初心者にもおすすめ

ハイローオーストラリアが撤退する

ハイローオーストラリアが撤退する
このあたりは完全にステマですね。実は、ハイローオーストラリアって広告仲介の権利って法人を持っていないとまず貰えないほど取得が難しい事で有名なんですよ。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)は遅かれ早かれ無くなるって噂は本当なんですか?海外は既にバイナリー業界では大手のハイローオーストラリアから撤退しており、現在は日本しか残っておらず、規制などにより日本も撤退するのは時間の問題だと。
ハイローオーストラリアが撤退する
確かに日本でもバイナリーオプションに関してはギャンブル性が高いなど昔から問題視されてました。実際に2013年頃に規制(取引制限や短期取引の禁止)が入り、かなり厳しくなったのも記憶に新しいです。

実際どうなんですか?
FXに移行したほうが良いのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

おそらく・・ですが、FXが日本に登場し浸透した経緯と同様でしょうね。
バイナリーオプションは日本市場で国内企業として、フツーに存在しています。

何か動きがあるとすればまず、日本国内の企業にて何らかの規制などの動きがあると思います。

ハイローオーストラリアについては、取引そのものに影響がある動きがあればかなり前の段階で利用者にアナウンスがある筈です。

これらの動きは端的に”ハイローオーストラリアだけ” ということはない筈で、国内含めたバイナリー業者の中ではハイローオーストラリアが実績・収益とも世界トップレベルでしょう。

だから、というわけではないですがおよそ少なくとも、あと数年以上は現状のままだと思います。

ハイローオーストラリアが日本人が利用できなくなる、という可能性はゼロではありませんがその前に国内業者にて何らかの「大きな動き(規制や抜本的な変更等)がある筈です。

今のところ、しばらく数年は現状のままでしょうね。
取引での対策(約定レートが不利になったりなど)は、シラっと知らぬ間にしているのでこれだけは要注意でしょうね。

これだけで影響あってできないようなレベルなら、バイナリーじたいすべきでないです。 まだまだ利用者も多いですし、実力者もしっかり存在します。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

★商売をやっている側から見るとハイロに限っては信用を得ている顧客が日本にはたくさんいて、ルールを守る客も多い(あくまで予想)。なので日本の顧客リストは貴重な宝石です。私なら絶対に失いたくないですね^^この信用を繋いでおくとゆう理由は当然利益になるからです。ハイロが完全撤退するならば新店舗(笑)が完成した時でしょうね。お客は、はーいこっちに来てね~ってメールで言われるだけです。ショッピングモーに入ってるダイソーみたいな。

★海外で批判されるのは宗教色も理由の1つです。無宗教なのは日本だけ。完全に個人の自由。海外ではバイナリーと言うだけで、周りの人の機嫌がわるくなります^^つまり詐欺業者さんがあまりにも多すぎたって事ですね。それはもう異教徒のように扱われます。
◆大体の宗教は人間関係や、善意、悪意、に厳しい取り決めがありそれに伴う懲罰もあります。イスラムならそこらへんで酒は絶対に売っていません。飲酒が禁止されているからです。日本の様にクラブや昔で言うとディスコ。それも禁止。
◆このように日本は比較的束縛もなく基本自由です。仲内や民間で何か取り締まられていることは基本ないですよね。個人の自由かってが許されるのでバイナリーが唯一生き残れた国とゆうわけです。そーゆー意味でも貴重な顧客名簿。ハイロがそう簡単に手放すはずがありません。

本当です
夜逃げの準備中と噂されていて次々と資金を引き上げている人が増えています
商品先物オプションCFDに移行したほうが良いのです

【海外バイナリーオプション】ハイローオーストラリア、日本から撤退するってよ!


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034679303

オーストラリアの金融業者に関連する記事の存在

撤退したのは別の業者である可能性

本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。

(中略)

5月にフォレックス・マグネイトが「日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁じる方向へ」の独占記事を取り上げてから、Pepperstone社も含め一部のブローカーから否定の声が上がったが、結果的に日本金融当局と豪金融当局の連携プレーによる影響が明らかになった。今後も同様な動きが広がる事が予想される。
速報:豪大手ブローカーPepperstone社、日本在住者の受け入れを終了へ

ハイローオーストラリアが撤退する兆候は今のところまだない

Q HIGHLOWプラットフォームはオーストラリア向けのサービスですか?

A いいえ。すべてのお客様がHIGHLOWプラットフォームをお申し込み、利用することが可能です。
よくあるご質問 ハイローオーストラリアが撤退する – HighLow

ハイローオーストラリア撤退の話、実は噂かも…


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034680403

噂に惑わされないよう情報の取捨選択は重要!


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034680603

【ポケモン赤緑青ピカチュウVC】覚えてる?初代ポケモン攻略サイ…

人生に疲れたら見てほしい、人生とは何かを思い出させてくれる映画…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる