FXの練習方法は

株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方

株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

DMM FXキャンペーン情報

fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方

  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック ※1
  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 ※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 期間:2022年3月1日(火)7時00分 ~ 2022年6月1日(水)5時59分まで

GMOクリックFXneo

GMOクリックネオ

複数チャートで取引したいなら、GMOクリックFXneoがおすすめです。GMOクリックFXneoでは、 チャートを縦でも横でも4分割して取引できます。

GMOクリック証券 キャンペーン情報

  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック! ※1

LINE FX

手軽に取引したいなら、LINE FXがおすすめです。LINE FXは、名前の通り普段使っているLINEアプリから取引できます。

そしてなんといっても、 LINEアプリで経済指標やレートの変動をお知らせしてくれるのが嬉しいポイントですね。

LINE FXのキャンペーン情報

外貨ネクストネオ

アプリからしっかり情報収集したいなら、外貨ネクストネオがおすすめです。アプリ内では、 フィスコやロイターといった大手情報誌のニュースが掲載されており、ファンダメンタル分析がはかどります。

外為どっとコムキャンペーン情報

  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中! ※1
  • 新スマホアプリ限定キャンペーン、取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック ※2
  • 過去平均値の30%上乗せで、業界最高水準のスワップポイントを提供キャンペーン ※3
  • 高金利通貨のお取引で最大 100万相当 のFXポイントをプレゼント! ※4

MATSUI FX

松井証券FXはスプレッドも狭いため、スキャルピング等の短期取引にも適している と言えるでしょう。

松井証券 MATSUI FX券キャンペーン情報

  • 対象者全員に取引数量に応じて最大50万円キャッシュバックキャンペーン中!さらにキャンペーン期間中に誕生日を迎えた場合キャッシュバック金額が10%アップ! ※1
  • 合計35名に、FXトレーディング環境をサポートする豪華賞品をプレゼン卜 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 ※2
  • FX取引継続キャンペーン3ヶ月連続の取引で最大10,000ポイントプレゼント! ※3

※2 期間:2022/4/1(金)から2022/6/30(木) 。ドル/円を除く当社が取り扱う19通貨ペア合計の平均保有数量が100万通貨以上の方が対象。Aコース:抽選で5名にゲーミングチェア(AKRacing) ・Bコース:抽選で10名に34インチウルトラワイドディスプレイ(LG)・ Cコース:抽選で20名に高精度ワイヤレスマウス(logicool)

※3 期間 2022年4月1日(金)~2022年4月30日(木) 。エントリー月から3か月連続で100万通貨以上新規建ての取引(ドル円以外の19通貨ペアの合計)を行った方を対象に、新規建数量に応じてポイントプレゼント

FXのアプリを選ぶときの4つのポイント

  • チャートの見やすさ
  • 注文のやりやすさ
  • インジケーターの充実度
  • 通知機能

(1)チャートの見やすさ

タブレットならともかく、スマホは画面が小さいのが欠点です。したがって、 パソコンでの取引環境以上に、チャートの見やすさが重要 だと言えるでしょう。

(2)注文のやりやすさ

ストレスを軽減するためにも、スピード注文に対応しているアプリが良い でしょう。チャートと注文画面を同時表示させられれば、出先であってもじっくりトレードに集中できるはず。

(3)インジケーターの充実度

チャート分析に必須なのが、各種インジケーターです。 主に移動平均線やボリンジャーバンドなどが使われていますが、他にもツールがたくさん用意されていると便利 ですね。

ポケット図解 最新 株・証券用語がよ~くわかる本[第2版]

ポケット図解 最新 株・証券用語がよ~くわかる本[第2版]

第1章株式・証券の基本的な用語
1-1 証券とは何か?
■証券
■株式
■証券取引所(金融商品取引所)
■証券会社(金融商品取引業者)
■証券仲介制度(金融商品仲介制度)
1-2 株主の権利とは?
■株主
■株主の権利
■配当金(1株あたり配当金)
■株主優待
■株主代表訴訟(代位訴訟)
■大株主
1-3 投資家のリスクは、どのように抑えられているか?
■リスク
■ハイリスク・ハイリターン
■分散投資
■ドル・コスト平均法

第2章株式・証券取引に関する用語
2-1 取引口座とは何か?
■口座開設
■本人確認
■前受金
■ラップ口座(SMA)
2-2 株式・証券は、どのように売買されるか?
■業種
■銘柄
■指値注文/成行注文
■注文の期限
■売買委託手数料
■約定
■受渡し
■権利落ち日
■取引報告書
2-3 株式・証券は、どのように保管されるのか?
■保護預り
■名義
■証券保管振替制度 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■分別保管
■移管
■信託銀行
■株券の電子化(株券不発行制度)
コラム 銘柄を指す専門用語

第3章株式市場に関する用語
3-1 株式・証券は、どのように取引されているか?
■オークション取引
■相対取引
■前場/後場
■新興市場
■マーケットメイク
■立会外分売
■夜間取引(ナイター取引)
■自動売買
■東証/大証
■兜町/北浜
■ウォール街/シティ
■大発会/大納会
3-2 株式は、どのような単位で売買されているか?
■単元株
■ミニ株(株式ミニ投資)
■単元未満株(端株)
■(単元未満株の)買取請求
3-3 市場参加者には、どのような投資家がいるか?
■機関投資家
■投資ファンド
■外国人投資家
■政府系ファンド(SWF)
■オイルマネー
■ヘッジファンド
■デイトレーダー
■投資クラブ
3-4 その他の市場用語には、どんなものがあるか?
■監理ポスト/整理ポスト
■循環物色(循環株投資)
■ナンピン買い(難平買い)
■換金売り
コラム 相場に関する専門用語

第4章株式の種類や特徴に関する用語
4-1 株式には、どのような種類・分類があるか?
■大型株/中型株/小型株
■優先株
■優良株
■成長株(グロース株)
■割安株(バリュー株)
■低位株/値嵩株 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■仕手株
■浮動株/特定株(固定株)■タンス株
■金庫株
■外国株
■ADR(米国預託証書)
コラム 売買に関する専門用語(1)

第5章株式会社に関する用語
5-1 株式会社は、どのような仕組みになっているか?
■株式会社
■会社法
■株主総会
■取締役
■取締役会
■監査役
■会計監査人
■委員会設置会社
■CEO/COO
■(株主総会における)委任状
5-2 事業資金は、どのように集められるか?
■資金調達
■増資
■減資
■公募発行増資
■株式分割
■潜在株式
■CB(転換社債型新株予約権付社債)
■WB(新株引受権付社債)
■ストックオプション
■従業員持株会制度
■自社株買い
5-3 上場とは、どのような意味か?
■上場
■上場基準 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■未公開株
■IPO(新規公開)
■幹事証券会社(幹事会社)
■ブックビルディング(需要積上げ方式)
■公募価格/公開価格
5-4 事業再編は、どのように行われるか?
■経営統合
■業務提携/資本提携
■株式持ち合い
■持株会社
■株式交換
■M&A(企業の合併・買収)
■TOB(株式公開買付け)
■MBO(マネジメント・バイアウト)
■買収ファンド 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■会社更生法
■民事再生法
■産業再生法(産業活力再生特別措置法)
コラム 売買に関する専門用語(2)

第6章決算書に関する用語
6-1 決算書とは何か?
■財務諸表
■連結会計
■持分法適用会社
■セグメント
■キャッシュフロー計算書
■米国会計基準(SEC基準)
6-2 損益計算書には、何が書かれているか?
■損益計算書
■売上高
■営業利益(損失)
■経常利益(損失)
■最終利益(損失)
6-3 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 貸借対照表には、何が書かれているか?
■貸借対照表(バランス・シート)
■資産の部
■負債の部
■純資産の部 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■引当金
■有利子負債
■債務超過
■時価会計

第7章企業分析に関する用語
7-1 企業分析は、どのように行うか?
■ファンダメンタルズ分析
■時価総額
■企業業績
■会社四季報/日経会社情報
■証券アナリスト/テクニカルアナリスト
■ストラテジスト
■レーティング
■スクリーニング
7-2 企業が効率よく儲けているかを見るためには? 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■収益性
■売上高営業利益率
■EPS(1株あたり利益)
■効率性
■ROA(総資産利益率)
■ROE(自己資本利益率)
■成長性
■EVA(経済的付加価値)
■EBITDA
7-3 企業の信用リスクに備える安全性は?
■安全性
■自己資本比率
■有利子負債比率
■固定比率
■流動比率
■BPS(1株あたり純資産)
■流動性
■発行済株式数
7-4 投資収益を判断するためには?
■株式益回り
■配当性向
■配当利回り
7-5 投資効率を判断するためには?
■割高/割安
■PER(株価収益率)
■PBR(株価純資産倍率)
■Qレシオ(実質株価純資産倍率)
■株価キャッシュフロー倍率(PCFR) 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■EV/EBITDA倍率(簡易買収倍率)
■騰落レシオ

第8章情報開示と投資家保護に関する用語
8-1 ディスクロージャーとは何か?
■証券取引法
■金融商品取引法(投資サービス法)
■日本証券業協会
■投資者保護基金
■ディスクロージャー
■決算発表
■有価証券報告書
■5%ルール(株券等の大量保有の状況に関する開示制度)
■IR(投資家向けの広報活動)
■SRI(社会的責任投資)
8-2 不正な取引とは?
■インサイダー取引(内部者取引)
■風説の流布
■粉飾決算
■虚偽記載
コラム 投資家保護に関する専門用語

第9章株価と株価指標に関する用語
9-1 株価は、どうやって決まるのか?
■株価
■需要と供給
■投資主体部門別売買動向
■内部要因/外部要因
■材料
■サプライズ
■四本値
■気配値
■呼値
■ストップ高/ストップ安
■年初来高値/年初来安値
■騰落
9-2 株価指標には、どのようなものがあるか?
■株価指標
■出来高(売買高)
■売買代金
■単純株価平均/加重株価平均
■TOPIX(東証株価指数)
■日経平均株価
■NYダウ(ダウ30種平均)
■ナスダック総合指数
■MSCIワールド・インデックス
■裁定取引残高
■イールドレシオ

第10章株価チャートに関する用語
10-1 株価チャートは、どのように使うか?
■テクニカル分析
■株価チャート
■ローソク足
■窓
■移動平均線
■グランビルの法則
■ゴールデンクロス/デッドクロス
■上値抵抗線/下値支持線
■エリオット波動
■ボリンジャーバンド
■一目均衡表
■逆ウォッチ曲線
■サイコロジカルライン
■三角持ち合い(三角保ち合い)
コラム 株価に関する専門用語

第11章信用取引に関する用語 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
11-1 信用取引は、どのように行われるか?
■信用取引
■空売り
■貸株
■貸借銘柄/信用銘柄
■信用残(信用残高)
■信用倍率/貸借倍率
■日本証券金融(日証金)
11-2 信用取引の実務は、どのように行われるか?
■建玉
■委託保証金
■融資金利
■追証
■現引き/現渡し(品渡し)
■つなぎ売り
■規制銘柄
コラム 信用取引に関する専門用語

第12章株式以外の証券に関する用語
12-1 株式以外の証券には、どのようなものがあるか?
■債券(公社債)
■るいとう(株式累積投資)
■格付
■投資信託
■株式投資信託
■公社債投資信託
■インデックスファンド
■アクティブファンド
■パッシブ運用/アクティブ運用 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■ベンチマーク
■ETF(株価指数連動型上場投資信託)
■J-REIT(不動産投資法人)
■カントリーファンド
12-2 デリバティブには、どのようなものがあるか?
■デリバティブ(金融派生商品)
■先物取引
■オプション取引
■個別株オプション
■裁定取引
■オルタナティブ投資(代替投資)
■FX(外国為替証拠金取引)
■アセットバック証券(ABS)
■CFD(差額決済取引)
コラム 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 デリバティブに関する専門用語

第13章株式投資の税金に関する用語
13-1 株式取引には、どのような税金がかかるか?
■値上がり益
■含み益/含み損
■譲渡益課税(キャピタル・ゲイン課税)
■配当課税
■確定申告
■特定口座
■損益通算
■譲渡損失の繰越控除
■みなし取得費の特例

第14章経済・金融に関する用語
14-1 金融の基本的な仕組みは、どうなっているか?
■直接金融 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
■間接金融
■発行市場
■流通市場
■短期金利
■長期金利
14-2 金融行政は、どのように行われているか?
■日本銀行(日銀)
■日銀金融政策決定会合
■公的資金
■金融庁
■FRB(連邦準備制度理事会)
■FOMC(連邦公開市場委員会)
■ECB(欧州中央銀行)
14-3 株価が暴落した大きな出来事は何か?
■バブル
■金融危機
■通貨危機
■ブラックマンデー(暗黒の月曜日)
■ITバブル(インターネットバブル)
■アメリカ同時多発テロ
■ライブドア・ショック
■サブプライムローン問題
■リーマン・ショック
14-4 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 景気指標を、どのように判断するか?
■GDP(国内総生産)
■景気動向指数
■日銀短観
■鉱工業生産指数
■消費者物価指数
■マネーストック
■機械受注統計
■完全失業率
■有効求人倍率

第15章最近の投資環境に関する用語
15-1 最近の投資環境は、どうなっているか?
■BRICs
■VISTA/N-11
■資源価格
■スタグフレーション

株式取引用語集 チャート・板 基本用語と使い方【ゴールデンクロス】

【株】空売りとは 仕組みをわかりやすく解説【信用取引】 「空売りってよく聞くけどうまくイメージができない」 空売りの仕組みを知ることができれば、リスクを考慮したうえで積極的に取引に参加することが可能です。 通常の手.

機関投資家

グランビルの法則

グランビルの法則図

  1. 移動平均線が上向き、かつ株価が下から上に抜けた場合
  2. 移動平均線が上向き、かつ株価が上回った後再度下に抜けた場合
  3. 移動平均線が上向き、かつ株価が移動平均線に上から向かっていき手前で再度上昇した場合
  4. 移動平均線の向きに関わらず株価が移動平均線よりも大きく下ブレした場合
  1. 移動平均線が下向き、かつ株価が上から下に抜けた場合
  2. 移動平均線が下向き、かつ株価が下回ってから再度上に抜けた場合
  3. 移動平均線が下向き、かつ株価が移動平均線に下から向かっていき手前で加工した場合
  4. 移動平均線の向きに関わらず株価が移動平均線よりも大きく上ブレした場合

ゴールデンクロス

株式用語集 サ行

証券コード

スイングトレード

スキャルピング

ストップ高・ストップ安

前場(ぜんば)

株式用語集 タ行

ティッカーシンボル

出来高(できだか)

テクニカル分析

デッドクロス

テーパリング

株式用語集 ナ行

株式用語集 ハ行

Proprietary 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方 Trading Systemの略称。

【株式投資】PTS(夜間取引)とは? 株の売買を始めてみたいけど昼間は仕事で忙しい… そんなあなたにおすすめしたいのが夜間でも株が買えるPTS どんなシステムなの?メリットやデメリットは? 今回はPTSに.

ボラティリティ

ボリンジャーバンド

  • ±1σ
  • 株式投資などでよく使われるボリンジャーバンドの使い方
  • ±2σ
  • ±3σ(あまり使われない)
  • ±4σ(滅多に見られない)

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率 ⇒ 約99.7%

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる