バイナリー オプション

FXにかかる手数料の種類は

FXにかかる手数料の種類は
引用:tradingview

仮想通貨The Graph(GRT)とは?特徴や将来性・今後の見通しを徹底解説

GRT

有名プロジェクトで利用されている

引用元:The Graph

The FXにかかる手数料の種類は Graphの検索機能は、スシスワップやユニスワップといったDEX(分散型取引所)やポリゴンやAAVEといった有名プロジェクトで利用されています。

    …分散型取引所(DEX) …分散型取引所(DEX)
  • Decentraland…メタバースゲーム (Protocol V2)…DeFi系の金融サービス

また、これらの他に 31,000以上のサービスですでにサブグラフが利用されています。

DMM Bitcoinは、最短即日でアカウント作成が完了し最速で申し込みから1時間で取引を開始できるので、取引アカウントをお持ちでない方はDMM Bitcoin公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

The Graph(GRT)の現在の価格動向

ここでは、The Graph(GRT)の現在の価格動向を見ていきましょう。

The Graph(GRT)の現在の価格動向

引用:tradingview

年初時点では、$0.7あった価格も現在は$1.4ほどまで下落しており、半年間大きな反発もないまま推移しています。

今年は、ビットコインをはじめほとんどの銘柄が価格を落としているので、GRTの価格も減少しています。

取引を検討している人はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

The Graph(GRT)のこれまでの価格動向

続いてThe Graph(GRT)のこれまでの価格動向を見ていきましょう。

2020年1月18日〜2020年12月31日

2020年1月18日〜2020年12月31日

引用:tradingview FXにかかる手数料の種類は

The Graph(GRT)は、2022年12月17日にバイナンスに上場しました。

始値$0.03から取引が始まり4日後の12月21日には$0.78を記録して、 およそ25倍の値上がりをしています。

しかし、その後は徐々に価格を落とし$0.35で2020年を終えています。

2021年1月1日〜2021年12月31日

2020年10月20日〜2020年12月31日

引用:tradingview

The Graph(GRT)は、2021年に入ると大幅な上昇を記録します。

2020年の上場後下がっていた価格は、1月12日ごろから上昇しはじめて翌月には$2,78付近まで価格を上昇させました。

この上昇は、2020年後半から始まっていた DeFiブームの影響と考えられます

DMM Bitcoinは、国内最多のレバレッジ銘柄数を誇る仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引に興味がある方はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

The FXにかかる手数料の種類は Graph(GRT)の今後の見通し・予想

The Graph(GRT)の今後の見通し・予想についてまとめたのでそれぞれ解説していきます。

多くのプロジェクトと連携している

The Graph(GRT)はすでに多くのプロジェクトやサービスと連携しているので、今後も非常に期待できます。

現時点では、The Graph(GRT)に変わるような検索サービスを提供するプロジェクトは少なく、その中でも多くのシェアを獲得しているThe Graph(GRT)は今後も伸びていくと予想されています。

また、ユーザーはThe Graph(GRT)のように細かく検索できる機能を求めているので多くの需要はあると言えるでしょう。

The Graph(GRT)がさらに利用されるようになれば、他のプロジェクトでも利用されるようになるので、大きな期待が持てます。

有名投資家から出資を受けている

The Graph(GRT)は、有名投資家から出資を受けています。

引用元:The Graph

画像を見てわかる通り、 Coinbase Venturesや、Compound といった所から出資を受けているので、非常に高い期待を持たれています。

また、最近ではGRTトークンを売却して 約55億円もの資金を調達しており 、トークン売却時にはフィンテックコレクティブやフェンブシキャピタルといった投資家がトークンを購入しているのです。

WEB3の発展

これからの時代は、WEB3の業界が伸びていくのでこの流れもThe Graph(GRT)にとってプラスになると言えます。

現在は、Googleのような中央集権的な企業がサービスを提供していますが、 WEB3の時代ではThe Graph(GRT)のような非中央集権的な組織が大きく成長していくと考えられています。

すでにWEB3の業界で多くのサービスに取り入れられているThe Graph(GRT)は、WEB3の基盤になる可能性があるので、こういった面でも非常に期待が持てます。

The Graph(GRT)の買い方

ここからは、The Graph(GRT)の買い方を紹介していきます。

国内取引所のアカウントを作成

DMMbitcoin-Top 出典:DMM Bitcoin
名称DMM Bitcoin
暗号資産数19種類(レバレッジ取引含む)
売買手数料無料※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引に特化した取引所で、 国内最多の15の銘柄でレバレッジ取引が行えます。

また、長期にわたって金融サービスを提供してきた経験を活かして、高いセキュリティを構築しており安心して取引できます

さらに、取引にかかる手数料が無料なので、手数料を気にせず取引ができるのも特徴です。

現在、仮想通貨取引用のアカウントをお持ちでない方は、DMM Bitcoin公式サイトから詳細を確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

海外取引所のアカウント作成

以下は、The Graph(GRT)を取引できる取引所です。

ただ、 これらの取引所は金融庁の認可を受けた取引所ではないので、その点は頭に入れておいてください。

国内取引所から送金

DMM Bitcoinでは、送金手数料無料なのでどの通貨を送金しても構いませんが、BTCやETHを送金するとそのまま取引できるのでスムーズです。

GRTの取引

海外取引所へ送金が完了したらGRTを取引します。

The Graph(GRT)に関するQ&A

The Graph(GRT)に関するQ&Aをまとめました。

  • The Graph(GRT)の情報はどこで入手できる?
  • The Graph(GRT)は誰でも利用できる?

The Graph(GRT)の情報はどこで入手できる?

The Graph(GRT)の情報は、以下のSNSで入手できます。

The Graph(GRT)は誰でも利用できる?

The Graph(GRT)は誰でも利用可能です。

The Graph(GRT)のまとめ

The Graph(GRT)の特徴や将来性について解説しました。

  • The Graph(GRT)は、ブロックチェーン界のGoogleと言われている
  • The Graph(GRT)は、ブロックチェーン上で検索機能を提供している
  • The Graph(GRT)は、分散化されたプロジェクト
  • 数多くのプロジェクトと提携・出資を受けている

The Graph(GRT)は、他のプロジェクトのサービスを支えるサービスを提供しています。

検索機能は、どのサービスにも求められる機能ですし、 質の高いサービスを提供するとなれば必然的に必要になります。

DMM Bitcoinでは最短即日、 最速で1時間でアカウント作成が完了するので 、アカウントの作成をお考えの方はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる