取引システム

スプレッド縮小

スプレッド縮小
The yield spread between AAA-rated corporate bonds and noninvestment-grade bonds ("junk" bonds) had been widening quite noticeably, but recently the spread between AAA- and BBB-rated investment-grade corporate bonds had also started widening.

【SBI FXα】「米ドル/円0.1銭 スプレッド縮小キャンペーン」実施のお知らせ

当社はこれまでも、現金0円でFXが始められる「株券担保サービス」や1通貨単位から購入が可能な「積立FX」の提供など、幅広い層のお客さまにFXをご利用いただけるようサービスの拡充に努めてきました。さらに、主要通貨を中心に複数通貨の基準スプレッド縮小を実施し、2020年8月には高金利通貨ペアとして代表的な南アランド/円、トルコリラ/円等の基準スプレッドを縮小するなど、FX取引におけるコスト低減にも積極的に取り組んできました。
こうした当社の取組みをご評価いただき、2020年6月にはSBI FXα(外国為替保証金取引)の口座数が100万口座を達成し、多くの個人投資家の皆さまにご利用いただいています。

このたびの米ドル/円のスプレッド縮小キャンペーンにより、これまで以上に多くの個人投資家の皆さまに資産運用の一手段として、SBI FXαをご利用いただけるものと期待しております。
当社は、今後も「業界最低水準の手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの投資成績の向上や資産形成を支援していきます。

対象期間 2020年11月19日(木)AM9:30:00~2020年12月23日(火)AM1:00:00 スプレッド縮小
上記期間のうち、毎営業日AM9:30:00~翌AM1:00:00の取引が対象です。
※AM1:00:01~AM9:29:59の取引は本キャンペーンの対象外となります。
対象通貨ペア 米ドル/円
通貨ペア 通常 キャンペーン期間中
米ドル/円 0.2銭 0.1銭

<金融商品取引法に係る表示>
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号 スプレッド縮小
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

日本企業の信用リスクは磐石か-CDSスプレッドの縮小トレンドに潜む不安材料 | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

2016年9月21日に、日本銀行により「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」政策が新たに導入された。長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)によって日本国債の長短金利が-0.1%~0.0%あたりに低位安定するようなシナリオを投資家が想定する場合、利回り向上を狙って、10年未満のゾーンにおいて金利リスク以外のリスクプレミアムを取りにいくことも選択肢に入ってくるものと思われる。例えば、社債やCLN(クレジット・リンク・ノート)等のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の売りポジションを内包した金融商品などで、信用リスク 1 をとるという選択があげられる。このような信用リスクを内包する金融商品は10年未満の年限で最も取引されているため、ポピュラーな投資対象の一つになる可能性がある。

図表1:日本における倒産件数(月次)

2――CDSスプレッドから見た日本企業の信用リスクの状況

図表2はiTraxx Japan(5年)の推移である。iTraxx Japanは日本の主要な40社のCDSスプレッドを単純平均したものである。日本企業のCDSスプレッドは、ここ数年間において全般的に縮小傾向にある。信用リスクが悪化した際はインデックスの値が上昇し、信用リスクが改善した際にはインデックスの値が低下するため、日本企業の信用リスクが全般的に改善してきたことを示唆している。

図表2:iTraxx Japan(5年)の推移(bp)

安倍政権が誕生した時点で約200bpあったiTraxx Japanは150bp程度低下し、2016年9月現在は約50bp近辺を推移している。これは、昨年の2015年4月以来の低い数値である(図表1)。つまり、アベノミクスの期間において、iTraxx Japanは約4分の1になっており、理論的にはインデックスを構成している日本企業40社の倒産確率が平均的に4分の1になったことになる 2 。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる