デモトレード

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
ビットバンク株式会社
===============================
暗号資産取引量国内No.1(*1)のビットバンク 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を開催
===============================
ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末紀之、以下「ビットバンク」)では、新たに暗号資産取引をはじめる方々への応援の気持ちを込めて、2022年6月7日(火)~2022年7月7日(木)11時59分まで、「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を実施いたします。
(*1)2021年2月14日時点、CoinMarketCap調べ

【DMM Bitcoin】新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書締結のお知らせ

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、株式会社オーバース(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 義仁 )及び株式会社 coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)の3社において、IEOのための基本合意書を締結いたしました。
本合意書に基づき、今後受託販売契約を締結後に、2023年初(予定)に株式会社オーバースのIEOによる資金調達及び株式会社DMM Bitcoinにおける取引開始を目指します。


■IEOとは
IEO(Initial Exchange Offering)とは、暗号資産交換業者が開設する暗号資産交換所での取引開始を前提とした新規暗号資産による資金調達の手段です。IEOにおいては、企業あるいはプロジェクトが新規暗号資産を発行し販売することによって対象事業のための資金調達を行いますが、暗号資産交換業者は当該対象事業等の審査(一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)及び金融当局による審査を含む)を行った上で、新規暗号資産の販売及び取引開始の手続きを実施します。

■新規暗号資産「NIDT」について
新規暗号資産(Nippon Idol 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは Token NIDT)はイーサリアムブロックチェーン上で発行されるユーティリティ・トークンです。新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行され、利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援及び支援を行うことができ、活動拠点であるメタバースやその中で展開されるコンサート、イベント、NFT(トレカ・ゲーム)等などのアイドル活動全体において、NIDTエコシステムが形成されます。

■株式会社オーバースによる新しいアイドルグループの創造
株式会社オーバースは、IEOによって調達した資金をもとに、新しいアイドルグループを創造(募集、選考、選定、育成)するプロジェクトを邁進しています。本プロジェクトにおいて、当該アイドルグループは「ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」をミッションとしてアイドル活動を展開していきます。
本プロジェクトにおいては、アイドルグループを、メンバーの募集から選考、選定及び育成まで、一から作り上げていきます。また、楽曲のリリース、コンサート、種々のイベントあるいはグッズの制作・販売などの従来のアイドル活動に加えて、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)に代表されるブロックチェーン技術を活用したデジタルグッズの提供を行うとともに、メタバース内においては現実世界では実現できなかったアイドル活動を展開し世界中に発信していきます。加えて、既存のアイドルが直面している数々の課題への解決についても、本プロジェクトで実現していく予定です。
さらに、本プロジェクトでは、アイドル分野において著名な有識者を総合プロデューサーに迎える方向で準備しており、当該アイドルグループのマネジメントや楽曲制作及び販売についても、豊富な経験のある企業と業務提携を行います。
加えて、今回発行及び販売を行う新規暗号資産については、当該アイドルグループへの応援や支援に役立てるべくそのユーティリティ性を考慮した設計を行い、広く流通させていきます。

▼全体概念図


▼対象事業スキーム

▼今後のスケジュール(予定)
2023年初: IEO実施
2023年春: メンバー募集・選考
2023年夏: メンバー最終選考、決定、育成 新アイドルグループ結成
2023年秋: 新アイドルグループお披露目
2023年冬: 新アイドルグループデビュー、メタバース始動

■株式会社DMM Bitcoin 会社概要
会社名: 株式会社DMM Bitcoin
代表者: 田口 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
設立日: 2016年11月
事業内容: 暗号資産交換業、暗号資産証拠金取引業
所在地: 東京都中央区
資本金: 5,725百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
URL: https://bitcoin.dmm.com

■株式会社オーバース 会社概要
会社名: 株式会社オーバース
代表者: 佐藤 義仁
設立日: 2022年3月
事業内容: エンターテイメントコンテンツの企画、制作、開発
所在地: 東京都千代田区
資本金: 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 5,000万円(資本準備金含む)
株主: エンターバース合同会社
株式会社gumi(東証プライム市場上場)
株式会社東京通信(東証グロース上場)
お問合せ先 :[email protected]

■株式会社coinbook 会社概要
会社名: 株式会社coinbook
代表者: 奥秋 淳
設立日: 2018年5月
事業内容: 暗号資産交換業、ブロックチェーン技術を利用したデジタル知的財産の発行・流通市場の運営
所在地: 東京都港区
資本金: 1,322百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00026号
URL: https://coinbook.co.jp/
お問合せ先: [email protected]

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年6月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト
URL: https://bitcoin.dmm.com/

▼口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

▼マーケットレポート
テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など、暗号資産の相場状況を見る際の参考としてご覧いただけます。
URL: https://bitcoin.dmm.com/useful_information/market_report
-------------------------------------------------------------
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。
《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

【注意あり】LINE BITMAXのスプレッド比較や確認方法を詳しく解説します。

・気軽に使える、ビットコイン売買手数料が無料(販売書)
・業界最長7年以上ハッキング0件の安心次世代セキュリティ
・1円から買える、ビットコイン
・最短10分で口座開設
\ ビットコイン取引量 国内 No.1(※) /
bitFlyer口座開設へ(登録無料) 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
スプレッド無い取引所形式があります。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドとは「売買差額」のこと

暗号資産(仮想通貨)取り引きにおける「スプレッド」とは、 スプレッドとは売値と買値の差額 のことです。

LINE BITMAX で暗号資産(仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 仮想通貨)を買うときの値段は、暗号資産(仮想通貨)を売るときの値段より高く設定されています。

例えば、LINE の暗号資産(仮想通貨)である LINK(LN) は 2020年12月時点で以下のようになっています。

  • 買い:1 LN = 1,569 円
  • 売り:1 LN = 1,439 円
  • 差異(スプレッド):130 円

この場合、10 LN 購入してすぐ売却すると差分の 1,300 円マイナスになります。 そのため、売買で利益を得るには売値が買値を上回る必要があり、この場合では 130 円、約 10 % の上昇によりやっとプラスになります。

LINE BITMAX のような「販売所」形式の売買はこのスプレッドが取引所側の利益になる構造になっています。

実質手数料であるスプレッドが小さい販売所、 スプレッドが無く手数料が安い「取引所」があるところを選ぶこと が利益を出しやすくするのに大事です。

LINE BITMAX でのスプレッド確認方法と見方

LINE BITMAX は LINE のアプリ上で完結しているのでスマホからのみ確認できます。

LINE が発行している暗号資産(仮想通貨) LINK を例にスプレッドの確認方法を解説します。

LINE BITMAX でのスプレッドの見方

LINE BITMAX では購入価格、売却価格の一覧表示機能はありません。

  • LINK 価格:1,512 円
  • LINK 購入価格:1,588 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
  • LINK 売却価格:1,436 円

なので、スプレッドは。1,588 - 1,436 = 152 円と約 10 % です。

LINK はほぼ 10 % 前後のスプレッドで推移しています。

LINE BITMAX の暗号資産(仮想通貨)スプレッド比較

LINE BITMAX での暗号資産(仮想通貨)の購入価格、売却価格からのスプレッドをみると、LINK が最もスプレッドが広く 9.6%、最もスプレッドが狭いのはビットコイン(BTC)で 2.8 %です。(2020/12/23 時点)

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
種別 購入価格 売却価格 スプレッド スプレッド(率)
LINK 1,588 1,436 152 9.6
BTC2,439,225 2,371,521 67,704 2.8
ETH 64,894 61,215 3,679 5.7
XRP 35.85 33.57 2.28 6.4
BCH 31,616 29,175 2,441 7.仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 7
LTC 11,083 10,676 407 3.7

LINE BITMAX はスプレッドが高い?

Coincheck (仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは コインチェック) の「取引所」であればビットコインの手数料は 0.001 % 程度です。

LINE BITMAX は暗号資産(仮想通貨)【販売所】です。

LINE BITMAX(ラインビットマックス)は 取引手数料が無料となっているものの「スプレッド(売値と買値の差)が大きい」というデメリット があります。

ビットコインを購入するならば「取引所」での現物取引の板取引ができる Coincheck や bitFlyer などが費用を少なく抑えることが出来ます 。

詳しい 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは Coincheck の評判やメリデメは別記事でまとめていますのであわせてお読みください。

LINE BITMAX の暗号資産(仮想通貨)スプレッドのまとめ

LINE アプリ上でかんたんに始めることができる LINE BITMAX は暗号資産(仮想通貨)取り引きを始めるのにうってつけです。

ただ、 LINE BITMAX は「販売所」形式の売買しかないためスプレッドにより実質手数料が高くなります 。

LINE が発行して LINE BITMAX でしか買えないリンク(LINK/LN)以外の ビットコインなどは別の取引所で私は買うようにしています 。

ビットコインを買うならば Coincheck や bitFlyer のような現物取引(板取引)が出来るところで買いましょう。

Coincheck の口座開設(登録無料)

bitFlyer の口座開設(登録無料)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

補足:スプレッドが高いとどのくらい損をするのかを算出してみました。

スプレッドの幅は値動きによって変動するのですが、売買金額の 5〜10% くらいですね。

スプレッドが 10% の時、100万円分の元金でビットコインを買って売る時には「110万円で購入して90万円で売る」と往復で 約20% の実質手数料がかかります。

【暗号資産取引ならビットバンク】2,000円がもらえる「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を開催

[注意事項]
・キャンペーン期間中のご入金が対象となります。入金元銀行によっては、入金確認までにお時間がかかる場合がございますので、余裕を持ってご応募いただきますようお願いいたします。
・プレゼントの入金は、ビットバンクのお客様口座へ反映されます。ビットバンク以外の口座への入金はいたしかねますのでご了承ください。
・プレゼントの入金処理時に口座をご解約されているお客様におかれましては、入金の対象となりません。
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
・プレゼントを受け取る権利の第三者への譲渡、換金等はできません。
・本キャンペーンは、予告なく延長、変更または終了する場合がございます。

■ビットバンクのサービス
暗号資産取引所・販売所 < https://bitbank.cc/ >
ビットバンクは、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産を売買できる暗号資産取引所および販売所を提供しています。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産トレードを。

マーケット情報 - MARKETS < https://markets.bitbank.cc/ >
ビットコイン、ブロックチェーン、暗号資産に関する情報収集はビットバンク マーケット情報で!世界中の最新のトピックス、ビットコインをはじめとする暗号資産の相場・市況分析をどこよりも早く正確にご紹介していきます。

■会社概要
ビットバンク株式会社は2014年5月にビットコインなどの暗号資産の健全な普及を目的に設立されました。2015年7月末には、日本初のビットコインを用いた先物取引サービスとして、bitbank Tradeサービスの提供を開始、その後2017年3月には暗号資産の現物取引所 bitbank.ccサービスの提供を開始し、国内No.1の暗号資産現物取引量を誇る取引所に成長しました。 代表の廣末紀之は日本暗号資産ビジネス協会の会長であり、日本暗号資産取引業協会の理事も務めています。

【暗号資産取引ならビットバンク】2,000円がもらえる「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を開催

ビットバンク株式会社
===============================
暗号資産取引量国内No.1(*1)のビットバンク
「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を開催
===============================
ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末紀之、以下「ビットバンク」)では、新たに暗号資産取引をはじめる方々への応援の気持ちを込めて、2022年6月7日(火)~2022年7月7日(木)11時59分まで、「夏のボーナス先取り!暗号資産はじめようキャンペーン」を実施いたします。
(*1)2021年2月14日時点、CoinMarketCap調べ

[プレゼント内容]
抽選で2,000円 x 100名様

[注意事項]
・キャンペーン期間中のご入金が対象となります。入金元銀行によっては、入金確認までにお時間がかかる場合がございますので、余裕を持ってご応募いただきますようお願いいたします。
・プレゼントの入金は、ビットバンクのお客様口座へ反映されます。ビットバンク以外の口座への入金はいたしかねますのでご了承ください。
・プレゼントの入金処理時に口座をご解約されているお客様におかれましては、入金の対象となりません。
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
・プレゼントを受け取る権利の第三者への譲渡、換金等はできません。
・本キャンペーンは、予告なく延長、変更または終了する場合がございます。

■ビットバンクのサービス
暗号資産取引所・販売所 < https://bitbank.cc/ >
ビットバンクは、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産を売買できる暗号資産取引所および販売所を提供しています。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産トレードを。

マーケット情報 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは - MARKETS < https://markets.仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは bitbank.cc/ >
ビットコイン、ブロックチェーン、暗号資産に関する情報収集はビットバンク マーケット情報で!世界中の最新のトピックス、ビットコインをはじめとする暗号資産の相場・市況分析をどこよりも早く正確にご紹介していきます。

■会社概要
ビットバンク株式会社は2014年5月にビットコインなどの暗号資産の健全な普及を目的に設立されました。2015年7月末には、日本初のビットコインを用いた先物取引サービスとして、bitbank Tradeサービスの提供を開始、その後2017年3月には暗号資産の現物取引所 bitbank.ccサービスの提供を開始し、国内No.1の暗号資産現物取引量を誇る取引所に成長しました。 代表の廣末紀之は日本暗号資産ビジネス協会の会長であり、日本暗号資産取引業協会の理事も務めています。

menu

暗号資産CFDの今後のメンテナンスについて 6月22日(水)、6月25日(土)

【重要】Internet Explorerサポート終了のお知らせ

週末の臨時メンテナンスおよび今後のクイック入金サービスメンテナンス

週替わりキャッシュバックキャンペーン実施のお知らせ

週末の臨時メンテナンスおよび今後の提携金融機関の臨時メンテナンス

「暗号資産市場レポート」を更新しました

「暗号資産市場レポート」の配信開始のご案内

【入金チャリティ企画】公益財団法人SBI子ども希望財団における活動のご報告

マーケット情報

取引ツール

よくある質問

はじめての方

ピックアップ

ソーシャルメディア公式アカウント

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる