初心者でもできる

スプレッドについて

スプレッドについて
IS6FX allows スプレッドについて you to trade in a variety of currency pairs to suit your needs.
No hidden markup, so even beginners can enjoy スプレッドについて trading with confidence.

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXのスプレッドについて質問です。 SBI FXトレードにて、FXを始めました。 小額から取引ができるということで選びました。 しかし、スプレッドについて調べれば調べるほどよく分からなくなった為、いくつか質問させて頂

FXのスプレッドについて質問です。

SBI FXトレードにて、FXを始めました。
小額から取引ができるということで選びました。
しかし、スプレッドについて調べれば調べるほどよく分からなくなった為、いくつか質問させて頂きます。

ユーロ円の取引で、
125.6814の時に建玉数量を2000で売り、125.6105の時に2000で買い141円の利益が出ました。

・ask - bid=スプレッドということは125.6814-125.スプレッドについて 6105のことでしょうか?
それとも注文時の125.6844-125.6814の際と、決済時125.6135-125.6105で二回発生する0.003のことでしょうか?

・この場合はスプレッド(手数料)はどこにかかっているのでしょうか?
注文時と決済時にスプレッドが発生するとの事ですが、二度に分けて銀行口座から引かれているんですか?取引自体短期の間で沢山していたので、取引ごとに毎回手数料としてFX会社から口座から引かれてしまうのか心配です。

利益として出た141円の中に含まれているのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

各通貨ペア毎にスプレッドが設定されてます。
あなたの取引で言うなら、注文時の125.6844-125.6814ということは、ユーロ/円のスプレッドは0.3銭なので、それを2000通貨単位保有したわけですから、その取引では0.3銭×2000で6円の手数料がかかると言う事です。
つまり、141円の利益が出た場合は、実際はそこに6円足した147円の利益だったわけですね。
これは取引毎にかかるコストなので、例えばその同じ取引を10回繰り返したら6円×10回の60円かかりますし、逆に1回の取引でもっともっと利益を伸ばして仮に1410円取れた時でも1回だけだから6円だけで済むってわけですね。
とにかく、難しい話かもしれませんが、もう引かれた状態で利益は受け取るので後から引かれるとか心配しなくて大丈夫ですよ。
因みにスプレッドは開く事もあるので、毎回コストが同じわけではないのですが、あなたの言葉で言うなら141円の中に含まれてますから大丈夫です。

FXのスプレッドとは?各社比較と計算方法を徹底解説!

FXのスプレッド比較

本記事でスプレッドが狭いFX口座として紹介しているのは、SBI FXトレード、外為どっとコム、GMOクリック証券の3つです。それぞれの特徴を簡単に以下にまとめました。
SBI FXトレード:業界最狭水準のスプレッドの狭さ。少額投資に向いている。
外為どっとコム:スプレッド縮小キャンペーンが豊富。たくさん取引したい方向き。
GMOクリック証券:FX取引高が世界1位 ※ 。さまざまな投資スタイルに柔軟に対応できる。
通貨ペア数など詳細を知りたい方は、ぜひ記事内をチェックしてみてください。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

  • 銭を円換算する。
    1銭=0.01円なので、「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

FXのスプレッドは、 通貨間で生じる交換レートの差 によって生じます。通貨交換をイメージすると分かりやすいかもしれません。
・日本円→ドル:1ドル120円41銭
・ドル→日本円:1ドル110円41銭
のとき、日本円でドルに交換して、すぐにドルで日本円を戻すと10円の損失となります。この10円という差額がスプレッドと呼ばれるものです。

  • スプレッド=Bid(売値)とAsk(買値)の差=取引に生じる「コスト」
  • スプレッドが狭い=手数料が安い・スプレッドが広い=手数料が高い
  • 手数料の計算は「通貨取引量×スプレッド」
  • 通貨取引が多ければ多いほど コストが増大 する
  • 「銭(せん)」は日本円と外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1銭=0.01円)
  • 「pips(ピップス)」は日本円以外の外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1pip=1銭)
  • スプレッドは為替市場の相場に影響されて常に変動している
  • 多くの証券会社では投資がしやすいように一定期間スプレッドを原則として固定している

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる