無料講座

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
出所:ネム財団

ずっと使えるFXチャート分析の基本 シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方 仮想通貨や株にも応用できる

投稿元:

わかっていたようで理解できていなかったローソク足チャートからの情報の読み取り方が、正しく理解できた気がする。
具体的な事例なども数多く載っており、実際の取引の参考になる本だと思う。
むしろこれを知らずにトレードしていたかと思うと怖くなる。終了

投稿元:

FXの場合は、4本値で重視するのは高値と安値。
高値更新か安値更新か。
朝一で、高値安値の抜けを確認すれば、相場分析ができる。
ローソク足2本の組み合わせを覚える。
1,高値更新で安値切り上げ、
2,高値更新かつ安値更新、
3,安値更新で高値切り下げ、
4,高値も安値も更新せず。
ダウ理論の高値安値は、左右の飛び出した高値安値。それを組み合わせると方向性がわかりやすい。

多数派についていく。安易に逆張りしない。特にFXでは。 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
値動きについていくつもりで。
損切りポイントは、前か前々の安値を切るライン。
さらにレンジブレイクすれば、損切ラインをずらす。

レンジ内で推移しているときは取引しない。
レンジブレイク後に止まったら、上下に逆指値の注文を置く。またブレイクすれば買い増し。
損切り幅が大きすぎると思ったら、そもそもエントリーしない。
時間軸を変えてみて、ほんとうにブレイクかを確かめる。
かならずレンジはブレイクする。

値動きが難しいと感じたら、元となるレンジを探す。たいていはレンジ相場。
広いレンジになったら取引を休む。
レンジの期間が長くても、必ずブレイクする。

投稿元:

相場が動く理由は単純
・価格が下がる理由=買いが多い
・価格が下がる理由=売りが多い 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
これだけ

投稿元:

投稿元:

■読了時間 2時間47分
■この本をオススメする人
・FXやCFDで勝てない方
・デモトレードで練習中の方
■感想
私はFXではなく、CFDで金(ゴールド)をトレードしていますが、ゴールドや株、仮想通貨にも応用できるチャート分析の基礎が書かれた良書でした。

投稿元:

FXの技術を身につけたい人にかなりおすすめ。
FXの本質である「値動き」についてかなり詳しく解説してくれているので、読み終わった後チャートの見え方が変わる。
そして自然とダウ理論の基礎が身につく。

シンボル(XYM)とはどのような仮想通貨?特徴や将来性を紹介

シンボル(XYM)とはどのような仮想通貨?特徴や将来性を紹介

シンボル建設工程管理システム

出所:ネム財団

進行中のプロジェクトが、どの段階まで進んでいるのかという状況をトラッキングしてほぼライブで共有できます。
さらには、 計画そのものと現状とのズレを分析することで、効率化を図り 続けることができます。
そして進捗状況は、従業員だけでなく顧客も簡単に状況を共有することができます。

シンボルのブロックチェーンを利用することで、改ざん不能な建設工程管理システムとして機能することになります。

3 DeFi市場への参入

Fantomは、ブロックチェーンの処理能力などの性能や安全性を追求しており、この提携によりシンボルがFantomのブロックチェーンネットワークのひとつとなる可能性が出てきました。

XYMを売買できる取引所

GMOコイン

GMOコインの評判・口コミトップ画像

月間取引量が国内トップクラスを誇り、 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 ビットコインの取引高では長年トップにいたbitFlyerを抜いて2021年4,5月は堂々の1位 になりました。

他にもコスモス(ATOM)やオーエムジー(OMG)などのアルトコインも多く取り扱っているので、他のアルトコインを取引したくなったときにわざわざ他の取引所を開けるという手間は幾分か少なくなります

IPO カレンダー

新興市場見通し:ハイグロース復調続かず?短期の中小型株物色に活路

今週の新興市場では、日経平均とともにマザーズ指数も週間ベースで反発した。 マザーズ指数は実に7週ぶりの上昇となる。 今週も米国では小売り大手の業績悪化などから経済の先行き懸念が強ま.

日経平均株価27,318.50+536.82+2.00%
日経225先物 (F)27,323.0+163.0+0.60%
韓国総合株価指数2,668.61+30.56+1.16%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,462.19+230.90+1.62%
S&P/ASX 2007,253.80+71.10+0.99%
米ドル指数101.610-0.088-0.09%
仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
1,855.85+4.55+0.25%
原油 WTI116.00+0.93+0.81%
22.158+0.062+0.28%
米国綿花2番139.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 20-1.41-1.00%
排出権83.98-0.78-0.92%
米国シカゴコーン776.00+11.60+1.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 52%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
ドル/円127.03-0.09-0.07%
ドル/ウォン1,248.59-9.77-0.78%
ユーロ/ドル1.0739+0.0012+0.11%
ユーロ/円136.41+0.06+0.04%
トルコリラ/円7.7785-0.0412-0.53%
豪ドル/円91.07+0.34+0.37%
ポンド/円160.52+0.17+0.10%
仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
大塚ホールディングス4,390.0+59.0+1.36%
ソフトバンクグループ5,375.0+34.0+0.64%
トヨタ自動車2,115.5+31.5+1.51%
三菱UFJフィナンシャル・グループ738.1-0.7-0.09%
ブイ・テクノロジー2,885.0+59.0+2.09%
東芝5,831.0+71.0+1.23%
みずほフィナンシャルグループ1,535.5+14.0+0.92%

NYの視点:9月時点で米利上げ停止の可能性?

今週のマーケットにおける注目点トップ5

27日のNY市場は上昇

米国株式市場は大幅続伸、物価上昇率の鈍化を好感(27日)

東京為替:米国株高を意識してドル売り・円買い縮小も

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

ドル円(USD/JPY) 予想

株高やPCEデフレータのサプライズ上振れなどによってドル買い復調となった場合は、まず心理的節目127.00、次に昨日終値127.10付近あたりで値動きが停滞しそうだが、ここを抜けられれれば次は昨日高値127.58あたりまで上値余地が広がる。この週末の上値メドはNYオプションカットの127.80あたりか。
→ボリンジャー下限から反発で買い戻し意識、プロのドル円FX予想は?

週明け30日のドル円デイトレード戦略 テクニカル節目

週明け30日のドル円相場に関し、現水準より上方では、127円台ミドルに 移動平均線5 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 日、ピボットR1、フィボナッチ 38.2% 戻し、ピボットR2が位置し、上値抵抗帯(レジスタンス)を形成。この価格帯では値動きが限定される可能性がある。

マイナー通貨予想 NEW

米ドル円 ストップロス注文情報

127.10 ストップロス 買い
126.95 現在値(12:仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 20時点)
126.80 ストップロス 売り

ドル円 売買シグナル勝率 日足

買いエントリー 1カ月 勝率28.6% ( 損益 +0.40円 )
売りエントリー 1カ月 勝率44.4% ( 損益 +0.65円 )

ドル円 と指標の相関

米ドル/円 ユーザー予想

米指標に振らされるなか週末の米雇用統計に注目!ドル円はどうなる?(30日〜3日) (現在値 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 127.02)

ドル円 テクニカル売買シグナル 日足

ドル円 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 ピボットポイント 日足

R3 127.92
R2 127.58
R1 127.35
PP(今日の中心値) 127.01
S1 126.78
S2 126.44
S3 126.21

ドル円予想 為替 フォーラム

【2021年ドル円予想】6年連続陰線が実現か

来る2021年、ドル円相場はどのような展開となるのでしょうか? 2020年は、新型コロナウイルス問題に米大統領選挙と、極めて大きな出来事が並んだ年となりました。とくに新型コロナ問題に関しては今後数年間にわたって世界経済に影響を及ぼすとも言われているものの、今後どのような展開をたどるのかはいぜん予測不可能と言わざるを得ません。 こうしたなか本稿では、次の3つの.

2023年までの米FF金利とドル円予想

米国ではコロナショックによる経済の落ち込みに対応するため、FRBはあらゆる金融政策の対応を行っています。その中でゼロ金利政策が導入されており、2023年までゼロ金利政策は維持される見込みです。 足元の米FF(フェデラルファンド)金利や長短金利の状態を確認するとともに、今後のドル円の値動きの考える上でのポイントを解説いたします。 ↓↓↓ 今日のドル円重要材料と、高.

今後のリスクオフは円高?円安? 安全通貨と「有事のドル買い」

「リスクオンの円安」 「リスクオフ(リスク回避)の円高」 といった表現を、為替ニュースで目にすることが、よくあります。 おそらく、「リスクオン→円安」、「リスクオフ→円高」というのが、多くの方の認識ではないかと思います。 しかしこのところは、 「リスクオンで円高」 「リスクオフで円安」 といった、これまでの認識とは逆のパターンが出てきて戸惑うことが.

紀伊國屋書店

仮想通貨の価値はいったい誰か?決めているの?
フ?ロックチェーン技術か?世界を変える!
ヒ?ットコインの魅力は年間2000%超の変動率
株式投資、FXと比較! 仮想通貨投資のメリット/テ?メリット
10分で作れる! 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨の口座開設の仕方
100円?でも取引できるビットコインは安い買い物
資金力を15倍に増やせるビットコイン×レバレッジ取引とは?
成行、指値、逆指値注文. 便利な注文方法を使いこなそう
取引コストとしてかかる「スフ?レット?仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 」の仕組み
仮想通貨の種類、レハ?レッシ?なと?が異なる取引所の選び方
ヒ?ットコインよりもさらに値動きか?大きい「アルトコイン」とは?
仮想通貨トレードに必要な情報源と税金の仕組み

第3章 シンフ?ルなテクニカル分析て?勝つ!
移動平均線て?相場の方向を読み解いていく
ホ?リンシ?ャーハ?ント?でと?こまて?価格か?動くかか?わかる
ヒ?ットコインならて?はの「過熱感」はRSIて?チェック
ストキャスティクスはヒ?ットコイン相場にこそ向いている
のろまさは信頼性の裏返し! MACDの活用法
ほかのテクニカル指標を補強。ΑDXて?値動きの強さを測る!

第4章 勝ち続けるための資金管理術
ヒ?ットコインて?最も大切なのは「リスク管理」
損切りを習慣化! ホ?仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 シ?ションを持ったら逆指値を発注する
「利益確定の幅は損失幅の2倍」を目安にする
ヒ?ットコインにおける適正なレハ?レッシ?は何倍?
リスクを抑えて利益を増やす秘伝の「利乗せレハ?レッシ?活用法」
仮想通貨トレート?の記録を残しておくメリット
リッフ?ルやイーサリアムなと?アルトコインFXのホ?イントは?
ヒ?ットコイン最大の敵は負けを取り戻そうとする自身の心

ひろぴー[ヒロピー]
著・文・その他

第1章 誰でもわかるビットコイン入門(激しい値動きをする仮想通貨の価値はいったい誰が決めているの?;仮想通貨の取引を実現可能にしたブロックチェーン技術が世界を変える ほか)
第2章 基本的なチャートの見方で勝つ!(ビットコインの値動きはローソク足が教えてくれる;方向感が明確なチャートに「トレンドライン」を引く ほか)
第3章 シンプルなテクニカル分析で勝つ!(テクニカル分析の王道・移動平均線で相場の方向を読み解いていく;ボリンジャーバンドを使えばどこまで価格が動くかがわかる ほか)
第4章 勝ち続けるための資金管理術(ビットコインで最も大切なのは「リスク管理」;損切りを習慣化!ポジションを持ったら逆指値を発注する ほか)

著者等紹介

ひろぴー[ヒロピー]
サラリーマンをしながらFXトレードで開眼。その後、会社を退職して専業トレーダーに。運用資産は数億円。ビットコインからFX、長期投資からデイトレまでこなすマルチトレーダーとして活躍し、FX会社やビットコイン取引所が主催するセミナー講師としても引っ張りだこ。ラジオNIKKEIでパーソナリティも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる