ストラテジーの探し方

外国為替平衡操作

外国為替平衡操作
  1. 地政学的リスク
    かつてマーケットで聞かれた「有事のドル買い」などのように、戦争や大きな国際紛争が起きると、保有する通貨を「持っていると安心な通貨」に乗り替えて(避難させて)おこうとする動きが見られます。
    最近では、「安全資産としての円」が注目されることもあります。政治的、軍事的、経済的な緊張感の高まりが、相対的に安心して保有できる通貨の保有意欲を高める現象は今も見られます。
  2. 季節的要因
    企業の決算期末の3月と9月(日本の場合)は、利益確定のために外債など海外で投資していた資金や事業会社の海外での利益を円に換えて本国に戻す、いわゆるレパトリエーションの動きが活発になることがあります。一方、決算明けの4月と10月からは、機関投資家などが新たな外債投資を行うことも多く、急速な他国通貨買い自国通貨売りが進むことがあります。
  3. 通貨当局
    中央銀行などの通貨当局は、為替相場が乱高下したときに、自国通貨の安定を図る目的で、為替市場に介入することがあります。これを、「外国為替平衡操作」、あるいは単純に「為替介入」などと呼びます。
    とくに、複数の中央銀行が同時一斉に行う、いわゆる「協調介入」はインパクトが大きく、相場を大きく動かすことがあります。そのため、市場関係者は、中央銀行の動きを常に注視し、介入の可能性を見守っています。
    日本では、「日銀が介入」というニュースを耳にすることがありますが、介入の権限は財務大臣が持っており、日銀は財務大臣の代理人として為替の売買を行います。 また、実際に売買の形で介入を行わなくても、通貨当局者が通貨政策や金融政策について発言する場合も、市場にインパクトを与え、相場の変動要因となることがあります。これを「口先介入」と言います。
  4. 市場参加者の心理
    今日では必ずしも適切な表現とは言い難い面はありますが、有名な経済学者のケインズが唱えた「美人投票論」というものがあります。
    当時の「美人投票」では優勝者に投票した審査員も賞金をもらえたので、賞金を手にしたければ、自分が一番美人だと思う人に投票するのではなく、多くの人が投票しそうな人に投票するのが一番有利でした。
    相場でいうなら、自分がいいと思った対象(ドルなど)ではなく、多くの人がいいと思いそうな対象に投資するのが有利と考えて個々人が行動する結果、そうした対象に買いが集まって値段が上がるというものです。

もっと知りたい!
外国為替

  1. 地政学的リスク
    かつてマーケットで聞かれた「有事のドル買い」などのように、戦争や大きな国際紛争が起きると、保有する通貨を「持っていると安心な通貨」に乗り替えて(避難させて)おこうとする動きが見られます。
    最近では、「安全資産としての円」が注目されることもあります。政治的、軍事的、経済的な緊張感の高まりが、相対的に安心して保有できる通貨の保有意欲を高める現象は今も見られます。
  2. 季節的要因
    企業の決算期末の3月と9月(日本の場合)は、利益確定のために外債など海外で投資していた資金や事業会社の海外での利益を円に換えて本国に戻す、いわゆるレパトリエーションの動きが活発になることがあります。一方、決算明けの4月と10月からは、機関投資家などが新たな外債投資を行うことも多く、急速な他国通貨買い自国通貨売りが進むことがあります。
  3. 通貨当局
    中央銀行などの通貨当局は、為替相場が乱高下したときに、自国通貨の安定を図る目的で、為替市場に介入することがあります。これを、「外国為替平衡操作」、あるいは単純に「為替介入」などと呼びます。
    とくに、複数の中央銀行が同時一斉に行う、いわゆる「協調介入」はインパクトが大きく、相場を大きく動かすことがあります。そのため、市場関係者は、中央銀行の動きを常に注視し、介入の可能性を見守っています。
    日本では、「日銀が介入」というニュースを耳にすることがありますが、介入の権限は財務大臣が持っており、日銀は財務大臣の代理人として為替の売買を行います。 また、実際に売買の形で介入を行わなくても、通貨当局者が通貨政策や金融政策について発言する場合も、市場にインパクトを与え、相場の変動要因となることがあります。これを「口先介入」と言います。
  4. 市場参加者の心理
    今日では必ずしも適切な表現とは言い難い面はありますが、有名な経済学者のケインズが唱えた「美人投票論」というものがあります。
    当時の「美人投票」では優勝者に投票した審査員も賞金をもらえたので、賞金を手にしたければ、自分が一番美人だと思う人に投票するのではなく、多くの人が投票しそうな人に投票するのが一番有利でした。
    相場でいうなら、自分がいいと思った対象(ドルなど)ではなく、多くの人がいいと思いそうな対象に投資するのが有利と考えて個々人が行動する結果、そうした対象に買いが集まって値段が上がるというものです。

長期、中期、短期の様々なレートのチャートを見ながら、相場が内在的に抱える運動エネルギーの法則性を見極めながら将来の通貨動向を予測する手法です。
「このレベルを抜けると、相場の動きが一方向に加速しそうだ」というポイントを見極めつつ、売買を行います。 外国為替平衡操作
マーケット全体がドルの買い持ちに偏っていた場合、多くの市場参加者がストップロスを入れるのは、「ドルがそれ以下には下がりにくい」という水準(サポート・ポイント)近辺です。
仮に、そのレベルを下に抜けると、ストップロスを入れなくてはならない市場参加者が慌ててドルを売ってくるため、ドルの下げ足が余計に早まります。
逆にドルが上昇するときには、「この辺でドルの上昇が止まるのではないか」というチャート上から見たポイント(レジスタンス・ポイント)があり、逆にそのポイントを上に抜けると、ドルの上昇に拍車がかかります。市場で「輸出企業のドル売りオーダーが何百本もあるからドルの頭が重いだろう」と噂されていたにも関わらず、そのレベルをあっという間に大きく突き抜けてしまうことがあるのも、こうした要因が影響しています。

当社情報サイトに関する注意事項
当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。 当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

外国為替の用語集

外国為替の用語集

IMFは「International Monetary Fund」の略。1930年代の世界恐慌など経済危機を防ぐために1945年12月に設立された国際金融機関で1947年3月から業務を開始した。目的は持続的な経済成長のために「各国間の通貨システムの安定」を維持すること。主な業務内容としては国際貿易の促進、為替レートの安定、国際収支が悪化した国への融資がある。また、「国際通貨基金」は四半期ごとに世界経済見通しも発表している。

ジー・セブン G7(Group of Seven)

ジー・ティー・シー(GTC)

GTCは「Good Till Cancelled」の略。指値注文における有効期限の指定方法のひとつ。指値注文を取り消すまで有効となる。

スワップポイント

地政学リスク

デイ・オーダー

デイ・トレード

デフレーション

ビー・オー・イー(BOE)

「Bank of England」の略称であり、イギリスの中央銀行を指す。1694年に設立され、金融政策委員会(MPC)による政策金利の決定や、イングランド銀行法に基づき物価安定とイギリス政府の経済政策の支援を実行する機関である。現在の総裁は、マーヴィン・キング(Mervyn Allister King)氏が勤める。

ビッド (bid)

フェデラル・ファンド・レート(Federal Funds Rate)

ブリックス(BRICs)

目覚しい経済発展を遂げるブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の4カ国の頭文字を並べたもの。「s」については、複数形とされる場合と、南アフリカ(South Africa) を表す場合がある。これにインドネシア (Indonesia) を加え、6カ国とした場合「BRIICS」と表される。

レバレッジ

連邦公開市場委員会(Federal 外国為替平衡操作 Open Market Committee, FOMC)

ロスカット(自動決済)

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる