外国為替取引

少額取引ができるFX会社も

少額取引ができるFX会社も

FXにはどんな税金がかかるの?

FXにはどんな税金がかかるの?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。 少額取引ができるFX会社も
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

1通貨単位 の少額取引が
できるから
FX初心者でも
安心してはじめやすい

松井証券のMATSUI FX

  • ※1 スタンダード25倍コース(レバレッジ25倍 証拠金4% 個人顧客 )の場合。
  • ※2 2021年4月8日時点の当社調査に基づく。

業界最狭水準のスプレッド (※1)
原則固定(例外あり)

<広告表示適用除外の対象外となる通貨ペア>
ランド/円 1.0銭
メキシコペソ/円 0.3銭

詳しく見る

※1 当社取扱通貨ペア(米ドル/円、トルコリラ/円、ポンド/豪ドル、豪ドル/NZドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者10社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2022年5月9日時点、当社調べ。
※1 広告掲載日:2022年5月10日

安心の取引コスト

選べるレバレッジ率 1 倍〜

MATSUI FXは、証拠金として預けた額の最大 25 倍のレバレッジで、取引が可能です。少ない資金で大きな額の取引が可能になる一方、大きな損失が発生する可能性もあります。
MATSUI FXではレバレッジコースとロスカット率を選択することで、ご自身の投資スタイルに応じたリスク調整ができます。

レバレッジ 証拠金率
スタンダード25倍コース 25倍 4%
低レバレッジ10倍コース 10倍 10%
低レバレッジ5倍コース 5倍 20%
レバレッジなしコース 1倍 100%

取引ツール

取引の利便性を大幅に
向上させる
機能が満載の
「松井証券 FXアプリ」

初心者の方にも使いやすいスマートフォン向けのアプリもご用意。
気配をタップするだけで発注できる
「スピード注文」 や、 「チャート」 、
「為替ボード」 少額取引ができるFX会社も 、 「ニュース」 など
いつでもどこでも簡単にお取引ができます。

新興国3通貨は
スワップポイントが高水準 (※1)

  • ※1 当社取扱通貨ペア(トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円)について、FXサービスの取扱い業者5社(SBI証券、GMOクリック証券、DMM.com証券、みんなのFX、ヒロセ通商)と比較、2022年5月6日時点、当社調べ。
  • ※ 2022年4月1日~5月6日における、1日あたりの最新の買スワップポイント実績値です。
  • ※ トルコリラ/円は1万通貨、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円は10万通貨あたりの実績値です。
  • ※ スワップポイントの額は、その時々の金利情勢等に応じて決定されます。
  • ※ 金利情勢によりプラスのスワップポイントがマイナスになることもあります。

安心のサポート

(IP電話等)03-6387-3636
受付時間:月曜日~金曜日 7:00~24:00

お客様向けのFX専用ダイヤル
「MATSUI FX あんしんサポート」では、
夜間までお問い合せを受付しております。

さらに松井証券なら 万が一にも法的に保全、
安心の「証拠金区分管理」

FX証拠金を区分管理

高い健全性

4stepで完了!口座開設の流れ

FX口座を開設するには
基本口座の開設が必要になりますが、
松井証券なら基本口座の申込と同時に
MATSUI FX口座をお申込いただけます。

本人確認書類・ 少額取引ができるFX会社も
ご自身の顔写真の撮影
マイナンバー確認書類の
電子アップロード

「パスワード・取引
暗証番号の設定方法」の
ご案内がメールで届く
~ご案内URLから設定、
取引開始!~

※スマートフォンにおける「eKYC」を利用した場合
※スマートフォンにおける「eKYC」を利用しない場合、パスワード等は郵送での交付となります。
その場合、郵送事情により、ログインID・パスワードの送付にお時間がかかる場合があります。
※口座開設手続き時にご本人確認書類およびマイナンバー確認書類が必要です。詳細はこちら
※MATSUI FXの口座は、松井証券口座との同時申込になります。
※お客様情報入力の際、「同時口座開設のお申込み」の項目で、FX口座の「開設する」にチェックが入っていることをご確認ください。

基本口座をお持ちでない方 少額取引ができるFX会社も 最短5分でお申込完了!

リスク及び手数料について

松井証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

【初心者必見】株の買い方を解説!おすすめの証券会社も紹介

株の買い方を解説

株式投資では、株を売っても買っても手数料が発生します。手数料が大きければその分受け取る利益も小さくなってしまいます。ですから、手数料はなるべく低く抑えることが大切です。自分の取引スタイルに合った手数料の証券会社を選びましょう。
また株式投資をする際は、正しい情報を仕入れることも重要です。証券会社ではアナリストによるレポートやセミナーなどを通して、情報を活発に提供しています。証券会社によって情報発信の頻度や種類は異なりますから、自分が欲しい情報が得られる証券会社を選びましょう。

さらに取扱商品の品ぞろえも重要な点です。特に外国株については証券会社によって取り扱う数が異なります。自分が購入したい銘柄を取り扱っているか、事前に確認しておきましょう。

また株式以外の金融商品に投資を検討している際は、どのような金融商品の取り扱いがあるかも確認しておく必要があります。

株を売るタイミングはいつですか? 保有している株を売却するタイミングとして、目標株価に到達したときや損切りするとき、業績悪化が見込まれるときなどが挙げられます。

株式に投資するときは、あらかじめ売却する水準の株価を設定しておきましょう。高値、安値両方で基準を決めておくことで、売却のタイミングを逃さずに済みます。
特に損切りには、膨らむ損失を抑える効果があります。「〇%株価が下落したら売却する」などと明確に基準を決めておくことが大切です。

また、業績悪化が見込まれるときも売却の判断を下す必要があります。売却のタイミングを逃すと、損失が出ている株をいつまでも保有し続けることになるかもしれません。
業績悪化の兆しをキャッチするためには、決算情報や業界動向を確認する習慣をつけておくことが大切です。

少額から投資できるNISAとはどんな制度ですか? 株式や投資信託など金融商品の取引で利益が出た際には、利益に対し通常20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。NISAとは利益にかかる税金が一定期間非課税となる制度で、2014年から導入されています。
NISAは「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類の口座があり、成年者は「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらかが利用できます。
一般NISAは年間120万円までの投資について、利益が5年間非課税、つみたてNISAは年間40万円の投資枠があり、この利益が20年間非課税となる制度です。

また、開設できるNISAは1人1口座です。どの証券会社で開設するか、事前によく検討する必要があります。

株でおすすめの証券会社は?

大手ネット証券の中では、楽天証券とSBI証券がおすすめです。楽天ポイントを貯めているなら楽天証券、IPO投資に注力したいならSBI証券を選ぶと良いでしょう。楽天証券にもSBI証券にも、1日100万円までは手数料が0円のコースがあるため、少額から投資したい株式投資初心者に最適です。

松井証券では、25歳以下なら金額にかかわらず現物株式の取引手数料が無料になります。25歳以下で投資を始めるなら、松井証券がおすすめです。ただし、26歳以降の手数料は、楽天証券やSBI証券より高くなる可能性があるため、注意してください。

歴史や安心感を重視して証券会社を選びたい人にも、100年以上の歴史を持つ松井証券がおすすめです。ただし、外国株式については米国株しか取り扱いがありません。外国株式に積極的に投資したいなら、SBI証券や楽天証券がおすすめです。

株でおすすめの銘柄は?

日本株なら、トヨタ自動車や楽天グループなど、知名度の高い企業への投資からスタートすると、情報収集もしやすくて安心です。イオンなどよく利用する施設があるなら、優待目的で銘柄を選ぶのもおすすめです。

米国株では、アップルやマイクロソフトなどの大手IT企業が人気です。また、IBMなど高配当が期待される銘柄に投資するのも良いでしょう。

株式投資で利益を出すには、銘柄選びが最も大切です。新聞やネットの記事を読むだけでは、銘柄選びの力は培われません。証券口座を開設し、少額でもいいので実際に投資してみることで、銘柄を選ぶセンスが磨かれていくはずです。

【2022年】FX初心者が5万円で勝つなら低リスク+小ロット!実践するのにオススメな業者3選

【2022年】FX初心者が5万円で勝つなら低リスク+小ロット!実践するのにオススメな業者3選

少額でFXを始めるなら、まずは米ドルやユーロなど先進国の通貨から始めるといいでしょう。
先進国通貨は、通貨の需要と供給が安定していて為替の交換にかかる 手数料「スプレッド」も比較的安い からです。
FXでは、1,000通貨や10,000通貨などのまとまった単位で取引します。この取引単位のことを「ロット」と呼びます。
例えば10,000通貨で取引する場合、「レバレッジ無し」と「25倍のレバレッジ」で必要な金額は次の通りです。

通貨 必要金額(レバレッジなし) 必要金額(レバレッジ25倍)
米ドル(1米ドル=約104円) 約104万円 約41,600円
ユーロ(1ユーロ=約126円) 約126万円 約50,400円
英ポンド(1ポンド=約144円) 約144万円 約57,600円
カナダドル(1カナダドル=約82円) 約82万円 約32,800円
豪ドル(1豪ドル=約80円) 約80万円 約32,000円
※為替は2021年2月9日時点での価格を参考にした概算値

レバレッジをかけない場合はどの通貨も100万円近くの資金が必要ですが、 レバレッジ によって5万円程度でもさまざまな通貨をトレードできます。

まずは定番である 米ドル/円ペアや、比較的コストが低い豪ドル、カナダドルなどで取引を始めてみるのはいかがでしょうか。

5万円で米ドル/円を購入すると、どこまで増やせる?

例えば1米ドル=100円のとき、50,000円分の米ドルをレバレッジ25倍で購入したとします。
0.3円、0.5円、1円の変動による差益が得られた場合、次のような利益が生まれます。なおこの差額のことを 「ピップス(pips)」 とも呼びます。

為替差益 0.3円(30pips) 0.5円(50pips) 1.0円(100pips)
実際の金額 53,000円 55,000円 60,000円
うち利益分 +3,000円 +5,000円 +10,000円
※スプレッドなどの手数料は考慮せず計算

計算上では1円の為替差益を取るだけで、10,000円を稼ぐことができます。
利益率にして 20%増 です。

特に米ドル/円のペアで一度で1円の変動をねらうと、数日程度の時間がかかることもあります。
まずは0.3円や0.5円といった為替差益を複数回狙って、小さな利益を積み上げていくといいでしょう。

5万円を10万円まで増やすには?

しかし現実的なのは、 少額取引ができるFX会社も 小さな利益をちまちま稼いぐ手法 です。
そこで0.3円ずつ差益を得ていった場合、15回の取引で手持ち資金の5万円が10万円まで増やすことができます。

少額取引ができるFX会社も
取引回数 運用金額 0.3円(30pips)利益を得たときの総資金額 初期からの増減額
1 50,000円 53,000円 +3,000円
2 53,000円 56,000円 +6,000円
3 56,000円 59,000円 +9,000円
4 59,000円 62,000円 +12,000円
5 62,000円 65,000円 +15,000円
6 65,000円 68,000円 +18,000円
7 68,000円 71,000円 +21,000円
8 71,000円 74,000円 +24,000円
9 74,000円 77,000円 +27,000円
10 77,000円 80,000円 +30,000円
11 80,000円 83,000円 +33,000円
12 83,000円 86,000円 +36,000円
13 86,000円(※ここから20,000通貨) 92,000円 +42,000円
14 92,000円 98,000円 +48,少額取引ができるFX会社も 000円
15 98,000円 104,000円 +54,000円

12回目までは 10,000通貨取引 であるため一定額ずつ増えていくだけですが、証拠金を大きくすることでその分利益も増やせます。
今回のシミュレーションでは、13回目から 20,000通貨取引 を行うことでペースアップして6,000円ずつの利益を狙っています。

ただ、あくまでシミュレーションであり、 実際の取引では勝ち負けを繰り返しながら徐々にお金を増やしていくことになります。
そこで効率良く利益を積み重ねていくためのポイントを、次の章でお伝えしましょう。

\お得なキャンペーン多数あり!/

5万円からFXを始める際のポイント

利益確定と損切りを覚える

FXで堅実に利益を積み重ねるために大切なのは、「 利益確定 」と「 損切り 」を徹底的に行うことです。
利益確定は利益が出ている状態で通貨を売却すること、損切りとはこれ以上損を拡大させないため、損が出ているときに通貨を売却することを指します。

投資の世界で勝ち続けるためには、取引テクニックと同じくらい冷静さが重要です。
この利益確定と損切りのラインをあらかじめ決めておけば、売却のタイミングを悩んでいる間に利益を逃したり、損失を拡大させたりすることが少なくなります。

スプレッドが狭いFX業者を利用する

スプレッド とは、買値と売値の差のことです。
国内FX業者は取引手数料がほとんど無料なので、このスプレッドが実質上のコストになります。

よって、なるべく スプレッドの狭いFX業者を選べば、取引コストを抑えられます。

【2022年】FX初心者が5万円で勝つなら低リスク+小ロット!実践するのにオススメな業者3選

1,000通貨単位でトレードする

多くのFX業者は10,000通貨からの取引ですが、中には1,000通貨から取引できる業者もあります。
少額からFXを始めるなら、 なるべく小さなロットで取引するのがおすすめ 少額取引ができるFX会社も です。

値幅を取りやすい時間帯にトレードする

まずはデイトレードから始める

FX取引には、数分単位で取引を行う 「スキャルピング」1日の中で取引を終える 「デイトレード」数日にまたいで取引をする 「スイングトレード」 などの取引スタイルがあります。

そのため、 初心者のうちは一日に数回のトレードを行う デイトレードがオススメ です。
デイトレードを意識していれば、1時間や4時間などの時間幅で値動きを考えられるので仕事や家事のスキマ時間でも行うことができ、0時を過ぎたら必ず利確・損切りをするというルール付けを徹底することで、安定した取引ができるようになります。

初心者の少額取引に向いている、おすすめFX業者3選

松井証券FXはなんと 1通貨から取引できるFX業者です。
最低100円から開始でき、さらにリスクを抑えられるため、初心者にはピッタリのサービスです。 主要ペアはもちろん、高スワップで人気のトルコリラ/円やメキシコペソ/円の取り扱いもあり、これらはすべて1通貨から取引可能になっています。
さらに米ドル/円のスプレッドも0.2銭と業界最高水準の狭さで、全体的に非常に使いやすいFX業者です。各種ツールも揃っており、特にスマホでも操作しやすい専用アプリや、為替情報や売買シグナルを松井証券FXの公式LINEアカウントから受け取れるといった取引に関するサポートも充実しています。5万円もあればさまざまな通貨ペアに分けてトレードすることも十分にできるでしょう。
一部はスワップ狙いで長期運用し、一部は高変動通貨で取引するといった戦略が取ることもできます。 さらに2022年6月30日まで、新規FX口座開設と対象通貨ペアの取引で最大50万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です
取引すればするほどお得になるので、なるべく早めに取引ができるよう、口座開設しておきましょう!
※フォームからの申し込みが必要になります。

初心者向けとしてオススメなのはトレイダーズ証券の「LIGHT FX」です。1,000通貨からの取引が可能で、PC・スマホアプリ両方で取引できます。

その特徴としては多彩な通知機能!初めてFX取引を行う際には、どんな情報に注意したら良いのかがわからないことも多いです。
LIGHT FXが初心者向けとされているのは、為替に関するニュースや経済指標などの情報を、通知機能でこまめにお知らせしてくれるところでしょう。

為替に関わる情報が出たときは相場も大きく動きます ので、そのときはチャンスとも言えますし、ポジションを放置していると、気づいたら損をしてしまうことも少なくありません。
初心者の場合はどんな情報が重要かもわからないと思いますので、LIGHT FXで通知に注意しつつ取引していくことをオススメします。

なお、 現在は最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中!

LINE FXは名前の通り、メッセージアプリの「LINE」が運営するFXです。
LINEアカウントを持ってさえいれば、簡単に口座開設できるうえ、さまざまな経済指標や価格変動もLINEの公式アカウントから通知してくれます。1,000通貨から取引可能で、スプレッドやスワップポイントなども非常に優秀なため、 使いやすさとサービスの質を両立したサービスになっています。
FXのほかにも「LINE証券」などのサービスもあるので、片方で口座開設が済んでしまえば、もう片方のサービスを利用するのもより簡単に!また、PCから取引できるツール「LINE FX Pro」も新登場!
スマホではやりにくいと感じている方も、本格的な取引が体験できるようになりました。 今なら口座開設&1回の取引で5,000円のキャッシュバックのほか、取引数量に応じてさらに最大50,000円までのキャッシュバックがもらえるキャンペーンが実施中!
終了日未定ですので、早めに登録して参加することをおすすめします!

FXは5万円でできる!初心者は少額×低リスクでチャレンジ

FXは5万円という少額からでも取り組める投資手法です。
基礎知識を押さえたら、後は実践するのみ!
自分に合ったFX業者で口座を作成し、まずは1,000通貨などの小ロットから取引を始めましょう。

少額からFX自動売買が行えるおすすめFX会社は?少額取引のメリットも解説

自動売買で勝つためには、できるだけ無料EAを活用することをおすすめします。 少額取引ができるFX会社も
「有料EAの方が勝てるのでは?」と思うかもしれませんが、無料でも稼げるEAはたくさんあります。
有料EAは導入コストがかかる上、購入すると他のEAに切り替えるのが勿体なく感じます。
EAは月日とともに成績が相場に合わなくなり、成績もどんどん悪くなっていくのが普通です。
有料EAを長く大事に使うよりも、コストがかからない無料EAをどんどん活用する方がトータルで見ると利益は大きくなります。

無料EAが使える海外FX業者を利用する

例えば、当社GEMFOREXなら無料EAが使い放題のサービスを行っています。
ダウンロード数や成績順で並び替えることもできるので、現在勝てているEAをピンポイントに絞って使うことも可能です。
GEMFOREXがEAを無料配布できるのは、GEMFOREXのグループ会社がGEM-Tradeと言うEAやミラートレードを開発している会社だからです。
無料でも勝てるEAはたくさんあるので、複数の無料EAを使って利益を出したい人におすすめです。

FX自動売買を少額から始めるのにおすすめのFX会社

FXの自動売買を少額から始めるのにおすすめのFX会社はGEMFOREXです。

最大1000倍のレバレッジが使える他、100円という安い最低入金額から取引を始めることができます。
無料のEA使い放題サービスを活用すれば、少額資金から自動売買を始めて大きな利益を得ることも可能です。
他にも、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど各種ボーナスも充実しています。
ボーナスを自動売買の資金に充てて取引することも可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる