FX投資

投資信託のしくみを知っておこう

投資信託のしくみを知っておこう
これは「投資リスク」と呼ばれ、それぞれの投信の「交付目論見書」にも載っています。ここでいうリスクは一般に使われる「危ない」といった意味ではなく、「どういう要因で、投信の基準価額が上がったり、下がったりするのか」、ということを示したものです。

投資信託のしくみを知っておこう

理由その1:投資は難しそう/理由その2:投資は損をしそう
理由その3:投資はギャンブルのようで怖い/理由その4:投資するお金がない
理由その5:投資は面倒そう/理由その6:投資なんかしても、お金はふえない

第2章 お金と暮らしの棚卸しから始めよう
資産運用は「育てる」感覚で/資産運用のための「3つの知る」
マネープランニングは「何のために」「いつ」「いくら」で考える/ライフイベント表で「自分を知る」
4つの要素で家計を知る/「資産3分法」のすすめ/目的資金を時間軸で細分化する
毎月の「収支」を積み立ててふやす/やっぱり最後は家計に戻る/リスクを知る
自分のリスク許容度を知る/資産がしっかり育っているかをチェックする 投資信託のしくみを知っておこう
ライフステージに合わせて投資配分を見直す/予想外の出来事で家計が苦しくなったら

第3章 確実に成果をあげるための必須知識
投資の大原則「自己責任」を肝に銘じる/リスクとリターン、そしてコスト
コストを甘く見てはいけない/リスクを減らす方法を知る
発行体・金融機関の破綻リスクを回避する/投資家の保護
「相手を知る」・4大マーケットの動きを知ろう/日本株の動きを知る
「3つの目」で世の中の情報をとらえる/1日160円、日経新聞を活用しよう

第4章 自分に合った金融商品を選ぶ
1 株式
どのように利益を得るか/知っておきたい株式の購入と保有のコスト
応援したい企業の株を買うのが基本/おさえておきたい株式選びの指標
単元未満株を買うこともできる/損が出たら、儲けが出たらどうするか
2 債券
債券は「借用証書」のようなもの/債券で悩ましいのは発行体と信用リスク
利子のつき方が違う債券/利率と利回りの違いを知っておこう/新発債と既発債
債券を途中で手放す時の注意/外債は為替変動に注意
個人向け国債は中途換金しても損しない/発行数がふえ人気が高まる社債
3 投資信託
最も「勧められるまま」に買っている金融商品/投資信託の仕組み
投資信託のメリット/投資信託のデメリット/分配金は「利子」ではない
目論見書は、5W3Hでチェックする/基準価額と純資産総額の推移
騰落率/熱心に勧められたらどうしたらいい?
山ほどある投資信託を絞り込む/「株式投資信託」と「公社債投信」
「インデックスファンド」と「アクティブファンド」/上場投資信託(ETF)
不動産投資ができるJ‐REIT/ファンドの顔が見える直販投信
投資信託の購入法、毎月積立もOK
4 外貨建て商品
共通する注意点は為替手数料と為替変動/信用リスクは外貨建て商品につきもの
円高になっていたら、どうする?/外貨預金について
5 保険
終身保険を運用として考える/外貨建て終身保険という選択肢も
個人年金の生命保険料控除

第5章 投資デビューを果たした人たち
最初半分、あとは月々の購入で株を始める(30代男性)
株主優待を目当てに、いつものスーパーの株を購入(50代女性)
ムダな金融商品を整理して早期退職に備える(50代女性)
毎月分配型投資信託で生活費をプラス(50代男性)
会社が日本版401Kを採用、運用方法は?(20代男性)
中期・長期で分けてストレス・フリーの資産運用(40代女性)
退職金の一部を年金で受け取り、残りを投資に(50代男性)
おまけ:「私の年金」はこう考える

初心者なら投資信託のココを知っておけ!失敗しないためのキホンとコツを徹底解説

大金を持って笑みを浮かべる男性

投資信託

投資信託を始める前に、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

20823_anime_kinri_AF_300x250

  • 国内株式個人取引シェア№1
  • 業界屈指の格安手数料
  • SBIグループ口座開設数720万突破

初心者なら投資信託のココを知っておこう

    投資信託のしくみを知っておこう
  1. プロの専門家に投資を任せる、それが投資信託
  2. 口座は手数料を比較して決めよう
  3. 株式や債券に不動産など種類が豊富
  4. 初心者でも始めやすいのでおすすめ
  5. NISAを活用しよう
  6. 手数料には要注意
  7. トータルリターンをチェックしよう

投資信託を始めるハードルは高くありません。

そもそも投資信託って何?

スマホで調べる女性

一言で言ってしまえば、「投資家たちからお金を集めて、その資金を元に投資・運用の専門家が資産運用をしてくれる商品」、それが投資信託です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる