初心者でもできる

レバレッジとは

レバレッジとは
関連情報バックナンバー

サブプライム問題の深化はレバレッジとCDO (債務担保証券) が主導

サブプライムローンは多くの場合ABS(資産担保証券)に証券化されます。その格付けはBBB格が大勢を占めます。同格付けのままでは、多くの投資家の資金を集めることはできません。そこで、ABS組成者はCDOという手法を使い、同格付けを高めることを通して、投資家から多くの資金を集めているのです。
CDOを簡単に言うと、担保となるローン債権毎に支払い優先順位や保証を付けることにより、ローンのリスクを再評価し、AAA(シニア)~格付無し(メザニン)に区分した上で、それらを束ねて証券化することです。そうして、組成者は証券化されたABS レバレッジとは CDOを銀行やヘッジファンド等の投資家に売却します。ヘッジファンド等は、収益向上を図るために、ABS CDO等を担保にした資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)を通して、外部資金を調達し、少ない元本で数倍~数十倍の資産の運用を行なっていました。このことを専門用語でレバレッジを高めるといいます。 CDO投資を通じたサブプライム問題の本質はここにあったのです。
レバレッジを高めた投資は、住宅価格が上昇し、返済が順調であれば問題はないのですが、現在は、サブプライム問題の拡大から、レバレッジを使ったスキームが急激に逆回転を始めました。つまり、担保資産の価格下落に加えて、資金調達時の担保資産の掛け目が悪化したことにより、保有資産を売却しないと資金繰りが困難な状態となってしまったわけです。資産を売却したくても、ABS CDOの流動性は高くないうえに、時価評価の基準となる適正価格が不透明であり、売却ができなくなっています。
現在は、投資銀行等の金融機関が保有するABS CDO残高が時価ベースで開示されていないこともあり、市場は疑心暗鬼となり、ABS CDOを担保に資金調達する資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)市場での金利が急騰し、資金調達が困難になり信用収縮懸念が台頭しています。以下の図表はCDOのスキームイメージ図です。ご参考ください。

サブプライム問題がなぜ短期資金調達市場の流動性枯渇につながったのか?

ヘッジファンド等の投資家や金融機関は、わずかな投資金額で大きなリターンを挙げようとして、CDOなどを担保にした資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)を通じて資金調達を行い、レバレッジを高めていました。ただし、CDOの値崩れが始まった以降は、同信用創造スキームが逆回転し、資金調達が困難になり、返済が滞ることになりました。この動きを受けて、市場はパニックになり、サブプライム等のモーゲージとは無関係な分野でも調達金利が急騰しました。このため、コマーシャルペーパー市場では、健全な企業の短期資金調達が困難になる異常事態となりました。コマーシャルペーパーの発行額は、この余波から足許、急減しています。 金融機関同士の短期資金の貸し借りをする際の金利であるLIBOR金利も急騰し、信用収縮懸念が台頭しています。流動性の状況を見るひとつの指標である、TEDスプレッド(LIBOR3ヶ月金利と米国3ヶ月国債利回りの格差)は一時、ブラックマンデー以来の水準にまで上昇しました。
この危機的状態に対処するためFRB(連邦準備制度理事会)は公定歩合の緊急利下げを行ない、市場に流動性の供給を行ないました。これが奏功し、現在のTEDスプレッドは急速に縮小し、市場は一旦落ち着きを取り戻した模様です。 過去、FRBが、緊急利下げを実施したのは、ブラックマンデー(1987年)、LTCM破綻(1998年)、米国同時多発テロ(2001年)時ですが、いずれの場合でも、緊急利下げ後は、市場の流動性懸念が収束に向かっています。 今局面においても、FRBは混乱収束に向けた流動性の供給に強い姿勢を見せています。健全な投資主体の資金調達ができないような信用収縮危機を回避するためには、不健全な投資をした金融機関の全容(CDOの保有残高等)を時価ベースで開示し、利下げを含む、流動性を供給し続けることで現在のような市場のパニック状態は収束に向かうのでしょう。言うまでもありませんが、利下げは株式市場や債券市場にとってプラスの要因です。雨降って地固まるのでしょうか。

You must read the following information before proceeding. When you have レバレッジとは read the information set out below, please click on the "I confirm レバレッジとは that I have read and レバレッジとは understand the above information" link at the bottom of the page レバレッジとは to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT レバレッジとは FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute レバレッジとは a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website レバレッジとは is for reference purposes only レバレッジとは and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to レバレッジとは レバレッジとは constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not レバレッジとは made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

フルレバとは?フルレバレッジは危険?メリット3つも解説

結論から言うと、フルレバレッジとは、海外FX業者が上限として設定しているレバレッジ倍率のことです。
例えば、当社GEMFOREXのフルレバは1000倍(特定口座は5000倍)となります。
余談ですが、現在GEMFOREXでは新規口座開設で最低でも10,000円の証拠金がもらえるキャンペーンを実施中です。
この証拠金を使えばノーリスクで1000倍レバレッジでのFX取引を体験することができます(しかも利益は出金可能です。
キャンペーンは期間限定となっていますので、お早めに口座開設をお済ませください。

FXのフルレバ(フルレバレッジ)とは

フルレバレッジとは、海外FX業者が上限として設定しているレバレッジ倍率のことです。
海外FX業者の多くが500倍以上の高レバレッジを導入しています。

海外FX業者最大レバレッジ
GEMFOREX1000倍(5000倍)
XM888倍
LAND-FX500倍
Titan FX500倍
iFOREX400倍

フルレバロングとは

フルレバロングとは、フルレバレッジでロングすることを意味します。
たとえば、GEMFOREXでフルレバロングするということは、最大レバレッジの1000倍レバレッジを使って通貨を買い、買いポジションを保有している状態になります。

ロングしたまま通貨の価格が上がって利益が出て決済できたら「フルレバロングで勝った!」、通貨の価格が下がって損失が出て決済したら「フルレバロングで負けた!」という使い方をします。

フルレバショートとは

FXにおけるショートとは、「通貨を売る」または「売りポジションを持つ」ことです。

フルレバショートとは、フルレバレッジでショートすることを意味します。
たとえば、GENFOREXでフルレバショートするということは、最大レバレッジの1000倍レバレッジを使って通貨を売り、売りポジションを保有している状態になります。

ショートしたまま通貨の価格が下がって利益が出て決済できたら「フルレバショートで勝った!」、通貨の価格が上がって損失が出て決済したら「フルレバショートで負けた!」という使い方をします。

海外FXでのフルレバ(フルレバレッジ)は危険?

「フルレバレッジでのトレードは危険ではないの?」
最も気になる点は、トレードを行うときの安全性でしょう。

結論から申し上げますと、ある程度の損失を覚悟しているお客様にとっては安全であると言えます。
レバレッジ倍率が高いほどトレードできるポジションも大きくなり、為替変動の影響をダイレクトに受けやすくなります。

海外FX業者ではゼロカットシステムが採用されているため、追証が発生することはありません。
ただし、投入した資金が全額なくなる可能性はあります。

レバレッジとは

レバレッジが高ければ高いほど、少額の資金で取引が行えることが特徴です。
例えば、ある金融商品が1ロットあたりに必要な資金が10万円とします。
しかし、実際に10万円を預けて取引することは簡単ではありません。

1,000(自己資金)×100(レバレッジ)=100,000

ハイレバ(ハイレバレッジ) とフルレバの違いは?

レバレッジの状態を形容するフレーズとして、ハイレバレッジがあります。
ハイレバ(ハイレバレッジ) とフルレバ(フルレバレッジ)では何が違うのでしょうか。

ハイレバレッジとは、一般的に100倍以上のレバレッジを表しています。
一方、フルレバレッジはFX業者が設定している最大の倍率でのトレードを意味しています。

フルレバで海外FXトレードするメリット3つ

①1万円でスタートできる?少ない資金でのトレードが可能

FXトレードの際は、元手として証拠金を用意しておく必要があります。
フルレバレッジであれば、少ない証拠金での取引が可能です。

単純に計算すると、レバレッジ1000倍なら必要な元手資金も1000分の1になります。
1万円の資金でレバレッジ1000倍の場合、1000万円ものトレードが可能です。
レバレッジを一切かけずにトレードをすると、自力で1000万円を用意しなくてはなりません。

フルレバレッジを用いることで、手持ちの資金よりもはるかに大きな金額を動かせるのです。

②大きなポジションを持つことが可能

  • レバレッジを設定しない場合
    保有可能ポジション:1万円÷100=100通貨(ドル)です。1円の変動で100円の利益が出ます。
  • レバレッジとは
  • レバレッジ1000倍の場合
    保有可能ポジションは、1万円×1000倍÷100=10万通貨です。1円の変動で10万円の利益が出ます。

損失も同時に大きくなりますが、ゼロカットシステムにより追証は出ないため、追加でお金を支払うリスクはありません。

③ロスカット対策になる

ロスカットとは、お客様の資産がFX業者の設定する証拠金維持率を下回った場合に、強制的にトレードを中断するものです。
結論からお伝えすると、ハイレバレッジはロスカット対策になると言えます。

証拠金維持率は「口座残高÷証拠金×100%」という計算式で求めます。
12万円の資金・1ドル100円・1000通貨のトレードで検証してみましょう。

レバレッジとは

  • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引における注意事項

  • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
  • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • レバレッジとは
  • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
    そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
  • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
    また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

追加型投信/海外/株式
SOMPOスイッチ NASDAQ100 レバレッジ2.5倍

交付目論見書

関連情報バックナンバー

ファンドの目的

ファンドの特色

1「SOMPOスイッチ戦略(NASDAQ100)」のリターンを享受する円建債券(以下「円建債券」といいます)を主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的とします。

<「SOMPOスイッチ戦略(NASDAQ100)」とは>

  • 上記は当ファンドの運用戦略をご理解いただくためのイメージ図です。
  • ● 平常時の基準価額の変動については追加的記載事項をご覧ください。

モルガン・スタンレーについて
モルガン・スタンレーは、投資銀行、証券、ウェルス・マネジメント、資産運用事業において多岐にわたるサービスを提供する世界有数の総合金融サービス企業グループです。
世界41カ国以上のオフィスを通じて、法人、政府、機関投資家、個人に質の高い金融品およびサービスを提供しています。同社に関する詳細についてはwww.morganstanley.comをご参照ください。

2担保付スワップ取引を活用するため、為替変動リスクは限定的です。

  • ※ 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

  • ・ モルガン・スタンレーが開発したチェスシグナル(投資環境局面を判断するシグナル)を用いて判定を行います。

    レバレッジとは
  • ・ 下記のシミュレーションでは、チェスシグナルを用いて市場下落予想時にポジションを解消した結果、NASDAQ100指数に2.5倍のレバレッジをかけた場合よりも良好なパフォーマンスとなっています。

  • ・ 下記のシミュレーションでは、リーマンショックやチャイナショック等のショック時においてチェスシグナルが点灯し、ポジションを解消したことでNASDAQ100指数の下落の影響を抑制する効果が発揮されました。

  • ※ 上記データはチェスシグナル効果を示すためのシミュレーションです。
  • ※ 当ファンド(シミュレーション)、NASDAQ100指数 2.5倍はチェスシグナル点灯/消灯時のポジション変更による影響を除き同一の前提で算出しています。
  • ※ 当ファンド(シミュレーション)は信託報酬(税込0.7590%)および当ファンドが投資する円建債券が執行する取引コストや維持管理コストを控除しています。
  • ※ リターンの3年以降は年率換算。
  • ※ 上記は運用開始前のシミュレーションです。運用のイメージをつかんで頂くためのもので、実際の運⽤状況を表すものではありません。また、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。
追加的記載事項
平常時の基準価額の変動について
  • 1. 2日以上の離れた日を比較した場合、2.5倍程度とはなりません。

  • 2. NASDAQ100指数が上昇・下落した後、基準日の水準に戻った場合でも、ファンドの基準価額は基準日の水準にはなりません。

  • 3. NASDAQ100指数が一方向に上昇または下落する場合と、上昇・下落を繰り返す場合とでは、当ファンドの投資成果が異なります。

  • 4. 日々の基準価額の値動きにおいても、NASDAQ100指数の値動きの2.5倍程度になるとは限らず、その値動きの差が生じます。その主な要因は以下の通りです。
    • ・ 円建債券の値動きと、NASDAQ100指数の値動きを2.5倍した値との差異
    • ・ レバレッジとは 運用管理費用(信託報酬)、売買委託手数料等の負担の影響
    • ・ 運用資金が少額である場合の影響
    • ● 上記はNASDAQ100指数の値動きと当ファンドの基準価額の変動の関係をわかりやすく説明するための計算例であり、実際の運用実績ではありません。
    • ● また当ファンドの運用成果を保証するものではありません。

    当ファンドは、Nasdaq, Inc.またはその関連会社(以下、Nasdaq, Inc.およびその関連会社を「Nasdaq社」と総称します。)によって、支援、推奨、販売または販売促進されるものではありません。Nasdaq社は、当ファンドの合法性、適合性、または当ファンドに関する記述および開示の正確性もしくは妥当性について認定するものではありません。Nasdaq社は、当ファンドの保有者または公衆一般のいかなる者に対しても、一般的な証券投資または特に当ファンドへの投資の妥当性、およびNASDAQ-100 Indexの株式市場全般のパフォーマンスへの追随可能性について明示的か黙示的かを問わず、何らの表明もしくは保証も行いません。Nasdaq社とSOMPOアセットマネジメント株式会社の関係は、Nasdaq®、NASDAQ-100 Indexの登録商標およびNasdaq社の一定の商号について使用を許諾すること、ならびにSOMPOアセットマネジメント株式会社または当ファンドとは無関係にNasdaqが決定、構築および算出を行うNASDAQ-100 Indexの使用を許諾することに限られます。Nasdaqは、NASDAQ-100 Indexの決定、構築および算出に関し、SOMPOアセットマネジメント株式会社または当ファンドの保有者の要望を考慮する義務を負いません。Nasdaq社は、当ファンドの発行の時期、価格もしくは数量の決定について、または当ファンドを換金する際の算式の決定もしくは計算について責任を負わず、また関与していません。Nasdaq社は、当ファンドの管理、マーケティングまたは取引に関して責任を負いません。Nasdaq社は、NASDAQ-100 Indexとそれに含まれるデータの正確性および中断のない算出を保証しません。Nasdaq社は、NASDAQ-100 Indexまたはそれに含まれるデータの利用により、SOMPOアセットマネジメント株式会社や当ファンドの保有者、その他いかなる個人または団体に生じた結果についても、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行いません。Nasdaq社は、明示的か黙示的かを問わず何らの保証も行わず、かつ、NASDAQ-100 Index®またはそれに含まれるデータの利用に関する、商品性または特定の目的もしくは使用への適合性については、いかなる保証も明示的に否認します。上記に限らず、いかなる場合においても、Nasdaq社は、いかなる逸失利益または特別、付随的、懲罰的、間接的もしくは派生的損失について、たとえ当該損失の可能性について通知されていたとしても、一切の責任を負いません。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる