初心者にもわかる

バイナンスでレバレッジを使用する方法

バイナンスでレバレッジを使用する方法
引用:Tradingview

暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用!リスクヘッジ方法について解説

ヘッジ0

ヘッジ7

そのことは、ドミナンス(市場占有率)をご覧頂くと理解できます。

上図は、仮想通貨市場全体における銘柄毎のシェアを表しています。ビットコインの一強状態が継続しているのがわかると思います。ここ数年でメインとなる取引参加者は個人投資家から法人や機関投資家へとバトンタッチしています。大口の資金フローが流入するようになり、流動性の厚さ(マーケットデプス)の側面がとても重要になってきているため、投資先としてビットコインが選ばれているのです。

HEDGE GUIDE編集部後記

国内の仮想通貨取引所の中でも、DMM Bitcoinは9種類の暗号資産(BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、ETC、XLM、MONA)のレバレッジ取引を提供しています。日本円に加えて仮想通貨建ての取引にも対応しており、利用可能な通貨ペアは計16種類に上ります。この機会に、DMM Bitcoinで口座を開設して、ヘッジショートを活用したトレーディング戦略を試してみてください。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

【仮想通貨】BNB(バイナンスでレバレッジを使用する方法 バイナンスコイン)とは?価格動向や今後の見通し・将来性を徹底解説

bnb

定期的にバーン(償却)を行い、価値を高めている

引用:BNBBurn.info

当初はバイナンスの収益に応じて償却量が決められていましたが、2021年12月の BNBコミュニティの決議に従い 、価格とブロック数、つまりBSC(バイナンススマートチェーン)上の活動量に応じた、 より客観性と透明性の高い仕組み となりました。

つまり、 BSCの利用ユーザーが増えるほどBNBの償却量が増加し、よりデフレが進むことで価値も増加する ことになります。

したがって、今後もBSC(バイナンス・スマート・チェーン)のユーザー拡大に将来性を感じる、と思われる場合には、BNBの取引を検討してみるのも手段の1つです。

BNBの取引は、bitFlyerなどの国内取引所を経由して、海外取引所に送金するとスムーズですので、興味を抱いた方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ バイナンスでレバレッジを使用する方法 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BNBの現在の価格動向

ここで、BNBの現在の価格動向を見ていきましょう。

以下は、2022年3月から5月の価格チャートです。

bnb-about

引用:Tradingview

おおよそ 350USDから460USDの間を推移 していること、 3月後半から4月にかけては、緩やかに上昇している 事が分かります。

その後、ステーブルコインの騒動による仮想通貨全体の下落を受けて価格を下げています。

尚、現在BNBは国内取引所での取り扱いがないため、海外取引所にて入手することになります。

「国内取引所に上場していない」「海外取引所での取引」と聞くと慎重になる方もいらっしゃるかもしれませんが、冒頭の表に記載した通り、BNBは仮想通貨の時価総額ランキング5位のコインです。

時価総額が高いということは、それだけ多くの資金が投資されている、つまり流動性が高いということを意味します。

もちろん仮想通貨自体の価格の上下は激しいですが、 ランキングが低いコインと比較すると、価格の乱高下は抑えられる、と見ることも出来ます。

BNBのこれまでの価格動向

次に、BNBのこれまでの価格動向を見ていきましょう。

イーサリアムのガス代高騰とDeFiブーム

2021年2月、BNBは価格の急騰を見せました。

イーサリアムのガス代高騰とDeFiブーム

引用:Tradingview バイナンスでレバレッジを使用する方法

2月の始値は50USD前後だったにも関わらず、終値は210USD、一時は最高値の348USDを記録する程 の急激な上昇でした。

この価格高騰の背景としては、イーサリアムのガス代(決済手数料)が高騰したことから、手数料が低く抑えられているBSC(バイナンススマートチェーン)の利用者が増加したこと、DeFi利用者の増加の2点であると考えられています。

この出来事をきっかけに、BNBは時価総額を一気に上昇させ、当時はビットコイン、イーサリアムに続く 時価総額ランキング3位 にまで登りつめました。

ビットコインと連動した急落

2021年5月、BNBは600USD台で推移していた価格を、 1ヶ月間で300USD台前半にまで落としました。

ビットコインと連動した急落

引用:Tradingview

同じタイミングで、ビットコインも価格が下落しており、 2つの通貨の値動きは、以下のチャートの通り、相関性があります。

BNBとビットコインチャート

引用:Tradingview

2021年の約1300%の値上がり

アメリカ発の経済ニュース専門サイトFortuneによると、たったの 1年で約1300%の価格上昇 を記録したのです。

具体的に価格を確認すると、2021年の始値は37.4USDである一方、12月31日の終値は511.4USDでした。

チャートを見ると、2021年初頭は低く推移していた価格が、複数回の乱高下を見せながらも、着実に上昇していったことが見て取れます。

2021年の約1300%の値上がり

引用:Tradingview

この背景として、 BNBがスマートコントラクトを実装出来るだけではなく、BSC(バイナンススマートチェーン)がイーサリアムと互換性を持っていること、海外取引所のバイナンス上でも広く使用用途を持っている ことが挙げられます。

このように、BNBBSC(バイナンススマートチェーン)は、メジャーな取引所が発行するスマートコントラクトプラットフォームの先駆けであることが評価されたのです。

よって、バイナンス自体や、BSC(バイナンススマートチェーン)が継続して成長する、と期待ができる方は、今からBNBへの取引を検討されると良いでしょう。

現在、BNBは海外取引所のみで取引が可能なので、bitFlyerなどの国内取引所を経由して取引をすると良いです。

これまでの価格動向をみてBNBの将来性を感じた方は、日本での運営実績が比較的長いことで信頼されている、bitFlyerの公式サイトをご覧になってみてください

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BNBの今後の見通し・予想

次に、BNBの今後の見通し・予想を見ていきましょう。

前述の通り、BNBBSC(バイナンススマートチェーン)の拡大とともに利用が増えるため、ここでは BSCの展望を中心に解説 していきます。

2022年のロードマップ発表

2022年のロードマップ発表

引用:https://www.bnbchain.world/zh/blog/bsc-2022-build-and-build/

2021年1月26日、公式ブログ上にて、BSC(バイナンススマートチェーン)の2022年の展望を示す、ロードマップが公開 されました。

それによると、BNBの開発チームは、2022年中に以下の3点に重点的に取り組むと発表しました。

  • BSC2021(現行のBSCのバージョン名)の拡大
  • BNBエコシステムを、クロスチェーンやマルチチェーンに拡大
  • コミュニティの強化とタレントの育成

ご覧の通り、具体的なユースケースや提携に言及するのではなく、BSCの開発者や利用者の継続した拡大に対応できる技術面や、BSCに関わる優秀なプログラマー人材を引きつける、という 「技術面」と「人材面」に注目されている ことが分かります。

もしこの発表通りに計画が実行されれば、 BSCを利用したdAppsの開発が進み、その中でヒットするアプリが登場することで、自ずとBSCやBNBの利用者は増え、価値も向上していく 、と見ることが出来ます。

BSC上のDeFiへの資金流入

DeFiにまつわるあらゆるデータをまとめた海外サイトDeFi Liamaによると、 BSCネットワーク上のTotal Value Locked金額は、約103億ドル(約1兆3000億円)に昇る とのことです。

この金額は、イーサリアムの約806.7億ドル(約10.2兆円)の 10分の1の規模まで迫っています。

また、全てのDeFi上のTotal Value Locked金額である、約1570億ドル(約19兆8,700億円)と比較すると、 BSCのDeFi市場シェアは約20分の1の規模と、リリースから2年以内のネットワークとしては急激な成長を見せていることは確か です。

一方、Total Value Locked金額の推移を見ると、2021年5月の爆発的な増減の後、金額が伸び悩んでいると見ることも出来ます。

Total Value Locked金額の推移

引用:DeFi Liama

BSC上のdAppsは、約80%がDiFiであるため、BSCやBNBの将来性は、開発されるDeFiの数やユーザーの拡大に直結していると言えます。

また、イーサリアムやBSCの競合となるレイヤー1、レイヤー2ネットワークの数多くの登場も、BSC上で開発されるDeFi数に影響します。

他のレイヤー1、レイヤー2と比較した際に、魅力的なネットワークで有り続けられるかが、今後のBSC、BNBの価値を決める と考えられているのです。

2025年までの価格予想

ここで、2025年までの価格予想を見ていきましょう。

尚、本記事執筆時点での、BNBの価格は398.78 USDです。

2つの海外サイトによると、2022年、2025年まで共に、大変ポジティブな予想がされています。

2022年末には1.2倍以上2025年末に至っては最低でも3.3倍の成長が見込まれており、BNBの将来性を期待される方にとって、 もし上記予想が実現したら、現在価格は大変割安 と考えられるでしょう。

入手したいと思った時に、すぐ取引できるよう、日本円を他の仮想通貨に交換しておくために、まずはbitFlyer公式サイトを確認してみてください。

海外取引所での仮想通貨取引はバレない?税金や確定申告の注意点を解説

日本と各国とで締結している租税条約等に基づく情報交換により、日本の国税庁は必要であれば情報の収集・提供を海外の税務当局に要請することができます。仮想通貨取引所が数多く存在しているアメリカやヨーロッパ各国、中国、香港などと租税条約を締結しています。
租税条約等に基づく情報交換(国税庁)

また、日本の取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金した履歴や出金履歴、クレジットカードの履歴などが残るので申告漏れを疑われる可能性は高いです。

仮想通貨の海外取引所を利用する際に税金面で注意すべきこと

仮想通貨の利益の発生タイミングを把握しよう

「仮想通貨取引による利益が20万円を超える場合、確定申告が必要になる可能性がある」と述べましたが、この「20万円」は「取引所から日本円を出金した金額」というわけではありません。

海外取引所で利益を出しているにも関わらず、日本円に換金していないから大丈夫だと思って確定申告をしないといったことがないように利益の発生するタイミングを把握することが重要になります。

計算ソフトが対応していない仮想通貨海外取引所も多い

なお、仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」では、対応してない海外取引所でも共通フォーマットを使って取引データをアップロードすることができます。

また、仮想通貨の確定申告を専門家にすべておまかせできるサービス「Guardian」なら、国内、海外の取引所すべての取引に対応しています。

【最新版】Binance(バイナンス)でレバレッジ取引!最新版先物クイズ解説・初心者向けに使い方を徹底解説します。

バイナンスでUSDT(テザー)をクレジットカードや銀行振込で購入する方法【Binance】 仮想通貨のDeFiやステーキングなど、様々な場面でUSDT(テザー)が必要になるときってありますよね。 ただ、今までは国内取引所.

クレカで購入 :クレジット/デビットカードでの購入が可能です。

ウォレット宛に送金 :他の取引所(国内・海外販売所など)を利用してバイナンスのウォレットアドレスに送金する。

②先物口座に振替

  1. 画面右下の『ウォレット』をタップ
  2. 画面上の『先物』をタップ
  3. 『振替』をタップ
  4. 『USDTーM先物』をタップ
  5. 振替元と振替先の確認をし金額の指定
  6. 『転送を確認』をタップ

レバレッジ(先物)取引のトレード方法(レバレッジ125倍)

Binanceの取引可能ペアは100種類以上あり、 最大レバレッジは125倍 バイナンスでレバレッジを使用する方法 になります。

通貨ペアによってレバレッジの幅は異なります ので、利用する際に確認してください。

Binanceは2021年7月16日にレバレッジ取引の上限を20倍に引き下げる事を発表しています。新規ユーザーから適用し徐々に全ユーザーへと反映する予定になっています。

先物クイズ

このクイズを100%合格すると取引開始することができますので、『クイズを開始』からスタートしてください。

注文内容の設定

  1. マージンの設定:分離・クロスどちらかを選択。
  2. レバレッジの設定:最大125倍。(通貨によって異なる)
  3. 価格数量の設定:指値・ポストオンリー・市場・スポットリミット・ストップマーケット・トレーリングストップと種類が豊富です。詳細を知りたい場合は、選択後左にある『 i 』をタップで確認してください。
  4. ポジションを持つ:上がると予想する場合は『ロング』/下がると予想する場合は『ショート』を選択し購入で完了です。

マージンの設定/レバレッジの設定/価格数量の設定 をし、売り(ロング)・買い(ショート)どちらかでオーダーすることでポジションを持つことができます。

この中で特に注意してほしいのが『レバレッジ数』です。レバレッジを上げるほどリスクも高くなりますので高く設定する際はタイミング・数量・証拠金など考慮する必要があります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)おすすめのレバレッジ倍率とは?トレード方法や取引所の最大レバレッジも紹介 今回の記事では、仮想通貨FX(ビットコインFX)の『レバレッジ』について解説していきます。 仮想通貨FX(ビットコインFX)では.

利確(決済方法)

  1. ポジションを閉じるをタップ
  2. 種類の選択
  3. 金額の選択
  4. 確認をタップ

TP/SLの設定

トレード画面でTP/SLという表記をよく見かけると思います。

TPとは決済指値のことを言い 『利食注文』 とも言われます。逆にSLは損切り指値のことを言い 『損切注文』 とも言われます。

利益を最大化する為に『TP(利食い注文)』をする。

損失の広がりを抑える為に『SL(損切注文)』をする。

そんなときにSL(損切り注文)を設定し今でているプラスの利益をマイナスにしない為に活用したり、損失が出ているときにこの価格よりは 損失を広げたくない場合 に活用することをおすすめします。

お問い合わせについて

気になることや困ったことが出てきた場合は、 バイナンスサポートか先物取引の右上のよくある質問 を活用してください。

バイナンスサポート

よくある質問

BINANCE(バイナンス)先物クイズの解説

1.先物取引を行った場合の最大損失額とは?

正解:すべての先物ウォレット残高

レバレッジ取引は証拠金取引とも言われます。そのため、クロスマージンにて先物取引を行った場合のロスカットは、すべてのウォレット残高(証拠金)を失う可能性があります。

2.先物残高を清算する場合、どのような価格を基準にしますか?

正解:マーク価格

最終価格は契約が取引された最終価格を意味し取引履歴の最後の取引を定義しますが、マーク価格は、複数の主要取引所のリアルタイムのスポット価格を反映した価格になり価格操作を防ぐように設計されています。

そのため、BINANCEだけでなく、他の取引所含め仮想通貨市場の価格に合わせる必要があるのでマーク価格が正になります。

3.先物が強制的に清算された後、ポジションの損失に加えて、保険清算料(= ポジションの名目価値 * 清算手数料率)が発生し、お客様の先物ウォレットの残高がゼロになってしまう可能性があることをご存知ですか?

正解:はい、保険清算手数料の存在と計算方法および、残高がゼロに戻る可能性のあるリスクについて認識しています。

証拠金取引には、手数料が発生します。そのため、運用資金だけでなく手数料も考慮する必要があります。

4.各先物の注文数には上限があります。どのようなアクションをするべきでしょうか?

正解:最大数量制限に達した場合、注文は失敗し、エラーが表示されます。この時点で、注文をいくつかの小数量に分割する必要があります。

5.ストップマーケット注文を使用する場合、次のうちどれが適用されるでしょうか?

正解:ストッププロフィットとストップロス価格のトリガー後は、成行価格で即時に取引が実行され、取引価格がトリガー価格と一致しない場合があります。

ストップマーケット注文は、自分で指定した価格に達した際に実行される注文方法です。実行される際『成行注文』で取引されるので、実行された取引価格とトリガー価格(指定した価格)が一致しない場合はあります。

6.ストップリミット注文を使用する場合、次のうちどれが正しいのでしょうか?

正解:ストップ決済価格およびストップロス価格のトリガー後、注文はすぐに指値価格に設定されますが、価格が変動したため、指値注文が必ずしも満たされるとはかぎりません。

ストップリミット注文は、ストップマーケット注文同様に自分で指定した価格に達した際に実行される注文です。違う点としては、『指値注文』で取引されるのですぐにポジションになるわけではないです。そのため、価格が変動したとしても指値価格を満たされるとは限りません。

7.先物取引を行う上で、どのような行為を避けるべきですか?

正解:強いギャンブル依存症、トレーディング依存症、継続的な損失、他者を非難すること。

感情になりがちなトレードは避けるようにしましょう。

8.先物取引を継続するために、私は:

正解:先物取引を行う際のルールとリスクは理解しており、取引で発生した損失はプラットフォームに関係なくお客様自身の責任であることに同意します。

利用契約の確認になります。

9.ネットワークの遅延、システム障害、その他バイナンス先物サービスの実行の中断または逸脱につながる可能性のあるその他の要因により、バイナンスはバイナンス先物サービスシステムが効果的に実行されることを保証するために商業的に合理的な努力を行いますが、保証するものではありません。バイナンスは、上記の要因により、最終的な実行結果については債務不履行の責任を負いません。

正解:同意する

利用契約の確認になります。

10.利益と損失(PnL)は、次の式によって計算されます:

正解:ポジションのクローズ後、始値と終値に応じて実際の損益を計算します。

利益・損失については、ポジションのクローズ後に求められます。

基本の証拠金の計算方法はこちらの記事を参考に理解を深めてみてください。

11.恒常的な取引に失敗した場合、以下のことを行う必要があります

正解:ネットワークを確認し、顧客サービスの情報を保持します。

取引に何度も失敗してしまう場合は、お問い合わせから問い合わせしてください。

12.先物手数料は以下の通りです:

正解:ポジションには、注文手数料に加え、資本費用や清算費用がかかります。

先物取引には、様々な手数料が存在します。

証拠金取引について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考に理解を深めてみてください。

13.コインマージン先物取引では、証拠金として使用できる通貨の種類は次のとおりです:

正解:この先物の通貨。

どの通貨でも利用できるわけではありません。利用される前に先物通貨を確認しておきましょう。

14.バイナンス先物のサービスが停止した場合、お客様は「すべてのポジションをクローズ」機能を使用して、すべての注文をキャンセルし、すべてのオープンポジションをクローズすることができます。ただし、予測不可能な要因により、本機能の最終的な実行結果がお客様の期待と異なる可能性があり、バイナンスは最終的な結果に対して責任を負いません。

正解:同意する

利用規約の確認になります。

Binance(バイナンス)のレバレッジ・先物取引まとめ

仮に5000円の資金を100倍のレバレッジで運用するとすると、50万円分のポジションを持つことができてしまいます。BINANCE(バイナンス)の場合 最小0.001BTC・0.001ETH からトレードが可能なので余剰資金がある方はトレードしながらいろいろな運用方法を勉強してみてもいいかもしれません。

みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。

海外の仮想通貨取引所にはリスクがある?メリット・デメリットを検証

Binance(バイナンス)
bybit(バイビット)
CryptoGT(クリプトジーティー)
FTX(エフティーエックス)
MEXC(MXC)
BaseFEX(ベースフェックス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Gate.io(ゲート)
Bitstamp(ビットスタンプ)
Bittrex(ビットトレックス)
Poloniex(ポロニエックス)
KuCoin(クーコイン)
UPbit(アップビット)
Bithumb Global(ビッサムグローバル)
Bitforex(ビットフォレックス)
Bit-Z(ビットジー)

coincheck

この中でもBinanceは取引量世界No.1を誇る中国系の仮想通貨取引所です。bybitは日本語完全対応で、日本国内でも一部で人気のあるシンガポールの仮想通貨取引所です。

仮想通貨海外取引所を利用するリスク

海外取引所,

海外の仮想通貨取引所には、手数料が安いことや高いレバレッジをかけられることなど、さまざまなメリットがあります。しかし、デメリットも多いのが事実です。

そこで、この章では海外取引所で取引する際に潜む6つのリスクについて紹介します。

詐欺やハッキングの被害

2016年に、当時最大規模だった海外の仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)がハッキングされ、70億円超のビットコインが流出しました。規模が大きいからといって、流出リスクと無縁ではないことがわかります。

高すぎるレバレッジ

レバレッジ

レバレッジが高いと大きなリターンを狙える一方で、大きく損をしてしまうリスクがあります。仮に元手10万円をレバレッジ100倍で取引したとすると、1%マイナスになっただけで、元手が失われてしまいます。

初心者がハイレバレッジで取引すると、ロスカットルールによって強制決済され、損失が生じることになりかねません。海外の仮想通貨取引所でレバレッジの高い取引をすることは、ハイリスクだと十分理解しておきましょう。

国内と異なる法制規制

海外の仮想通貨取引所を利用するなら、安全性にかかわる法律や規制についても十分な情報収集をする必要があります。

金融庁が注意を促している

掲載されている無登録業者は、警告書の発出を行った時点で資金決済に関する法律第63条の2の規定に違反し、無登録で暗号資産交換業を行っていることが確認できた者です。そのため、掲載されていない者であっても、無登録交換業に該当する行為を行っていることがあり得ますのでご注意ください。

引用元:無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について : 金融庁HP

しかし、金融庁の認可を受けたわけではないので、いつまた規制されるかは分かりません。

総合ランキング

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
取引所

手数料比較

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
取引所

取扱通貨数比較

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
取引所

日本語対応の取引所が少ない

coincheck

日本円を直接入金できない、入出金がスムーズにできない

おすすめの仮想通貨取引所3選

スマホアプリダウンロード数ナンバーワン - コインチェック

コインチェック

Coincheckの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

コインチェックが向いている人

コインチェックが向いている人はいろいろな通貨の購入を考えている人だ。取扱い通貨数は国内最多の17種類で、マイナーなアルトコインまで揃っているので上級者も満足できるだろう。

コインチェックが向いていない人

コインチェックが向いていない人はレバレッジ取引をしたい人だ。コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していないため、現物取引のみとなっている。

Coincheck(コインチェック)の評価ポイント

①国内取引所最多の17通貨を扱っている
②取引手数料が無料
③初心者にも使いやすい作りのアプリ

安心・安全のセキュリティ体制 - DMM Bitcoin

DMM bitcoin

バイナンスでレバレッジを使用する方法 バイナンスでレバレッジを使用する方法
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:11通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM,ETC,OMG,ENJ,BAT,MONA,XYM)
レバレッジ:15通貨
(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG,XTZ,ENJ,XYM)
最低取引数量 ビットコイン0.0001BTC
イーサリアム0.01ETHなど
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料(※)
入金手数料 無料(※)
出金手数料 無料(※)
レバレッジ取引 2倍

現物取引できる通貨は11種類と少ないですが、15種類の仮想通貨が仮想通貨FXに対応しています。スプレッドを気にせずミッド(仲値)で取引できる「BitMatch」という注文方法も人気です。また、画面を4分割したり、自在に拡大したりできるアプリも人気で、使い勝手には定評があります。

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。15種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全21種類と豊富に用意されている。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできない。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料
②豊富なレバレッジ可能通貨数
③LINEでの問い合わせが可能

顧客満足度が高い - GMOコイン

GMOコイン

バイナンスでレバレッジを使用する方法 バイナンスでレバレッジを使用する方法 バイナンスでレバレッジを使用する方法
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 18通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,バイナンスでレバレッジを使用する方法 QTUM,ENJ,DOT,ATOM,ADA,MKR,DAI,LINK)
取扱通貨数(取引所) 11通貨
(レバレッジ・現物取引共:BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,
現物取引のみ:XEM,XLM,BAT,QTUM,XYM,MONA)
最低取引数量 ビットコイン0.00001BTC
イーサリアム0.001ETHなど
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍

GMOコインが向いている人

GMOコインが向いている人はすぐに取引を始めたい人だ。口座開設には時間がかかる取引所も多いが、GMOコインでは最短10分で取引を開始することができる。

GMOコインが向いていない人

GMOコインが向いていない人は主に販売所形式で取引したい人だ。取引手数料は無料となっているが、実際にはレバレッジとして手数料が発生しており、広めに設定されている。

GMOコインの評価ポイント

①イーサリアム含め20通貨を扱っている
②積み立てが可能
③大手GMOグループの高いセキュリティ

金融庁に登録されている仮想通貨交換業者登録一覧

株式会社マネーパートナーズ
FTX JAPAN株式会社
ビットバンク株式会社
SBI VCトレード株式会社
GMOコイン株式会社
フォビジャパン株式会社
BTCボックス株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
TaoTao株式会社
Bitgate株式会社
株式会社BITOCEAN
コインチェック株式会社
楽天ウォレット株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社
エクシア・デジタル・アセット株式会社
FXcoin株式会社
オーケーコイン・ジャパン株式会社
Payward Asia株式会社
CoinBest株式会社
株式会社デジタルアセットマーケッツ
株式会社マーキュリー
株式会社coinbook
東京ハッシュ株式会社
Coinbase株式会社
株式会社Crypto Garage
株式会社Zaif
株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
株式会社ガイア

仮想通貨海外取引所を使うメリット

海外取引所

安価な手数料

仮想通貨取引にかかる実質的な手数料として、スプレッドがあります。スプレッドとは、売値と買値の差のことです。海外の仮想通貨取引所は、国内の仮想通貨取引所と比べてスプレッドが狭い傾向があります。

取扱通貨のバリエーションが豊富

仮想通貨

高いレバレッジがかけられる

レバレッジ,暗号資産

国内の仮想通貨取引所のレバレッジは、一般的には2倍程度です。一方海外では、レバレッジ100倍で取引できる仮想通貨取引所も少なくありません。全取引所No.1のレバレッジを誇るCryptoGTでは、最大500倍ものレバレッジをかけられます。

ボーナスキャンペーンが豊富

ゼロカットシステム

ゼロカット(追加証拠金なし)システムとは、損失が一定以上になっても、業者がマイナス分を補てんしてくれるシステムのことです。日本では、ゼロカットシステムが禁止されています。そのため、ゼロカットシステムの恩恵を受けるなら、海外の業者を利用しなければなりません。

ただし、損失が膨らんだら、ロスカットによって強制的に決済されてしまうことには変わりありません。ゼロカットシステムによって借金が発生せずとも、現在の資産が失われてしまうリスクはあるため、十分注意しましょう。

海外の仮想通貨取引所でリスクを抑えて取引する方法

2段階認証の設定

coincheck

無茶なレバレッジは厳禁

ハードウェアウォレットによって通貨データを管理

ハードウェアウォレットとは、インターネットから切り離して仮想通貨を保管できるウォレットのことです。ハードウェアウォレットを利用することで、ウォレット内の仮想通貨を安全に保管できます。海外の仮想通貨取引所を利用するなら、こちらをしっかり活用しましょう。

仮想通貨海外取引所と仮想通貨国内取引所はどちらを利用すべき?

ここまで、海外の仮想通貨取引所のメリット・デメリットを解説してきました。結論から言うと、初めて仮想通貨に投資するのであれば、金融庁が登録している国内の仮想通貨取引所で取引を始めるのが安全です。

海外仮想通貨取引所とは?

CEX(中央集権取引所)バイナンスでレバレッジを使用する方法

仮想通貨取引所には、CEXとDEXの2種類があります。CEXは「Centralized Exchange」の略で、日本語では中央集権取引所といいます。CEXでは、仮想通貨の売買をするユーザーは「秘密鍵」を 取引所に預けます。

日本円をはじめとした法定通貨を仮想通貨に換金できること、簡単に取引を始められることなどがメリットです。

一方、通貨が取引所に集中することや、秘密鍵の管理をゆだねることなどから、ハッキングなどで仮想通貨や情報が流出するリスクが高まります。運営会社が倒産するリスクも考慮しなければなりません。また、口座開設には本人確認手続きが必要で、取引を始めるまでに時間がかかります。

coincheck

DEX(分散型取引所)

DEXは「Decentralized Exchange」の略で、日本語では分散型取引所といいます。CEXの流出リスクなどの問題点を解決するために登場した、比較的新しい形態の取引所です。

DEXでは、仮想通貨を売買するユーザー自身が「秘密鍵」を管理します。また、仮想通貨はブロックチェーン上に分散して保管されるため、一ヵ所に集中することがありません。このことから、ハッキングによるリスクを限りなく下げられることがメリットです。また、本人確認等の手続きをせずとも口座を開設できるので始めやすいのも特徴です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる