初心者必見

米国投資環境の見通し

米国投資環境の見通し
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 最後の砦OPECプラスでも価格抑制は不可能、クリーン・エネルギーを夢見る消費国が直面するリスク <コモディティ特集>

米国投資環境の見通し

S&P500種株価指数の週次騰落率:5月23-27日の週にパフォーマンスが大きく回復

出所:FactSet, Pictet Trading Strategy 2022年5月30日時点

リスク資産への投資意欲の高まりを反映した当社のリスク指標

リスクオン/リスクオフ指数の推移

出所:FactSet, Pictet Trading Strategy 2022年5月30日時点

より投機的な動きが増加している

特に、株式市場で最も投機的だとみられている銘柄 (IPOや不採算テクノロジー株など) が再びパフォーマンスを上げ始めたことは、ショート投資家がポジションを縮小した、あるいは底値拾いの投資家が買い始めたことを示唆しています。

米国のバイオテクノロジーと中国のハイテクは反発の直前?

テクニカル面では、SPDR S&P バイオテック ETF は強気の三角保合いを形成しており、71.50の抵抗線を上抜けすると、50日移動平均線と1月以降の高値を結んだ抵抗線に相当するレベルである83を目標として上昇することになります。一方、66は短期的に重要な支持線となっています。※ターゲット・プライスはチャート分析に基づいたものです。

SPDR S&P バイオテック ETFの推移

出所: FactSet, Pictet Trading Strategy 2022年5月30日時点
※ターゲット・プライスはチャート分析に基づいたものです。

中国テクノロジーETF:魅力的なリスク・リワード比率を提供

インベスコ・チャイナ・テクノロジーETFの推移

出所: FactSet, Pictet Trading 米国投資環境の見通し Strategy 2022年5月30日時点
※ターゲット・プライスはチャート分析に基づいたものです。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ・グループの海外拠点からの情報提供に基づき、ピクテ投信投資顧問株式会社が翻訳・編集し、作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

投資見通し

重要事項
当レポートの記載内容は、ブラックロック・グループ(以下、ブラックロック)が作成した英語版レポートを、ブラックロック・ジャパン株式会社(以下、弊社)が翻訳・編集したものです。また当資料でご紹介する各資産の見通し(米ドル建て)は、米国人投資家などおもに米ドル建てで投資を行う投資家のための見通しとしてブラックロック・グループが作成したものであり、本邦投資家など日本円建てで投資を行う投資家の皆様を対象とした見通しではありません。 記載内容は、米ドル建て投資家を対象とした市場見通しの一例として、あくまでご参考情報としてご紹介することを目的とするものであり、特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではなく、また本邦投資家の皆様の知識、経験、リスク許容度、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的等を勘案したものではありません。記載内容はブラックロック及び弊社が信頼できると判断した資料・データ等により作成しましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。各種情報は過去のもの又は見通しであり、今後の運用成果を保証するものではなく、本情報を利用したことによって生じた損失等についてブラックロック及び弊社はその責任を負うものではありません。記載内容の市況や見通しは作成日現在のブラックロックの見解であり、今後の経済動向や市場環境の変化、あるいは金融取引手法の多様化に伴う変化に対応し予告なく変更される可能性があります。またブラックロックの見解、あるいはブラックロックが設定・運用するファンドにおける投資判断と必ずしも一致するものではありません。

広範な見通し

こうした見方を踏まえて、2月下旬にサステナビリティ投資で歴史的な機会を活用することが望ましいと考え、3月下旬には戦略的 ポートフォリオにおけるリスク資産の活用を主張しました。ブラックロックはその後、急騰を演じた株式については、戦略的フレームワークの中で格付けを中立へ見直しました。クレジットに関しては オーバーウエイトを継続しています。高いスプレッドの水準が、デフォルトリスクの高まりを補う、とブラックロックは見ています。

比較的短期の投資ホライズンに立った戦術としては、2月28日に慎重姿勢へ転じ、株式とクレジットの見通しを中立にしました。 4月6日には、緩やかながらも再び、リスク選好のスタンスへ戻し、 強力な政策対応を考慮してクレジットの見通しをオーバーウエイトにしました。クオリティの高い資産についても選好しています。こうした姿勢は、米国株式、投資適格債、クオリティ・ファクターに対する考え方にも反映されています。

ブラックロックは米国株式の見通しを中立へ引き下げました。財政刺激策の一巡や大統領選挙をめぐる不透明感などのリスクがその背景にあります。新興国についても慎重姿勢へ転じました。 一方、欧州株式の見通しを引き上げました。シクリカルな回復局 面における最も魅力的な投資の機会とみているからです。クレジットについてはオーバーウェイトを継続。世界的な利回り水準の 高さ、中央銀行による購入などがその理由です。

戦術的視点

こうした見方を踏まえ、ブラックロックでは株式よりもクレジットを選好します。クレジットでは、投資適格債(ブラックロックはクオリティを選好)、 ハイイールド債およびユーロ圏周縁国の債券をオーバーウエイトにしています。共通するテーマは、中央銀行による新たな資産購入、安定した金利環境、高利回りの資産を見い出すこと が困難な世界における魅力的なインカムです。

ファクター投資では、将来のシナリオのブレに対 する適切な耐性が備わっている、との観点からクオリティへのオーバーウエイトの割合を引き上げます。バリューファクターに関してもシクリカルな上昇の可能性があると見て、中立へ引き上げる一方、ミニマム・ボラティリティについては中立へ引き下げました。モメンタムに関しては中立を維持しま す。

市場見通し

資産 戦略的見通し 戦術的見通し
株式 株式 戦略的見通し 中立 株式 戦術的見通し 中立
利益や配当支払いをめぐる厳しい環境を考慮し、戦略面では、中立へ見直しました。新興国については、若干のオーバーウエイ トへ調整。先進国に対するエクスポージャーに関しては中立を維持します。戦術的にも、株式については中立です。耐性を評価してクオリティ・ファクター、シクリカルなエクスポージャーという観点で欧州株をそれぞれ選好します。
クレジット クレジット 戦略的見通し 中立 クレジット 戦術的見通し +1
戦略的な観点から中立に引き下げました。投資適格債と国債とのスプレッドはデフォルトリスクの上昇に対する対価が小さくなっているとみている。戦術的な観点からは、ハイイールド債を強く選好します。インカム面の魅力とスプレッドがタイト化する余地があると考えます。
国債 国債 戦略的見通し -1 国債 戦術的見通し 中立
国債を保有することの戦略的な重要性は大幅に低下しました。 利回りが下限とみられる水準に近付いているからです。金利が ⾧期にわたって低水準にとどまるとの見通しは、⾧期的には、株式相場の下落局面における資産クラスの安定化機能を危うくさせています。戦術的には、中立を継続します。過去に類を見ない政策対応によって利回りが押し下げられているためです。
キャッシュ キャッシュ 戦略的見通し キャッシュ 戦術的見通し 中立
キャッシュに関しては中立としています。キャッシュはクレジットに関する見通しを決める際の補完材料です。キャッシュの一部は、株式と債券の両方を下落させる供給ショックに対するバッファーという意味を持ちます。
プライベート市場 プライベート市場 戦略的見通し 中立 プライベート市場 戦術的見通し
非上場のクレジットを含む非伝統的な資産への投資には、バリューを付加し、分散投資の対象を広げる可能性があります。 機関投資家の多くは、プライベート市場へさほど投資していません。流動性リスクを過大評価しているためではないかと考えています。プライベート資産のエクスポージャーはさまざまな形態をとり ますが、一部の資産のバリュエーションや、同資産に内在する不確実性などを考慮し、全体として中立を維持しています。

各資産の詳細な見通し

Legend Granular


株式

米国投資環境の見通し
資産 戦術的見通し
米国 米国
米国株式を中立へ引き下げます。財政刺激策の縮小と新型コロナウイルスの感染拡大のリスクによって、市場の好パフォーマンスが脅かされる恐れがあります。米中間の新たな緊張と大統領選挙を控えた国内の分裂も重しになります。
欧州 欧州
欧州株式をオーバーウエイトへ引き上げます。確固たる公衆衛生対策や景気刺激的な政策対応に支えられた経済活度の再開で、循環的な上昇局面にあります。
日本 日本
日本株式を中立へ引き上げます。強力な財政政策や公衆衛生対策が急速な正常化をもたらすと考えます。
米国投資環境の見通し
新興国新興国
新興国株式をアンダーウエイトへ引き下げます。パンデミックの拡大が懸念され、その衝撃を緩和するための政策措置を行う余地あるいは 積極的姿勢が、(すべてではないものの)多くの国で後退していると考えます。
米国投資環境の見通し
アジア(日本を除く) アジア(日本を除く)
日本を除くアジア株式を中立へ引き下げます。米中間の新たな緊張がリスク要因です。成⾧と金融の安定を両立させようという中国の目標によって、同国のウイルスの悪影響を緩和するための政策対応が比較的抑えられたものになっています。
米国投資環境の見通し
モメンタム モメンタム
モメンタムについて中立を維持します。このファクターは現在、一方でテクノロジー株、他方でディフェンシブ株が大部分を占めており、グロース企業および安定が見込まれる一部企業に対する投資家のエクスポージャーにつながっています。
米国投資環境の見通し
バリュー バリュー
バリューに関して中立へ引き上げます。現在進行している経済活動の再開がシクリカルな資産を下支えし、⾧期に渡ってアンダーパフォームしてきたバリュー株のリバウンドを誘発する可能性があります。
ミニマム・ボラティリティ ミニマム・ボラティリティ
ミニマム・ボラティリティを中立へ引き下げます。シクリカルな資産が経済活動再開の恩恵に浴し、つれてディフェンシブ銘柄などへのエクスポージャーの必要性が減少する可能性があります。
クオリティ クオリティ
クオリティのオーバーウエイトの割合を高めます。このファクターは、パンデミックと経済の変化に付随するさまざまな現象に対して最も耐性のあるエクスポージャーと考えます。

債券

資産 戦術的見通し
米国債 米国債
米国債を選好します。利回りの大幅な低下はリスク資産の急落に対する備えとしての機能を低下させますが、⾧期債利回りが他の先進 国市場の国債のそれよりもさらに低下する可能性があります。
物価連動債 物価連動債
物価連動国債(TIPS)は中立とします。金利の大幅な低下で、新規購入の魅力が減退しています。ただ、⾧期的には依然、インフレ率上昇の可能性があるとみており、戦略的アロケーションではTIPSを選好します。
ドイツ国債 ドイツ国債
ドイツ国債のアンダーウェイトを維持します。現在の利回り水準では、大きなリスク・イベントへの備えにはさほどならないとみられるためです。 また、EU提案の復興基金案の資金調達目的で発行される可能性のある債券と投資資金の奪い合いになるケースも考えられます。
ユーロ圏周縁国 ユーロ圏周縁国
ユーロ圏周縁国の国債は最近、好パフォーマンスを記録していますが、オーバーウエイトとします。欧州中央銀行による量的緩和拡大やその他の政策対応で、金利の一段の低下が見込まれます。
グローバル投資適格債 グローバル投資適格債
投資適格社債の見通しを中立に引き下げました。さらなる利下げや資産購入を通じた政策対応が取られる可能性は低く、国債との利回りのスプレッドがこれ以上縮小する余地は少ないとみています。中央銀行による資産購入や広範囲で安定した金利環境は引き続き価格を下支えすると考えます。
グローバル・ハイイールド債 グローバル・ハイイールド債
ハイイールド債の見通しをオーバーウエイトから一段階さらに引き上げました。予想されている非常に高いデフォルト率は過度に悲観的であり、利回りが枯渇した今の環境では引き続きインカムの魅力的な源泉と考えます。
新興国債券(米ドル建て) 新興国債券(米ドル建て)
米ドル建て新興国債をアンダーウエイトに引き下げます。複数の新興国におけるパンデミック拡大、エネルギー輸出企業に対するエクスポージャーの高さ、政策対応の余地の乏しさなどがその理由です。デフォルト・リスクが過小評価されている可能性があります。
米国投資環境の見通し
新興国債券(現地通貨建て) 新興国債券(現地通貨建て)
現地通貨建て新興国債券をアンダーウエイトに引き下げました。新興国はウイルス拡大を収束させる力に乏しく、パンデミックによるショックを緩和させる政策余地も限定的と考えます。
アジア債券 アジア債券
アジア債は中立へ引き下げます。多くの国でパンデミックが封じ込められていることやエネルギー関連のエクスポージャーの少なさはプラス要因ながら、米中間の新たな緊張や中国の抑制ぎみの政策による悪影響がリスクです。

過去の運用実績は現在あるいは将来の成果の信頼できる指標ではありません。指数に直接投資することはできません。注記:見通しは米ドルベースです。本資料は特定の時点における市場環境の評価を示すものであり、将来の成果の予想あるいは保証を意図したものではありません。本資料中の情報は、特定のファンド、戦略あるいは証券に関する投資アドバイスとして依拠すべきものではありません。

マーケットレポート

2022年5月6日 Market Eye FOMC(5月3・4日)の注目点 2022年4月20日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2022年4月)の注目点 2022年4月15日 Market Eye ECB理事会(4月14日)の注目点 2022年3月17日 ストラテジーレポート 米FRB、0.25%利上げ決定と今後の市場見通しについて 2022年3月11日 Market Eye ECB理事会(3月10日)の注目点 2022年3月9日 ストラテジーレポート ウクライナ情勢とグローバル市場への影響のアップデート 2022年2月28日 ストラテジーレポート ロシア・ウクライナ情勢が市場へ及ぼす影響について 2022年2月21日 Market Eye ウクライナ危機に際して:ロシア経済の分析 2022年2月4日 Market Eye ECB理事会(2月3日)の注目点 2022年1月27日 Market Eye FOMC(1月25・26日)の注目点 2022年1月26日 Market Eye Market Eye 特別レポート 2022年1月26日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2022年1月)の注目点 2022年1月20日 ストラテジーレポート 最近の株価下落と今後のマーケット見通しについて

2021年

2021年12月17日 Market Eye ECB理事会(12月16日)の注目点 2021年12月16日 Market Eye FOMC(12月14・15日)の注目点 2021年11月29日 ストラテジーレポート 先週末の世界的株安と今後のマーケット見通しについて 2021年11月4日 Market Eye FOMC(11月2・3日)の注目点 2021年10月29日 Market Eye ECB理事会(10月28日)の注目点 2021年10月25日 Market Eye IMF国際金融安定化報告書(10月)の注目点 2021年10月13日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2021年10月)の注目点 2021年9月24日 Market Eye FOMC(9月21・22日)の注目点 2021年9月21日 ストラテジーレポート 中国恒大集団の経営問題が世界市場へ与える影響について 2021年9月10日 Market Eye ECB理事会(9月9日)の注目点 2021年7月29日 Market Eye FOMC(7月27・28日)の注目点 2021年7月28日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2021年7月)の注目点 2021年7月26日 Market Eye ECB理事会(7月22日)の注目点 2021年7月21日 ストラテジーレポート 最近の米国株式・債券の値動きと今後の見通しについて 2021年6月17日 Market Eye FOMC(6月15・16日)の注目点 2021年6月11日 Market Eye ECB理事会(6月10日)の注目点 2021年4月30日 Market Eye FOMC(4月27・28日)の注目点 2021年4月26日 Market Eye ECB理事会(2021年4月)の注目点 2021年4月14日 Market Eye IMF国際金融安定化報告書(4月)の注目点 2021年4月7日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2021年4月)の注目点 2021年3月18日 Market Eye FOMC(3月16・17日)の注目点 2021年3月12日 Market Eye 3月ECB理事会の注目点 2021年3月1日 Market Eye 米国金利上昇を受けてのマーケット見通し 2021年2月16日 ストラテジーレポート 日経平均株価3万円の大台回復と今後の見通し 2021年2月10日 Market Eye IMF国際金融安定化報告書(1月)の注目点 2021年2月1日 ストラテジーレポート 先週の米国株下落の要因と今後の見通しについて 2021年1月28日 Market Eye FOMC(1月26・27日)の注目点 2021年1月27日 Market Eye IMF 世界経済見通し(2021年1月)の注目点 2021年1月22日 Market Eye 1月ECB理事会の注目点

2020年

2020年12月17日 Market Eye FOMC(12月15・16日)の評価について 2020年12月11日 Market 米国投資環境の見通し Eye 12月ECB理事会の注目点について 2020年11月6日 Market Eye FOMC(11月4・5日)の評価と市場動向について 2020年11月5日 ストラテジーレポート 米大統領・議会選挙と今後の市場見通しについて 2020年10月30日 Market Eye 10月ECB理事会の注目点について 2020年10月14日 Market Eye IMF世界経済見通し・金融安定化報告書(2020年10月)の注目点について 2020年10月5日 ストラテジーレポート 2020年度後半の投資環境見通しについて 2020年9月17日 Market Eye FOMC(9月15・16日)の評価と市場動向について 2020年9月11日 Market Eye 9月ECB理事会の注目点について 2020年8月31日 ストラテジーレポート 安倍首相辞任と今後のマーケットへの影響について 2020年8月24日 ストラテジーレポート 米国株最高値更新の評価と今後の見通し 2020年8月17日 ストラテジーレポート 最近のドル円相場変動の背景と今後の見通し 2020年7月30日 Market Eye FOMC(7月28・29日)の評価と市場動向について 2020年7月22日 Market Eye 欧州財政政策の注目点について 2020年6月25日 米国投資環境の見通し Market Eye IMF 世界経済見通し(2020年6月)の注目点について 2020年6月15日 ストラテジーレポート 最近のNY株大幅下落の背景と今後の市場見通し 2020年6月11日 Market Eye FOMC(6月9・10日)の評価と市場動向について 2020年6月8日 Market Eye 5月米国雇用統計の注目点について 2020年6月8日 Market Eye 6月ECB理事会の注目点について 2020年6月1日 ストラテジーレポート 最近のマーケット動向と今後の見通しについて 2020年5月20日 Market Eye FRB金融安定化報告書(2020年5月)の注目点と金融システムの脆弱性について 2020年5月11日 ストラテジーレポート GW中のマーケット動向と今後の見通しについて 2020年5月8日 Market Eye FOMC(4月28・29日)の評価と投資へのインプリケーション 2020年5月7日 米国投資環境の見通し Market Eye IMF 世界経済見通し(2020年4月)の注目点 2020年5月7日 Market Eye IMF国際金融安定化報告書(2020年4月)の注目点 2020年4月27日 ストラテジーレポート 政策効果が見込みにくい新興国とハイイールド債市場について 2020年4月20日 ストラテジーレポート 原油相場とハイイールド債市場の見通しについて 2020年4月8日 ストラテジーレポート 4月8日:新型コロナウイルス感染状況と今後のマーケット見通し 2020年3月30日 ストラテジーレポート 3月30日:新型コロナウイルスを巡る最近のマーケット動向と今後の見通し 2020年3月19日 ストラテジーレポート 3月19日:マーケット直近動向と政策危機対応について 2020年3月17日 ストラテジーレポート 3月17日:日・米金融緩和後の株価下落の背景と今後の見通し 2020年3月16日 ストラテジーレポート 3月16日:新型コロナウイルスを巡る政策対応と今後の見通し 2020年3月13日 ストラテジーレポート 3月13日:12日の米国株の大幅続落と今後の見通しについて 2020年3月10日 ストラテジーレポート 3月10日:週明けのマーケット動向と今後の見通しについて 2020年3月5日 ストラテジーレポート 3月5日:新型コロナウイルス問題を巡る直近のマーケット動向 2020年3月2日 ストラテジーレポート 3月2日:新型コロナウイルス問題を巡る直近のマーケット動向 2020年2月28日 ストラテジーレポート 2月28日:新型コロナウイルス問題を巡る直近のマーケット動向 2020年2月26日 ストラテジーレポート 新型コロナウイルス問題を巡るマーケット動向 2020年2月25日 ストラテジーレポート 新型コロナウイルス問題を巡る世界同時株安について 2020年2月3日 ストラテジーレポート 新型コロナウイルスのマーケットへの影響と今後の見通し 2020年1月8日 ストラテジーレポート イランの米軍攻撃の報道とマーケットへの影響について 2020年1月6日 ストラテジーレポート 米イラン・中東情勢の年明け相場への影響について

2019年

2019年10月3日 ストラテジーレポート 米ISM製造業景況感指数の悪化について 2019年8月26日 ストラテジーレポート 23日の米・中報復関税の応酬と米国株安について 2019年8月15日 ストラテジーレポート 14日の米国株式急落と今後の投資環境見通しについて 2019年8月5日 ストラテジーレポート 米国の対中制裁第4弾発動の影響について 2019年8月1日 米国投資環境の見通し ストラテジーレポート 10年半ぶりの米国利下げと今後の投資環境見通しについて 2019年7月1日 ストラテジーレポート 米中首脳会談と今後の投資環境見通しについて 2019年5月13日 ストラテジーレポート 米中制裁関税引き上げ問題の影響について 2019年2月4日 ストラテジーレポート 最近の国内株式市場の動向について

2018年

2018年12月26日 ストラテジーレポート 日本株式市場の下落について 2018年10月12日 ストラテジーレポート 世界的な株価の急落について 2018年2月6日 ストラテジーレポート 世界同時株安について

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、
2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え
る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ

facebook-share

今週の日経平均株価は、経済活動の正常化もあって大幅に上昇!
4月21日の戻り高値を突破し、4月5日以来の水準を回復

日経平均株価チャート/日足・3カ月

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

来週の日経平均株価は、足元の上昇トレンドが継続!
「2万8000円」の大台を意識した値動きが続く可能性も!

【来週の日経平均株価の想定レンジ】
2万7550円 ~ 2万8150円


来週(6月6日〜10日)の日経平均株価は、足元のリバウンド基調が継続する展開に期待したいところです。 2万7500円辺りで底堅さが意識されてくるようだと、2万8000円の大台を意識したトレンドに向かう可能性があります

米国ではインフレに伴う景気後退懸念が警戒されていますが、恐怖指数である米国のVIX指数が低下傾向を見せており、市場ではすでに相当織り込まれていると見られます 。また、NYダウ、ナスダックなど主要な株価指数は、前週のリバウンドでテクニカルシグナルが好転してきているため、買い戻しの動きが引き続き意識されるでしょう。

さらに、 来週末の6月10日には、6月限の先物オプション特別清算算出日(メジャーSQ)が控えています 。SQ週は9月限への限月交代に伴うロールオーバーの商いが中心になりやすく、基本的には膠着感が強まりやすい需給状況になります。ただし、今週の大幅なリバウンドによってポジション修正を迫られる格好から、先物買いの形でのヘッジ買いが強まりやすい状況です。

【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
サイバーステップが+105.41%で値上がり率トップ!

■今週の値上がり率 トップ5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 +105.41 サイバーステップ(東S・3810)
2 +75.90 日水製薬(東P・4550)
3 +69.49 キャンバス(東G・4575)
4 +59.37 東京通信(東G・7359)
5 +53.47 ガーラ(東S・4777)
米国投資環境の見通し
■今週の値下がり率 ワースト5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 −18.86 キャンドゥ(東S・2698))
2 −17.55 Birdman(東G・7063)
3 −16.22 MITホールディングス(東S・4016)
4 −14.18 HYUGA PRIMARY CARE(東G・7133)
5 −14.16 ウッドフレンス(東S・8886)
■今週の出来高 トップ5
順位 出来高(株) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 320,663,500 メディネット(東G・2370)
2 260,206,600 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東P・8306)
3 187,128,600 音通(東S・7647)
4 173,073,300 米国投資環境の見通し 東京電力ホールディングス(東P・9501)
5 160,811,400 Zホールディングス(東P・4689)

【来週の主要イベント】
米国のCPIやミシガン大消費者態度指数、メジャーSQ、
ANYCOLORのIPO(新規上場)などに注目!

<6月6日(月)>
◆中5月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

<6月7日(火)>
◆4月全世帯家計調査/消費支出
◆4月景気先行指数/一致指数速報値
◆独4月製造業新規受注
◆米4月貿易収支

<6月8日(水)>
◆ANYCOLOR(5032) 東証グロース上場
◆決算:くら寿司(2695)
◆5月景気ウオッチャー調査−現状判断DI
◆4月国際収支/経常収支/貿易収支
◆独4月鉱工業生産
◆米4月卸売売上高

<6月10日(金)>
6月限先物オプション特別清算指数算出日(メジャーSQ)
◆決算:鳥貴族ホールディングス(3193)、三井ハイテック(6966)
◆5月国内企業物価指数
◆中5月消費者物価指数(CPI)
米5月消費者物価指数(CPI) 米国投資環境の見通し 米国投資環境の見通し
米6月ミシガン大学消費者態度指数速報値

【来週の注目銘柄】
「ヤクルト本社」「ベルトラ」「ワークマン」の3銘柄をピックアップ!

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース 米国投資環境の見通し ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

来週の日経平均株価の予想レンジを発表!の関連記事

【証券会社(ネット証券)おすすめ比較】 人気で選ぶ!みんなのおすすめネット証券会社 [2022年6月1日時点](2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

定期預金の金利が高い銀行ランキング[2022年6月] 貯金をするなら、メガバンクの100倍以上も高金利な 「SBJ銀行」など、お得な銀行に預けるのがおすすめ! 【2022年6月1日時点の定期預金の金利&キャンペーン情報を公開!】(2022.06.02)

「つみたて投資」をする投資信託を1本だけ選ぶなら、 海外株の「インデックス型投信」がおすすめ! 信託報 酬の安さと投資対象の幅広さに注意して商品を選ぼう(2022.06.01)

来週の日経平均株価の予想レンジを発表! バックナンバー

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え 米国投資環境の見通し る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ(2022.06.03)

来週(5/30~6/3)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6600~2万7100円! 水際対策の緩和など経済活 動の正常化で底堅さを確認すれば「2万7000円」突破も(2022.05.27)

来週(5/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6300~2万7300円! 円安による海外の資金流入 もあって底堅く、好業績株は「押したら買い」ムードに(2022.05.米国投資環境の見通し 20)

来週(5/16~20)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5800~2万6800円! 決算発表のピーク通過で、 「株価がふるわない好業績銘柄」の見直し買いに期待!(2022.05.13)

来週(5/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6700~2万7700円! 2400社超の決算発表が集中 する中、決算前後の“利益確定”や“株価見直し”に注意(2022.05.06)

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) 米国投資環境の見通し ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.米国投資環境の見通し 2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.4.28)
  • ミライアル、BEENOS、郵船など
  • 売り先行スタートも、円安を材料に買い直され、一時3月下旬の戻り高値を上回る
  • ハウテレビジョン---大幅に反落、23年1月期第1四半期の営業損益は黒字転換も進…
  • アイリッジ---続伸、コーナン商事のスマホアプリの開発支援

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい? 米国投資環境の見通し
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル 米国投資環境の見通し
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

【材料】 キャンベルスープが決算受け上昇 通期の売上高見通しを上方修正=米国株個別

  • 明日の【信用規制・解除】銘柄 (9日大引け後 発表分)
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、INPEX、日テレHD
  • 米国投資環境の見通し
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 5 銘柄 S安= 0 銘柄 (6月9日)
  • 東京株式(大引け)=12円高、小幅に5日続伸も値下がり銘柄数多くTOPIXはマイナス
  • 積水ハウス、2-4月期(米国投資環境の見通し 1Q)経常は55%増益で着地
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版

人気ニュース【ベスト5】

  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:INPEX、三菱UFJ、トヨタ
  • 今朝の注目ニュース! ★ホープ、ミアヘルサ、エネチェンジなどに注目!
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • 前場に注目すべき3つのポイント~骨太の方針が示され、今後は参院選に向けた政策期待が高まりやすい~

お薦めコラム・特集

  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 最後の砦OPECプラスでも価格抑制は不可能、クリーン・エネルギーを夢見る消費国が直面するリスク <コモディティ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる