FXの相対取引とは

海外ETFの魅力

海外ETFの魅力
書店で一番売れているETF本の最新版、 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に刊行された。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。一 方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

海外ETFの魅力

長期保有にも向いた低いコスト

海外ETFは保有コストが低いことも特徴のひとつです。長期的に保有する予定の方は、保有コストもよく注意しておかなければなりません。 一般的に、投資信託の運用コストである「信託報酬」と比べ、海外ETFの「経費率※」は低い傾向にあり長期保有にも向いています。 また、SBI証券では、米国ETF9銘柄は買付手数料を実質無料としているほか、海外ETFはNISA口座預りで買付をすると買付手数料が無料であるため、手数料の面でもコストを低く抑えることが可能です。

米国株式・ETF定期買付サービスで
リスクをさらに低減&買付の手間を省ける!

SBI証券では、好きな米国ETFを毎月一定額、または数量を好きなタイミングで自動買付できるサービスを提供しています。買付タイミングを分散しながら一定金額投資することで、「ドルコスト平均法」の恩恵も受けることができます。
忙しく、株価を見ながら投資をする時間がないという方にもおすすめです。

少額分散投資ができる

投資でのリスク管理の一つに、「投資対象の分散」があります。例えば、複数の個別銘柄をバランス良く買付する場合、投資金額が大きくなってしまうことがあります。
しかし、海外ETFは、個別株・債券・コモディティなど様々なインデックス(指数)をベンチマークとして、その値動きと連動するように運用されおり、少額で分散投資が可能になっています。
例えばS&P500をベンチマークとして運用されているETFであれば、S&P500に採用されている全銘柄にバランス良く投資することができます。また、海外ETFは経費率など投資にかかる運用コストが低く、リスクを抑えながら分散投資できるため、初めての方でも始めやすい商品となっています。

現在見えている価格で取引ができる機動性

金融商品には価格の高騰の可能性もあれば、暴落の可能性もあります。海外ETFは投資信託とは異なり、取引所に上場していることから、現在の価格を見ながら取引をすることができるため、価格を把握しやすくなっています。
急な価格変動にも対応しやすく、成行だけではなく、指値・逆指値注文も可能であることも大きなメリットです。

債券・コモディティ・テーマなど
多様な商品に投資可能

海外ETFの投資対象は、株式だけでなく、債券、コモディティ(金・原油等)、テーマなど、個別株では手の届きにくい投資対象までカバーしています。債券や金、原油をポートフォリオに組み込むことで、ポートフォリオに厚みをもたせたい方、5GやESG、ヘルスケアなどテーマに絞った投資対象に投資をしてみたい方など幅広いニーズに対応していることも海外ETFの特徴です。

海外ETFとは?

ETFは「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略です。名称に「投資信託」とあるように、ETFは多数の銘柄を運用しています。
例えば、S&P500と連動することを目標にしているETFは、その指数に採用されている銘柄等から選択・構成されています。また、米国上場のETFは、基本的に1株から購入可能であるため、少額でETFを購入することができます。ビギナーの方でも始めやすく、複数のETFを保有する場合にも適していると言えるでしょう。

merit いつでも売買できる

merit 保有コストが抑えられる

海外ETFの種類

セクター、テーマ

  • 上場市場や投資地域で絞り込むことができます。

ETNとは?

ETFと似た特徴を持つ金融う商品に、ETNがあります。ETNとは「Exchange Traded Note(債券)」の略で、上場投資証券や指標連動証券とも呼ばれます。ETFと同様に特定の指標に連動するように作られていますが、ETFと異なり、「価格が特定の指標に連動することを金融機関が保証する」債券であり、証券に対する裏付資産は保有していません。ETNのメリットとしては、裏付けとなる現物資産を持たないため、幅広い指標に投資が可能である点、また、発行体の金融機関が対象指標とETNの償還価額が連動するよう保証するため、運用に掛かる手数料分を除き、償還価額と対象指標の間のずれ(トラッキングエラー)が発生しない点が挙げられます。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

外国株式等の取引にかかる費用

1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.495%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:22米ドル(税込)
中国株式 約定代金の0.55%(税込)・最低手数料:550円(税込)・上限手数料:5,500円(税込)
アセアン株式 約定代金の1.10%(税込)・最低手数料:550円(税込)・手数料上限なし
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,200円(税込)が追加されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる