FX手法

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドについて
短期判定

ボリンジャーバンドについて

今回は私自身1番好きなインジケータである「BB(ボリンジャーバンド)」についてです。
そんな「BB」について下記構成で説明していきます。

〇BB(ボリンジャーバンド)とは?

移動平均線と標準偏差を用いたインジケーターです。
相場のボラティリティを一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してくれます。
また、環境認識として優れている指標である。

標準偏差とは?・・・
データのばらつき度合いを表す指標であり、
1σに収まる確率は約68%
2σに収まる確率は約95%
3σに収まる確率は約99%

BB_説明

BB_説明

〇強いところ弱いところ

こちらはBBが弱いポイントであり、よく見る場面です。
前提の値動きがない状態から大きく動いたときのBBタッチは非常に弱いです。
そもそもBBが20期間を見ているので、その期間の値動きに対して計算しているのでどうしても反応はしてしまいます。

BB強い

BB強い

1枚目の画像のようにBBの幅内で大きくロウソク足が上下に動いているレンジは強い場面となっています。
ストキャスティクスでも強いポイントなのでレンジで狙っていってほしいところであります。
エントリー足の髭がない場面であるとさらに強くなるので狙っていきたいです!

BB弱い

上画像のような場面ではオシレーターを使用していると連敗してしまうポイントになりますが、
BBを使用することでうまく避けれています。
ダラダラしたトレンドで一定の値動きがない場面は非常に弱いです。
それをBBを使用することでその中で大きな値動きをしたときにBBに到達してくれるので画像のように勝ちを拾えることができます。
このようにオシレーターとも組み合わせることで大きな成果を上げてくれます!

〇バックテスト結果(FX、BO)

BB20 2σ 短期

短期判定

BB20 2σ 中期

中期判定

【仮想通貨(ビットコイン)FX】ボリンジャーバンドの使い方や設定、チャート分析手法を解説


本記事では、仮想通貨(ビットコイン)FXで多く用いられるテクニカル指標の「ボリンジャーバンド」についてを解説していきます。

仮想通貨(ビットコイン)FXのチャート分析で使われる「ボリンジャーバンド」とは?

  • 相場の価格変動幅を予測できる
  • 現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

ボリンジャーバンドを用いる事で相場の価格変動幅を予測できる

  • 1σ〜-1σまでに収まる確率=約68%
  • 2σ〜-2σまでに収まる確率=約95%
  • ボリンジャーバンドについて
  • 3σ〜-3σまでに収まる確率=約99%

ですが、価格が±2σ内までに収まる確率が95%なので、ほとんどの確率でその価格は±2σに落ち着くと考えても良いでしょう。(もちろん収まらない場合もあります。)

現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの見方

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

スクイーズ

スクイーズとは、ボリンジャーバンドの幅が狭まっている状態を言い、主に価格変動幅の少ないレンジ相場で発生します。

エクスパンション

バンドウォーク

バンドウォークとは、バンドに沿ってローソク足が並ぶ事をいい、強いトレンドを示唆する一つの指標となります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドを使ったトレード方法

  • レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り
  • トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り

トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

なので、ローソク足が勢いよく2σを突き抜けるとトレンド入りのサインとなります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの設定方法

TradingView

TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「ボリンジャーバンド」と検索して選択しましょう。

GMOコイン

bitFlyer

ボリンジャーバンドは仮想通貨取引アプリからも確認できる!

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの注意点

  • 他のテクニカル指標と併用しておくこと
  • 必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

ボリンジャーバンドは他のテクニカル指標と併用しておこう

必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

ボリンジャーバンドはそのバンド内に価格が収まる確率を表しており、±2σ内に収まる確率は「約95%」であると上述しましたが、必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではありません。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドのまとめ

ボリンジャーバンドのメリット

  • 相場の価格変動幅を予測できる
  • 現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

ボリンジャーバンドを用いたトレード手法

  • レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り
  • トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

ボリンジャーバンドを用いる際の注意点

  • 他のテクニカル指標と併用しておくこと
  • 必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

FXでのボリンジャーバンドの見方・使い方全まとめ

ボリンジャーバンドの使い方・見方まとめ

テクニカル分析

ボリンジャーバンドの使い方・見方まとめ

ボリンジャーバンドの使い方・見方総まとめ

とれろく

今日は標準偏差、確率論を取り入れたボリンジャーバンドについて、使い方や見方を完全解説します。解説では株取引ではなくFXを事例として使うので、FXトレーダーに非常に役立つコンテンツです。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは標準偏差(確率論)を取り入れたテクニカル指標です。「価格は統計的にこの範囲内に収まる」という範囲を線で表示することで、視覚的に割安なのか、割高なのか見ることが可能です。

ボリンジャーバンドの5本表示

±2σ内に収まる確率が約95.ボリンジャーバンドについて 4%ということは、2σを超えた時に逆張り買いを行えば、約95.4%の確率で価格が戻り、非常に高い確率で勝てる。という狙いの逆張り手法が有名です。

とれろく

とはいっても、ボリンジャーバンドの使い方はそれに留まらず、様々な使い方があります。ここでは有名なボリンジャーバンドの使い方を全てまとめて紹介していきたいと思います。

ボリンジャーバンドの3個の使い方

  1. σ2タッチからの逆張り手法
  2. バンドウォークに乗る順張り手法
  3. 他のテクニカル指標と組み合わせて使う。

特に3の他のテクニカル指標と組み合わせて使うが一番重要なボリンジャーバンドの使い方です。ボリンジャーバンドと相性が良いテクニカ指標は何か?など、この章は一番重要なポイントを解説しています。

σ2タッチからの逆張り手法

σ2タッチからの逆張り手法のチャート画面

ボリンジャーバンドにはσ2にタッチした時点で逆張りする使い方があります。

この統計データを生かした売買手法が、σ2、σ3タッチからの逆張り手法です。レンジ相場であれば確率通り、非常に高い確率で勝てるものの、トレンドが発生した場合、大きな損失となります。

ボリンジャーバンドの逆張り手法が苦手とするトレンド相場のチャート

またFXのデイトレード、スキャルピングであれば取引する時間帯にも注意を払う必要があります。

例)ドル円時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

ドル円1日の時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

データより、日中であれば12時~16時頃がレンジ相場となりやすく、夕方以降は18時~21時までがレンジ相場になりやすい傾向が見て取れます。

とれろく

バンドウォークに乗る順張り手法

ボリンジャーバンドの幅が狭まることをスクイーズ。
バンドの幅が広がることをエクスパンションと呼び、エクスパンションが発生した流れに乗るバンドウォーク(順張り)手法があります。

バンドウォーク手法

バンドウォークは先程の逆張りとは使い方が真逆。σにタッチしたタイミングで、その方向へエントリーします。ただし、次の2点に該当しているか確認し、使う必要があります。

スクイーズは大きなトレンドの発生の前兆であり、さらにスクイーズが発生していると、損切りポイントを設定しやすく、またその幅が非常に小さくなるメリットがあります。

例)ドル円時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

ドル円1日の時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

とれろく

この時間帯はトレンドが発生しやすい特徴を持ち、ボリンジャーバンドのバンドウォークという使い方が最も機能しやすい時間帯です。

他のテクニカル指標と組み合わせて使う。

よって、ボリンジャーバンドの逆張り、順張り。どちらも使う場合は他のテクニカル指標と合わせて使い、ダマし、偽のシグナルを避けつつ売買する必要があります。

ボリンジャーバンドとADXの使い方

ボリンジャーバンドとADXを合わせて使ったチャート画像

トレンドの強さを示すテクニカル指標ADX(Average directional movement index)。ADXは強いトレンドが発生すれば値が上昇し、トレンドが弱くなれば減少するという特徴を持ちます。

とれろく

ボリンジャーバンドとMACDの使い方

ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせて使う

ボリンジャーバンドとMACDのダイバージェンスの使い方

このように2つのシグナルが重なるタイミングで取引するのが理想です。

ただし、FXのデイトレードの場合、時間帯ごとに代わるボラティリティの変化により、MACDが機能しにくい。4時間足以上を使ったスイングトレードにオススメしたい組み合わせです。

ボリンジャーバンドとRSIの使い方

ボリンジャーバンドとRSIの使い方

ボリンジャーバンドの逆張りシグナルであるσタッチ、RSIの逆張りシグナルである売られすぎ、買われすぎシグナルの点灯。このサインが同時に発生していれば、強い逆張りシグナルとなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる