを優遇してきました。Bitcoin先物ETFは、現物価格ではなく、CMEのBitcoin参照レート (BRR) の価格を使用します。つまり、Bitcoin現物ETFとBitcoin先物ETFの唯一の違いは、その価格がどこから来るかということです。

Bitcoin ETFに投資をするべきか?

Bitcoin ETFは、伝統的な市場の投資家が規制された方法でBitcoinへのエクスポージャーを得ることができます。Bitcoin ETFは資産クラスとしての仮想通貨に、より多くの機関投資家が参入するための良い方法となるでしょう。米国ではこのような状況が整っているため、投資家がどれだけBTCに投資するかが注目されています。

ビットコイン先物ETF上場について

19日、NY証券取引所で、初のビットコイン先物ETFが上場され、オープニングベルとともに売買が始まった。
ETF化により、暗号資産投資の裾野が拡大するという期待感が市場には溢れる。
しかし、ビットコインの先物価格に連動するという立て付けゆえ、正確にはETF(ビットコインETFが買える取引所は Exchange Traded Fund)ではなく、ETN(Exchange Traded Note)の範疇に入り、似て非なる商品だ。
決定的な違いはETNは現物のビットコインを購入せず、単に原資産(ビットコイン)価格に連動するということ。


対して、ETFはビットコイン現物を購入したうえで、その上に信託権を設定して有価証券化する。
規制当局も、先物価格は、商品先物市場を管轄するCFTC(商品先物取引委員会)だが、ETFやETNはSEC(証券取引委員会)である。 ビットコインETFが買える取引所は
既にビットコイン現物ETFも申請はSECに受理され審査中なのだが、認可は下りていない。


筆者は、金という、これもエキゾチック(異国的)とされる投資媒体の現物型ETFの米国初上場に直接関与して、現地でSEC詣でを繰り返した経験がある。
ビットコインにせよ金にせよ、伝統的アセットクラスには属さない新たな投資媒体のETFに対して、SECは基本的に極めて慎重である。
最終的に完成した目論見書は150ページほどになったが、その約半分は、単なる金市場の教科書的説明であった。
それが「リスク開示」とされたのだ。


金ETF上場の経験から言えば、SECとの折衝で彼らが最もこだわったことは、原資産価格に正確に連動するか、という点であった。
ETF価格と原資産価格の乖離(トラッキングエラー)を最小限に留めるためには、ETFの値付けをするマーケットメーカーの存在が不可欠だ。
SECは通常、少なくとも3社程度のマーケットメーカーが、円滑な値付けのためには必要と見ている。
金ETFの場合には、投資銀行のトレーディング部門などがマーケットメーカーになった。
しかし、ビットコイン現物ETFに関しては、現在の取引所も販売等関連会社も、SECの監督下にはない業者だ。
マーケットメーカーも、ただでさえボラティリティの激しいビットコイン相場が荒れたときに、円滑に大口の売買注文を受けることが出来るのか。
SECから見れば甚だ不安であろう。
そこで、現実的対応として、SECは、まずCFTCの管轄下にある先物取引所の価格に連動する「ETN」を認可したと見られる。
そのうえで、当面、経過観察の姿勢のようだ。

ビットコインETFが買える取引所は
既に上場初日から、ビットコイン先物価格と先物ETF価格には乖離が見られた。
更に、先物価格と現物価格の間にはスプレッド(値差)があり、それがプラスならコンタンゴ、マイナスならバックワーデーションと呼ばれる。
コンタンゴなら、ロールオーバー(限月の乗り換え)のときに、現先スプレッドに相当するコストがかかる。
なお、今回上場されたプロシェアーズのビットコイン先物ETFは、年間手数料が0.95%と設定されている。
これは通常の株式ETFの年間信託報酬に比し高い部類に入る。
このような状況で、先物ETF上場により、例えば年金基金や生保などの機関投資家が参入するとは思えない。
「投資適格」になるには、やはりSECの監督下にあることが条件となろう。
個人投資家の視点でも、ネット上の暗号資産売買に特に抵抗を感じなければ、単にビットコインを購入したほうが余計なコストもかからずシンプルで分かりやすい。 ビットコインETFが買える取引所は
暗号資産業界としても、現物ETFが本丸であり、そのための布石と、市場の裾野を拡大するための足場作りの過程と位置付けられよう。
ウォール街の反応を見ても、米国を代表するバンカーであるダイモン・JPモルガン・チェース銀行CEOは、強い表現でビットコインの資産性を否定するが、顧客の要請は増えている。
大勢は「極めて投機性の高い商品」と注意を喚起したうえで、暗号資産関連商品やサービスの提供を無視できなくなっている状況である。

vol.14 仮想通貨にいま何が起きているのか

2021年に入り、資産として大きな額のビットコインなどを保有する米国の著名新興企業が現れました。著名な経営者が会社の資産として持つのですから、仮想通貨がよほどいいのだろうと思われるかもしれません。もちろん未来のことは分かりませんから、これ自体はその会社にとって儲かるのかもしれません。あるいはその企業が将来の支払い手段として仮想通貨を持つことで、何らかの新しい金融秩序を作ろうという野心があるのかもしれません。

代表的な仮想通貨とS&P500指数の推移(2018年5月~2021年2月)ビットコインETFが買える取引所は

代表的な仮想通貨とS&P500指数の推移

また、株式投資の観点から見ると、米国企業が保有するビットコインの評価額が、その保有企業の株価に影響を与えることが出てきました。これは一部の特定の企業について今後も続くかもしれませんが、経済全体の問題にならないと見ています。企業が滞留資金をボラティリティの高い商品に長い期間にわたって振り向けるには、経営者の強い自信と株主の理解が必要だからで、本来は専門とする事業分野に投資すべき資金のはずです。

これから仮想通貨に投資してみた方がいいのか?

今のところ、自分だったら投資するとしても投資資金のごく一部に留めておきたいです。金融商品として発展しはじめたとはいえ、ビットコインなど仮想通貨は、それ自体が将来の金利や配当を期待できるわけではないのです。これは金などと同じですし、仮に仮想通貨が金利や配当を支払うとしても、受け取るための預金口座などが十分に整備されていません。

仮想通貨は、実質金利が低い時には魅力がありますが、金のように歴史的に価値がある(あるいは装飾品として価値がある)と信じられるわけでもないです。米大手金融機関がビッドコインの先物を組み入れた投資商品を提供を開始したり、カナダのトロント証券取引所ではビットコインETFが上場したりしていますが、リターンが高いとしてもその本質的な価値の源泉が明確ではないことに十分理解をしてください。

仮想通貨に使われるブロックチェーンのイメージ

仮想通貨に思うこと ~神山解説

仮想通貨は暗号資産とも言われますが、基本的には通貨に似ています
つまり、それ自体は預金でもないし金利の約束もなく、その瞬間の需給だけで価格が決まります。そして金への投資とも似ていて、債券の金利や株式の配当のようにリターンを生み出す仕組みが用意されていません

また、通貨とは言っても、設備投資資金や賃金あるいは景品としてそのまま使うことも難しいです。企業がビットコインなどを持つことは、何か新しい金融秩序を作ろうという野心がないとすれば(実現はとても難しいことです)、いまのところの投資の目的は、値上がり期待となります。これは社会が企業に期待する役割ではなく、個々人で行うことが適切です。

これまでも世界の投資家は「投資できるなら投資する」というスタンスで、ヘッジファンドなどの新しい手法を取り入れてきましたから、仮想通貨にも敬意を払いますが、将来の潤いのある生活のための長期投資としては、人々の努力や工夫による世界の発展に参加できるような投資を中心としたいものです。

神山直樹


神山直樹(かみやま なおき)

日興アセットマネジメント チーフ・ストラテジスト
2015年1月に日興アセットマネジメントに入社、現職に就任。1985年、日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)にてそのキャリアをスタート。日興ヨーロッパ、日興国際投資顧問株式会社を経て、1999年に日興アセットマネジメントの運用技術開発部長および投資戦略部長に就任。その後、大手証券会社および投資銀行において、チーフ・ストラテジストなどとして主に日本株式の調査分析業務に従事。

カナダに住めばビットコインETFが買えるの?

【結論】現状は、カナダ在住なら証券口座開いてビットコインETFを買えます。日本在住だとまだ買えません。

[chat face=”hatena.png” name=”旅夫” ビットコインETFが買える取引所は align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]あれ?ビットコイン自体は日本でも売買できるよね?ETFは別のものなの?[/chat]

暗号資産(仮想通貨)のETFをくわしく

そもそもETFとは?

「投資信託」も株式と同じように、「上場しているもの」と「上場していないもの」に区分ができます。
このうち、 上場している投資信託がETFと呼ばれます。

上記をまとめると、仮想通貨に投資をする投資信託 上場している=仮想通貨ETFになります。

仮想通貨ETFを取り扱っている国(証券取引所)

それでも徐々に仮想通貨ETFの進撃は始まってきているように思えます。

[box04 title=”仮想通貨ETFを承認した国(証券取引所)”]✅ カナダ🇨🇦(トロント証券取引所)

カナダの仮想通貨ETFってどこで売買できるの?

ビットコイン
✅ Purpose Bitcoin ETF(BTCC)
✅ Evolve Bitcoin ETF(ビットコインETFが買える取引所は EBIT)
✅ CI Galaxy Bitcoin ETF(BTCX)

イーサリアム
✅ Ether ETF (ビットコインETFが買える取引所は ETHR)
✅ CI Galaxy Ethereum ETF (ETHX)
✅ Purpose Ether ETF
✅ 3iQ CoinShares Ether ETF(ETHQ)

カナダにおいて、仮想通貨ETFを買うには、日本と同じように証券会社の口座を持つ必要があります。
現在、カナダで仮想通貨ETFを売買できる証券会社は以下のとおり。
(日本在住だと口座解説不可) ビットコインETFが買える取引所は

Wealthsimple Trade

Questrade

仮想通貨ETFに期待できること

しかし、税制上株式等に比べると個人の負担が重かったり、仮想通貨取引所から仮想通貨が盗難される等のリスクが高い側面があったりと、 まだまだ仮想通貨自体が一般的な金融商品として浸透していくには課題が多い状況です。

仮想通貨一般的なETF
税制面雑所得(住民税込みで最大65%まで累進課税)申告分離課税(住民税込みで20%程度)
セキュリティ面仮想通貨取引所から盗難リスク高い投資信託の盗難リスクは相対的に低い
取引手間面ウォレット設定や送金の手間がかかる証券口座で株とかと同じように取引可能

[chat face=”egao.png” name=”旅夫” align=”left” border=”blue” bg=”ビットコインETFが買える取引所は none” style=”maru”]仮想通貨ETFも一般的なETFと同じ取り扱いになっていくと良いね![/chat]

僕も余剰資金の範囲(ビビりなので)で、現在仮想通貨取引を実施していますが、取引の手間とか、価格の不安定さを 自らが実感して体験することで勉強になることがたくさんありました。
仮想通貨自体や仮想通貨ETF、このあたりにもアンテナをはって、 不確かな未来を切り開いていけるように情報をしっかりつかんでいくことが大事かと思います。

米国で承認!!ビットコイン(BTC)先物ETF【BITO】のメリット・デメリット

米国で承認!!ビットコイン(BTC)先物ETF【BITO】のメリット・デメリット

米国ETF

現在、私達家族は2023年の海外移住を目指し、準備を進めています。 海外移住後の送金コスト などを考慮し、海外の証券取引所ビットコインなどの仮想通貨を利用しています。

カナダのビットコインETF「BTCC」や「EBIT」に続き、米国ではじめて承認されたビットコインETF(先物)「BITO」の取引が開始されました。

今回の記事では、ビットコイン先物ETF「BITO」を購入すべきか否か検討してみたいと思います。

ビットコイン先物ETF「BITO」とは?

「BITO」は、 米国6番手として130以上のETFを運用するProShares によって申請された米国初のビットコインETFです。

資産総額1ヶ月
平均出来高
経費率分配金
利回り
直近半年
流入
1.28B(集計中)0.95%なし (集計中)
※2021/10/24時点

ビットコインETFの登場により、 証券口座内で手軽にビットコイン価格に連動した商品が売買 できるようになり、発売初日の売買代金は約10億ドルとなり、過去2番目の規模となったそうです。

ETFとは?

ETFとは、 Exchange(取引所で) Traded(取引される) Fund(投資信託) の略で、日本語では「上場投資信託」と言います。

「投資信託」はというと、 投資家から集めたお金をまとめて、投資のプロが運用する金融商品 です。
「投資信託」の中でも一定の条件を満たしたものだけが「ETF」として取引所に上場できます。

先物(取引)とは?

先物取引は、英語で「Futures trading」といい、 未来の価格を予想して売買する取引 のことです。
簡単に言うと「キャンセルができない予約券」をイメージしてもらえれば良いと思います。

現物取引と違い先物取引では、 3ヶ月毎の期日ごとに乗換え(ロールーオーバー)を行う必要があり 、長期的には 現物価格との乖離(基本下落)が発生 してしまいます。

そのため、基本的には 短期取引で利益を上げるための商品 であり、長期保有には不向きです。

ビットコイン先物ETF「BITO」のメリット・デメリット

◯ 既存の証券口座(米国)で売買・管理できる
◯ 証券口座の方が暗号資産取引所よりも流動性が高い
◯ 税制面で有利? ※要確認

× デメリット

× (先物ETFの場合)長期保有に向かない
× 米国証券市場の取引時間中(6.5時間)しか取引できない
× 管理手数料がかかる

ビットコイン先物ETF「BITO」の購入方法

「BITO」は、まだ 国内証券取引所では取り扱いはない ようです。

しかしながら年内は、 複数のビットコインETFの承認が控えている ので、現物ETFが承認される前に口座開設だけでも進めておいても損はないかもしれません。

取引手数料や口座維持費が無料 のFirstrade口座開設をご検討の方はこちらの記事も合わせてどうぞ!

ビットコインETF承認待ちスケジュール

TickerETF名称種別承認候補日結果
BITOProShares Bitcoin Strategy ETF先物2021/10/18 承認
Invesco Bitcoin Strategy ETF 2021/10/19 中止
BTFValkyrie Bitcoin Strategy ビットコインETFが買える取引所は ETF先物2021/10/25 承認
BTCX.BGalaxy Bitcoin Strategy ETF 2021/11/01未定
?AdvisorShares Managed Bitcoin ETF 2021/11/3未定
BITCBitwise Bitcoin Strategy ETF 2021/11/28未定
BBBBBlockFi Bitcoin Strategy ETF 2021/12/22未定
ARKAARK 21Shares
Bitcoin Futures Strategy ETF
2021/12/27未定

結論 ビットコイン先物ETF「BITO」は買いません!

今回の記事では、ビットコイン先物ETF「BITO」を購入すべきか否か検討してみました。
ぶっちゃけ個人的に先物ETFでは、痛い目にあった思い出しかなく全く買う気が起きません!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる