日本のバイナリーオプション業者

海外FXのデメリット

海外FXのデメリット

XMは危険!最悪な5つのデメリットからみる損する人・得する人

XMは危険!最悪な6つのデメリットからみる損する人・得する人


本サイトでは、出金拒否する取引所など、悪質な海外FX取引所を注意喚起しております。読者様がなるべく不利益を被らないよう細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。当サイトではあくまでも情報提供を目的としており、特定のFX会社に勧誘をするものではございません。お申込みにあたっては、事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

1. XMの5つのデメリット

XMの5つのデメリット

デメリット1:信託保全は全額ではない

XMは完全信託保全ではない

もちろん、 補償は最大100万ドル(約1億700万円)なので、相当巨額な資金を預けているトレーダーでなければ心配いりません。

デメリット2:スプレッドが比較的広い

XMはスプレッドが比較的広い

海外FXのデメリット 海外FXのデメリット
ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips
GemForex 1.2pips 1.4pips 1.9pips 1.6pips 1.2pips
Bigboss 1.3pips 1.7pips 2.0pips 1.8pips 1.海外FXのデメリット 6pips
TitanFX1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
AXIORY 1.5pips 1.7pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
iFOREX 0.9pips 1.7pips 2.5pips 3.5pips 0.8pips
TradeView 1.8pips 1.9pips 2.海外FXのデメリット 3pips 2.6pips 1.7pips
XM 1.6pips 2.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
FXpro 1.8pips2.4pips 3.6pips 3.0pips 1.7pips
TradersTrust 2.0pips 3.2pips 3.7pips 3.5pips 1.8pips
FXDD 2.3pips 3.0pips 3.8pips 3.5pips 1.8pips
IFC Markets 1.8pips 2.5pips 5.5pips 3.5pips 1.8pips

そのため、 短期売買などコストを抑えて取引したい方は、スプレッドが狭く信頼性が高い「 TitanFX 」の利用がオススメ です。

国内FXを使うメリット無し?海外業者との違いを10項目から徹底比較!

国内FXを使うメリット無し?海外業者との違いを10項目から徹底比較!


本サイトでは、出金拒否する取引所など、悪質な海外FX取引所を注意喚起しております。読者様がなるべく不利益を被らないよう細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。当サイトではあくまでも情報提供を目的としており、特定のFX会社に勧誘をするものではございません。お申込みにあたっては、事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

1. 海外FXの7つの強み・メリット

レバレッジの低い 国内FXで大きな利益を出すためには、数十万円〜数百万円単位の大きな資金が必要 になります。

しかし、海外FXではレバレッジが高いことにより、 数千円〜数万円程度の少額でも大きなリターン が狙えます。

さらに、海外FXでは追証が発生しないことからも、ハイレバレッジで予想が外れても、 借金を負うリスクが一切無い ことも魅力的です。

そのため、 海外FXでは借金のリスク無しで、少額でも大きな利益が狙いたいトレーダーにオススメ できます。

1-1. 取引の透明性が高い

  • DD方式:顧客の注文をFX業者を呑んで、必要な分だけ市場に流す方式
  • NDD方式:顧客の注文をそのまま市場に流す方式

NDD方式を採用している海外FXの方が、業者に操作されない透明性の高い取引ができる 点がメリットです。

1-2. 最大レバレッジが数百〜数千倍と高い

一方、海外FXでは最大レバレッジ数百〜数千倍と、かなり大きい倍率で取引可能なため、 少ない資金でも大きいリターンを狙うことができます。

  • 国内FX(25倍):1万円 × 25倍 = 25万円分の取引が可能
  • 海外FX(888倍):1万円 × 888倍 = 888万円分の取引が可能

同じ資金でも、海外FXの方が圧倒的に大きな額で取引することができます。

1-3. 追証が無いため借金は一切発生しない

海外FX業者は 「ゼロカットシステム」 という、追証が発生しない仕組みが採用されています。

そのため、数百倍のハイレバレッジ取引で相場が急変し、口座残高を上回る大きな損失が出た場合でも、 口座残高以上の損失は全てFX業者が負担してくれます。

つまり、海外FXで 借金が発生する心配は一切ない のです。

そのため、東日本大震災やスイスフランショック、リーマンショックなどの相場の急変動時に、 国内業者でレバレッジ取引をしていて、一瞬の暴落で口座残高を超える損失が発生し、数百万の借金が発生してしまった 事例も少なくないのです。

1-4. 国内FXには無い珍しい商品が取引できる

中には、 価格変動が激しく短期間でも大きな利益が出せる、金や原油などの銘柄をハイレバで取引することも可能 です。

1-5. 利用できる取引プラットフォームの種類が豊富

そのため、 快適なトレード環境を求める方も、海外FXを利用することでワンランク上の取引が体感できます。

1-6. ロスカット水準が低いのでギリギリまで取引できる

そのため、 レバレッジ取引でも損失に耐えやすく、証拠金ギリギリまで取引を続けることが可能 です。

1-7. お得なボーナスキャンペーンを実施している業者も多い

  • 口座開設するだけでボーナスがもらえる
  • 入金するだけで資金を数倍に増やせる
  • 取引する度に現金化可能なボーナスが貯まる
  • 1億円超えの賞金があるトレードコンテストがある

そのため、 手持ちの資金が少ないトレーダーでも、ボーナス利用で資金を倍増させることも可能 です。

海外FXが初めての方や、 海外FXのデメリット FX初心者の方はボーナスが豊富な業者を利用し、どこよりもお得にFXを楽しむことをオススメ します。

海外FXの7つのメリット

ほとんどの海外FX業社どが「ゼロカットシステム」を採用しており、口座残高がマイナスになった場合でも、証拠金を上回る損失分を業社が負担してくれるため、 追証とならずマイナス分はゼロ になります。
相場が急激に大きく変動した際、値が飛んでしまった場合、ロスカットのレートを飛超えてて下がってしまう事があるのです。
そうなると、際限なく損失は広がり、やがて、すべての損失分は業社から支払い請求が来ます。
それを追証(追加証拠金)と言います。
国内FX業者で取引をしていると、上記のような場合、追加証拠金を請求されることがあります。
海外FXではほとんどの業社がゼロカットシステムを採用しているため、証拠金以上の損失は業社が負担。そのおかげで、安心して思い切ったトレードができるのです。
<参考>海外FXのゼロカットシステムのメリット (証拠金以上の損失リスクなし) >>

海外FXは多くの場合、取引方法がNDD方式であり、トレーダーと利害が一致している安心感がある。

海外業社に多い「NDD方式」とはFX取引が直接金融機関と行われ、業社はその仲介をしている関係にあります。この方式の場合、 海外FXのデメリット トレーダーが儲かると業社も儲かるwin-winの仕組み なので、トレーダーの利益を守ってくれやすい安心感があります。
一方、国内業社で多い「DD方式」とはトレーダーはいったんFX業社に注文をするため、都合が悪い注文の場合、ディーラーの裁量で、ストップ狩り/スリッページ/約定拒否(リクオート)/レート変更などが行われることがあります。
トレーダーの損失分が業社の利益となるため、不測の事態が起きた時には、トレーダーよりも業社の利益を優先されやすい特長があります。

相場急変時の約定拒否がない

例えば、大暴落が起こり、レートがぐんぐん下がっているので、すぐ決済したいのに約定されないと、損失がどんどん膨らんでしまうのです。
トレーダーが多くの損失を出すのは、相場急変時であることが多いのです。
ですから、その場合の対策を万全にしておくことが大切。
ゼロカットシステム同様、約定拒否がないことは大きなメリットとなるため、NDD方式を採用している業者を選ぶ方がいいのです。

ロスカット基準が低い場合が多い

海外FXは豪華な口座開設ボーナスが用意されている場合が多い

国内業社の場合、口座開設ボーナスは少な目で、平均して1万円ほどの入金ボーナスである場合が多いのです。
しかも、未入金トレードではなく、入金して初めて付与されるというケースがほとんどです。。
その入金額もかなり多くないとそれなりのボーナスが付与されない場合が多いので、ハードルが高いのです。
海外業社の場合は、ボーナスには力を入れて、内容もかなり豪華なものになっています。
顧客獲得に努力しているのですね。
未入金トレードが可能な口座開設ボーナスに加えて、入金額の100%ボーナス、損失補填、キャッシュバック、他社からの乗り換え損失補填、さらに豪華なプレゼントなどさまざまなボーナス特典が用意されていたりします。

日本人が設立した海外FX業者 GEMFOREX

プラットフォームが共通

海外FX業社でもデメリットはあるものの、業社を選ぶ、口座を選ぶ、などで解決できることが多い。 それよりも、数多くのメリットの恩恵を受ける方が優先であると筆者は思います。 その中でも、ゼロカットシステムは、トレーダーが安心してトレードするために、そして、 大切な財産が消えてなくなってしまうのを避けるためには、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

海外FXのメリット/デメリット『国内FXor海外FX』の最終回答

海外FXのメリット/デメリット

レバレッジ400~1000倍(最大3000倍)
ゼロカットシステムあり
口座残高がマイナスになることはない
スプレッドが広い会社が多い
スワップ金利が小さい会社が多い
分別管理を行っていない会社もある 海外FXのデメリット
税金が『総合課税(雑所得)』に分類され、税率が金額によって変動
※195万以下⇒15%、330万以下⇒20%、695万以下⇒30%、900万以下⇒33%、1800万以下⇒43%、4000万以下⇒50%、4000万越え⇒55%

【ハイレバレッジが可能】 で、
【借金状態になるリスクなし】 で、
【440万以上稼ぐと国内より税金が高い(他に収入がないと仮定した場合)】

海外FXのメリット

海外FXのメリット

①少額でできる

海外FXの最大のメリットは「ハイレバレッジ」と呼ばれる、最大レバレッジの設定値での高さです

国内FX業者の最大レバレッジは25倍です。
ドル円で1万通貨のポジションを持つのに、証拠金が約4万4千円必要となります。

最大レバレッジが888倍の海外FX業者であれば、
ドル円で1万通貨のポジションを持つのが、証拠金約1,200円で可能となります。
海外FXのデメリット ※1ドル=110円の場合


準備資金が少額でも投資を始められるのが、海外FXの大きな強みです。

海外FX会社と国内FX会社の違い・メリットやリスク|海外在住者は国内FX会社で口座開設は可能?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

海外FX会社は海外の金融ライセンスを取得している

ただし、日本のライセンスのように厳格な顧客資産を保護するようなルールは定められてないところが多く、資金をある程度支払うことで取得できるような簡単なライセンスも存在する。

国内FX会社と海外FX会社の違い

顧客資産は保全されているため信頼性が高い

国内FX会社は金融庁管轄のもと、信託保全が必須とされている。顧客資産は会社内の資産とは完全に切り離されていることから、万が一FX会社が倒産したとしても顧客資産は守られる仕組みが整っている。

MT4やMT5ツールを利用できない場合が多い

たとえば、楽天証券やOANDA Japanなど数社でMT4、MT5の取り扱いがあり、外貨ex byGMOとJFXでは分析専用チャートとして利用できる。

海外FX会社のメリット

レバレッジが大きい

レバレッジというのはFXでも特に魅力的なポイントであり、海外の場合は1,000倍や2,000倍を提供している業者も存在する。

追証がない

しかし、海外FX会社の場合、レバレッジを大きく利用して取引をおこない、万が一ロスカットによって証拠金が不足した場合でも、不足金額を追加で入金する必要はない。(海外FXで追証がないシステムを「ゼロカットシステム」と呼ばれている。)

MT4 MT5のツールが利用可能

海外FX会社では、MT4(メタトレーダー4)やMT5(メタトレーダー5)と呼ばれる取引ツールが使用可能だ。

海外FX会社のリスク・注意点

破綻リスクがある

海外FX会社は、日本の金融庁のような厳しいライセンスを取得しているわけでもなく、資金管理も曖昧な点や不透明な点が多いことで知られている。

スプレッドが広い

実際に海外FX会社のスプレッドをみると、国内FX会社のドル/円のスプレッドが0.2銭や0.3銭なのに対して、海外FX会社のスプレッドは1銭以上あるところも多く、実質的な取引コストが高いという判断ができるだろう。

これからFXを始める人は国内FXがおすすめ

国内でもレバレッジが最大25倍となっており、これでも大きなリスクとなるため、最初からいきなり海外FX会社を利用することはおすすめしない。

おすすめの国内FX会社

外為どっとコム

業界最狭水準のスプレッドを提供し、高金利通貨ペアのスワップポイントが高い。

何より圧倒的な情報量は質・量ともに他社の追随を許さず、人気プロトレーダーの為替レポート、初心者もわかりやすくFXを学べる様々なコンテンツが充実し、24時間ノンストップでマーケット情報を届けている。

みんなのFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」は、業界最狭水準のスプレッドの狭さと高金利通貨のスワップポイントが高いことから、スワップ狙いの中長期的な資産運用でも短期トレードでも総合的に利用しやすいFX会社である。

取り扱い通貨ペアは全29種類で珍しい北欧3通貨も取り揃えており、1,000通貨からの少額資金で取引ができる。

また、みんなのFXではシステムトレードにも対応しており、ランキングから優秀なトレーダーのストラテジーを選択するだけの簡単操作で、難しい分析やプログラミングも一切不要の自動売買ができ、24時間チャンスを逃さずに取引可能だ。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券はメジャー通貨から高金利通貨の通貨ペアまで幅広く取り扱っており、スプレッドも狭く、スワップポイントも比較的高水準なことからバランスの取れたFX会社であるといえるだろう。

GMOクリック証券こだわりの自社開発PC用アプリ「はっちゅう君FX+」は、取引に必要な全ての情報が一つの画面に集約され、各パネルはフリーレイアウトで見やすいようにカスタマイズ自由だ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる