バイナリーオプションのコツ

楽天証券つみたてNISAの始め方は

楽天証券つみたてNISAの始め方は
通常は銀行口座から証券口座へ手動で入金や出金を行わなければならないのですが、この設定を行なっていれば楽天銀行と楽天証券の口座間で自動的に入出金を行なってくれます。
つみたてに楽天カードを使うときはあまり関係ありませんが、積み立てた投信を売却して現金化するときに、スイープ設定しておくと楽天銀行に自動的に振り込まれるので便利です。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

楽天証券でつみたてNISAを始めたいと思ってます。証券口座開設の際、納税方法の選択があり、確定申告ありorなしが選べます。
自分は年収500万弱、副業月2〜3万の普通のサラリーマンになります。
副業の方は年20万を超えるので確定申告が必要になると思いますが、証券口座開設の納税方法も確定申告ありにするのでしょうか?
それともつみたてNISAは20年間非課税と聞いてるので、こちらは確定申告なしで開設してもいいのでしょうか?
副業についての確定申告は来年しっかり行うものとします。
わかる方ご教示願います。

質問や回答に登場した商品

ベストアンサーに選ばれた回答

おそらく、つみたてNISA口座と特定口座の開設手続きをしているのでしょう。
特定口座は源泉徴収あり/なしを選択できます。
特定口座(源泉徴収あり)は売却益から税金が天引きされ、売却益を申告に含めるかどうか任意になります。特定口座(源泉徴収なし)は売却益から税金が天引きされず、売却益の申告義務が生じる可能性があります。
なお、どちらを選択しても配当金からは税金が天引きされ、これを申告に含めるかどうかは任意です。

特定口座は源泉徴収あり(確定申告なし)を選択することをお勧めします。

源泉徴収ありのメリット
・申告が簡単
売却益の申告をすると申告書の枚数が3枚ほど増え、計算が面倒になります。 楽天証券つみたてNISAの始め方は

・保育料などが不利にならない
認可保育園の保育料、市営住宅の家賃など、行政の福祉サービスには所得額や所得税額を基準にして負担額を決めることがあります。売却益を申告せず天引きされっぱなしを選択すれば、売却益は所得扱いにならないことが多いです。


源泉徴収ありのデメリット
・税金の支払いが早くなる
源泉徴収ありを選択すると売却時に税金が天引きされますが、源泉徴収なしを選択すると税金の支払いは翌年3月になります。納税を数か月遅くすることでその期間でされに運用で殖やすことを期待できます。

納税時期が数か月違うのは微々たる問題であり、確定申告を楽にすることを優先すべきと思います。

楽天証券でつみたてNISAのはじめかた 楽天カード、ポイント利用積立の設定方法

こうすることで毎月の積立で楽天ポイントが1%貯まり、翌月の積立時、買い物などで貯めたポイントも含めて自動的に充当されます。 (期間限定ポイントおよび、楽天以外から交換して手に入れた楽天ポイントは利用不可)

マネーブリッジ設定

マネーブリッジ→ 設定する

自動入出金(スイープ)→ 設定する

通常は銀行口座から証券口座へ手動で入金や出金を行わなければならないのですが、この設定を行なっていれば楽天銀行と楽天証券の口座間で自動的に入出金を行なってくれます。
つみたてに楽天カードを使うときはあまり関係ありませんが、積み立てた投信を売却して現金化するときに、スイープ設定しておくと楽天銀行に自動的に振り込まれるので便利です。

ハッピープログラム→ エントリー

ハッピープログラムにエントリーしておくと、楽天銀行の振込手数料や出金手数料が無料になったり、取引ごとに楽天ポイントが貯まります。こちらもエントリーしておきましょう。

つみたてNISAの積立注文

ファンドの選択

つみたてNISAは国が厳選した投資信託しか買えません。そもそも投資信託というのは色々な株や債券などをセットにして分散投資できるようにした商品なので、個別株などよりはローリスクです。

つみたてNISA(積立NISA)口座開設で初心者が「?」になりがちな点

つみたてNISA(積立NISA)口座開設で初心者が「?」になりがちな点

つみたてNISA(積立NISA)口座開設を試みたのですが、分からないことが多くて面倒になってしまい……。

つみたてNISA口座を開設するときは、総合口座(銀行の場合は投資信託口座も)も開設する必要がある

証券会社でつみたてNISA口座を開設する際「?」になりがちな点

すでに総合口座を持っている証券会社でつみたてNISA(積立NISA)口座を開設する場合は、つみたてNISA口座の開設手続きを行うだけなので、さして難しくないでしょう。ここでは 初めての証券会社で、「総合口座とつみたてNISA口座を同時に開設」するケースについて、初心者の方がつまずきやすい点を中心に解説 します。

1 事前にマイナンバーが記載されている書類、本人確認書類を準備

2 つみたてNISA口座の開設を選択

3 特定口座の開設を選択

4 つみたてNISAのみの利用であれば、その他口座の開設は「しない」を選択

つみたてNISA口座開設手順

手順1 つみたてNISA口座を開設する金融機関を決める
※取扱商品、コスト、サービス等から選ぶ 手順2 金融機関のホームページや窓口で書類を取り寄せる
※非課税適用確認書の交付申請書、非課税口座開設届出書など 手順3 つみたてNISA口座の申込書が届く
※書類に記入・押印して、マイナンバーが記載されている書類のコピー、本人確認書類のコピーと一緒に金融機関に返送 手順4 金融機関と税務署の審査を待つ
※税務署で二重に口座開設していないか確認 手順5 審査が終わったら口座開設完了!
※口座開設まで1ヵ月程度かかる

銀行でつみたてNISA口座を開設する際「?」になりがちな点

銀行の場合、すでに総合口座を持っているという人は多いと思いますので、ここでは、 投資信託口座とつみたてNISA(積立NISA)口座を同時に開設するケースについて、初心者の方がつまずきやすい点を中心に解説 します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる