株取引

投資分析への活用方法

投資分析への活用方法
「企業比較」のページ。数値だけでなく、グラフでも「売上」「営業利益」「ROE」などを比較してくれる

投資初心者こそ使うべき「バフェット・コード」の活用法


銘柄情報を掲載するサイトは多く存在するが、大抵は検索しても企業のページに飛ぶだけ。「バフェット・コード」では、例えば「ソフトバンク 株価」と検索すると、トップにソフトバンクグループの株価が表示される。ダイレクトに、欲しい情報を示してくれるのだ。

検索結果のページ。情報も逐一更新されていく

クリック1つで複数社の財務数値を「比較」

「条件検索(スクリーニング)」のページ。条件は必要な分だけ追加できる 投資基準に当てはまる企業がズラリ。気になる企業には「比較する」にチェックを入れよう

「企業比較」のページ。数値だけでなく、グラフでも「売上」「営業利益」「ROE」などを比較してくれる

投資初心者は「好きな企業」を比較して類似点を探れ

(1)心から好きだと思える企業、生活を送るうえでなくなると困る企業を30個書き出す

(2)書き出した30社の中から上場企業だけをピックアップし、「企業比較」に入力

(3)導き出された共通点を「条件検索」に入力

「タグづけ」でサイト作りにも参加

企業の個別ページ。企業名のすぐ下にタグが並んでいる。思わずクスッと笑ってしまいそうなものも

株式投資などでよく使われる「ボリンジャーバンド」の使い方

出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 チャート上で川の流れのようになっている帯が、ボリンジャーバンドです。その中心にセンターラインが描かれていますが、これは20日単純移動平均線で、その上下の端、つまりボリンジャーバンドの上限・下限は、このチャートでは±2σのラインが描かれています。 ボリンジャーバンドの説明については、前回の記事「株式投資などでよく聞く「ボリンジャーバンド」ってなに?」をご参照ください。

ボリンジャーバンドの活用方法

それでは、ボリンジャーバンドを実際にどのように使うのか見ていきましょう。 まず約束事として、ボリンジャーバンドを使うときは、なるべくラインチャートではなくローソク足チャートに切り替えて眺めるようにしてください。ラインチャートは、その日の終値しかチャートに記されないため、1日の相場の動きが見えにくいからです。 ボリンジャーバンドはセンターラインからの相場の乖離(かいり)具合を把握するためのものなので、相場の勢いを感じることができるローソク足を使うようにしましょう。 〇日経平均株価指数(日足)とボリンジャーバンド

出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 ボリンジャーバンドを活用する際は、センターラインとバンドの上限・下限の乖離を確認しながら投資判断を下していきます。例えば、センターラインから大きく下に離れたら「買い」、センターラインから大きく上に離れたら「売り」といったようにです。 上のチャートでは、買いのタイミングを緑色の丸、売りのタイミングを赤色の丸として表現しました。いずれも、オレンジ色のセンターラインから大きく離れ、その後、バンドの上限・下限を少し突き抜けるか、タッチするかの位置で相場が反転していることが分かります。 このため、センターラインからバンドの下限に達するタイミングが買い場、逆に、センターラインからバンドの上限に達するタイミングが売り場と判断していきます。こうしたボリンジャーバンドの活用法を「逆張り型」といいます。 これはボリンジャーバンドの典型的な使い方ともいえますが、正確かどうかというと、実のところそうとも言い切れません。なぜなら、相場がバンドの下限に近づいた後でさらに売られることもありますし、逆にバンドの上限に達した後、さらに買われ続けることがあるからです。 典型的な例としては、以下のチャートの紫色の丸がそのタイミングです。 〇日経平均株価指数(日足)とボリンジャーバンド

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる