初心者向けFX入門講座

日経平均PER 日経平均比較チャート

日経平均PER 日経平均比較チャート
テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

日経平均PER 日経平均比較チャート

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

2022/06/03 - メルカリ (4385) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。メルカリのみんかぶ目標株価は「4,255円」で【買い】と評価されています。AI株価診断では【割安】(理論株価 5,054円)、証券アナリストによる予想では【買い】(予想株価 4,168円)、個人投資家による株価予想では【買い】(予想株価 3,275円)と判断されています。メルカリは、【C2C、フリマアプリ、NFT】などのテーマ銘柄です。

日経平均株価(225種)(0000) チャート

  • 来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか
  • 株主総会で社長を凝視していたら元本18倍、億り人に
  • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月03日)
  • 「農業関連」が9位にランク、食料自給率向上の方針で根強い人気<注目テーマ>
  • NY為替:ドル・円は一時130円65銭まで上昇
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Uアローズ、ABCマート、ファストリ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月3日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Uアローズ、ABCマート、ファストリ
  • 「商社株」に長期上昇の追い風、エネルギー高騰に防衛関連の側面もオン <株探トップ特集>
  • ファーマフーズ【2929】、今期最終を一転赤字に下方修正
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ワコールHD、すかいらーく、リボミック
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(3):FIG、ACSL、エネチェンジ

お薦めコラム・特集

  • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集>
  • 来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか
  • 均衡表【買いシグナル】低PER 22社選出 <テクニカル特集> 6月3日版
  • 株主総会で社長を凝視していたら元本18倍、億り人に
  • 日経平均PER 日経平均比較チャート
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月3日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、
2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え
る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ

facebook-share

今週の日経平均株価は、経済活動の正常化もあって大幅に上昇!
4月21日の戻り高値を突破し、4月5日以来の水準を回復

日経平均株価チャート/日足・3カ月

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

来週の日経平均株価は、足元の上昇トレンドが継続!
「2万8000円」の大台を意識した値動きが続く可能性も!

【来週の日経平均株価の想定レンジ】
2万7550円 ~ 2万8150円


来週(6月6日〜10日)の日経平均株価は、足元のリバウンド基調が継続する展開に期待したいところです。 2万7500円辺りで底堅さが意識されてくるようだと、2万8000円の大台を意識したトレンドに向かう可能性があります

米国ではインフレに伴う景気後退懸念が警戒されていますが、恐怖指数である米国のVIX指数が低下傾向を見せており、市場ではすでに相当織り込まれていると見られます 。また、NYダウ、ナスダックなど主要な株価指数は、前週のリバウンドでテクニカルシグナルが好転してきているため、買い戻しの動きが引き続き意識されるでしょう。

さらに、 来週末の6月10日には、6月限の先物オプション特別清算算出日(メジャーSQ)が控えています 日経平均PER 日経平均比較チャート 。SQ週は9月限への限月交代に伴うロールオーバーの商いが中心になりやすく、基本的には膠着感が強まりやすい需給状況になります。ただし、今週の大幅なリバウンドによってポジション修正を迫られる格好から、先物買いの形でのヘッジ買いが強まりやすい状況です。

【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
サイバーステップが+105.41%で値上がり率トップ!

■今週の値上がり率 トップ5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 +105.41 サイバーステップ(東S・3810)
2 +75.90 日水製薬(東P・4550)
3 +69.49 キャンバス(東G・4575)
4 +59.37 東京通信(東G・7359)
5 +53.47 ガーラ(東S・4777)
■今週の値下がり率 ワースト5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 −18.86 キャンドゥ(東S・2698))
2 −17.55 Birdman(東G・7063)
3 −16.22 MITホールディングス(東S・4016)
4 −14.18 HYUGA PRIMARY CARE(東G・7133)
5 −14.16 ウッドフレンス(東S・8886)
■今週の出来高 トップ5
順位 出来高(株) 銘柄名(市場・コード) 日経平均PER 日経平均比較チャート ※クリックで最新株価・チャートへ
1 320,663,500 メディネット(東G・2370)
2 260,206,600 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東P・8306)
3 187,128,600 音通(東S・7647)
4 173,073,300 東京電力ホールディングス(東P・9501)
5 160,811,400 Zホールディングス(東P・4689)

【来週の主要イベント】
米国のCPIやミシガン大消費者態度指数、メジャーSQ、 日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均PER 日経平均比較チャート
ANYCOLORのIPO(新規上場)などに注目!

<6月6日(月)>
◆中5月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

<6月7日(火)>
◆4月全世帯家計調査/消費支出
◆4月景気先行指数/一致指数速報値
◆独4月製造業新規受注
◆米4月貿易収支

<6月8日(水)>
◆ANYCOLOR(5032) 東証グロース上場
◆決算:くら寿司(2695)
◆5月景気ウオッチャー調査−現状判断DI
◆4月国際収支/経常収支/貿易収支
◆独4月鉱工業生産
◆米4月卸売売上高

<6月10日(金)>
6月限先物オプション特別清算指数算出日(メジャーSQ)
◆決算:鳥貴族ホールディングス(3193)、三井ハイテック(6966)
◆5月国内企業物価指数
◆中5月消費者物価指数(CPI)
米5月消費者物価指数(CPI)
米6月ミシガン大学消費者態度指数速報値

【来週の注目銘柄】
「ヤクルト本社」「ベルトラ」「ワークマン」の3銘柄をピックアップ!

日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均PER 日経平均比較チャート
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! 日経平均PER 日経平均比較チャート ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

来週の日経平均株価の予想レンジを発表!の関連記事

【証券会社(ネット証券)おすすめ比較】 人気で選ぶ!みんなのおすすめネット証券会社 [2022年6月1日時点](2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! 日経平均PER 日経平均比較チャート ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

定期預金の金利が高い銀行ランキング[2022年6月] 貯金をするなら、メガバンクの100倍以上も高金利な 「SBJ銀行」など、お得な銀行に預けるのがおすすめ! 【2022年6月1日時点の定期預金の金利&キャンペーン情報を公開!】(2022.06.02)

「つみたて投資」をする投資信託を1本だけ選ぶなら、 海外株の「インデックス型投信」がおすすめ! 日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均PER 日経平均比較チャート 信託報 酬の安さと投資対象の幅広さに注意して商品を選ぼう(2022.06.01)

来週の日経平均株価の予想レンジを発表! バックナンバー

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ(2022.06.03)

来週(5/30~6/3)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6600~2万7100円! 水際対策の緩和など経済活 動の正常化で底堅さを確認すれば「2万7000円」突破も(2022.05.27)

来週(5/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6300~2万7300円! 円安による海外の資金流入 日経平均PER 日経平均比較チャート もあって底堅く、好業績株は「押したら買い」ムードに(2022.05.20)

来週(5/16~20)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5800~2万6800円! 決算発表のピーク通過で、 「株価がふるわない好業績銘柄」の見直し買いに期待!(2022.05.13)

来週(5/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6700~2万7700円! 2400社超の決算発表が集中 する中、決算前後の“利益確定”や“株価見直し”に注意(2022.05.06)

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? 日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均PER 日経平均比較チャート アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29) 日経平均PER 日経平均比較チャート
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) 日経平均PER 日経平均比較チャート ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.1)
  • (まとめ)日経平均は米国株高を受けて反発 今晩発表の米雇用統計に注目 - 市況概…
  • 米インフレ懸念の後退からハイテク関連株中心に買いが先行する展開に
  • アルチザ、FIG、ピープルなど
  • 出来高変化率ランキング(14時台)~iFEナ100無、助川電気がランクイン

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

日経平均PER 日経平均比較チャート ◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

日経平均株価のPERが22.7倍。えっ?22倍って高いんじゃないの?

では、 PER が低くなる時ってどういったときなのか考えてみましょう。 景気も良くない 、 企業業績も下向き 。当然、 1 日経平均PER 日経平均比較チャート 株当たりの純利益 は小さく なると予想されます 。 PER は 株価 を 1 株当たりの純利益 で割ったものですから、株価が同じ なら 、 分母の 純利益が 小さくなると PER は高いままです。そうなると、株価は「割高」とみられ て売られるので株価が下がるとPERは低くなります さらには、投資家が、 この先 もっと景気が悪くなって、さらに企業業績も悪くなると 思ってさらに 株式を売 れば 株価 は 安くな る。そうなれば PER は さらに低く なっていく 。 そんな 弱気相場 になって しまったときの PER は 10 倍台前半に なることも あります。

逆に、 PER が高くなる時ってどういうときかです。 景気 は 良くなりそう だし、 企業業績も上向き そう 。 当然 1 株当たりの純利益 も大きくなり そうと予想されます。 この時 は 、 分母の純利益 が 大きくなる と予想される わけですから 、株価が同じなら PER は低いままです 。そうなると、株価は「 割安」とみられて買われて株価が上がるとPERは高くなります 。さらに、まだまだ業績は良くなりそうだ、今のうちにもっともっと買っておこうとなれば、 PER は さらに 高くなっていく。こういった 強気相場 になると PER は 20 倍台にまで高くなること が あります。

こういった風に、 PERは景気が良くなったり悪くなったりする中で、企業業績が良くなったり悪くなったりすると予想することに加え、さらに投資家の投資マインドが強気に変わったりとか弱気に変わったりすることでその 水準が変わるということ になります。

じゃ、今の水準ってどうなの?って、日経新聞の投資指標欄をみると、 先週末の日経平均株価のPERは22.6倍と載っています。えっ?22倍って高いんじゃないの? っていうことになります。

PER は個別銘柄でみるのが一般的ですが、相場全体をみる場合は株価指数で PER をみることもあります。日経平均の PER は、 日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均株価に採用されている 225 社の 今期の 予想 一株純利益 の平均に対して、 現在の日経平均 株価 日経平均PER 日経平均比較チャート が 22. 6 倍 になっているという意味です。

新型コロナの影響で 外食をはじめ、サービス業などをみる限り 景気はよくないし、 ましてや 日経平均PER 日経平均比較チャート 航空会社や鉄道会社なんてさらにひどいことになっている。 これから感染者も増えるかもしれない・・・先々どうなるかわか らいというのが本当のところ。今の景気の現状をからすると、とても株なんて買えやしないというのが普通に思うところです。

それなのに 、今のマーケットで 日経平均株価 は 新型コロナ感染拡大前の高値に迫る勢いです。個別銘柄 でみると 、すでに年初の高値を抜いて上値追いという銘柄だってあります。

なぜこんなことが起こっているかというと、 今の マーケットはきっと、もっと先のことをみている から、ということなんです 。

この先、新型コロナの治療薬やワクチンの開発が進めば、きっとみんなが元の生活に戻ることができるだろうし、 街にも活気が出てくる。 人が動くようになれば、ものやサービスの動きだって多くなる、 そうなれば 景気だって今よりよくなるはず。 そんなことを市場は予想しているんでしょう。

PER に話を戻すと、今、表示されている 日経平均株価 の PER は、 今期( 来年 3 月 期) の 企業の 業績予想をもとに、 日経平均株価 に採用される各企業の 1 株当たりの純利益 日経平均PER 日経平均比較チャート の平均 を 22. 6 倍したもの 。ざっくりと、来年 3 月の 日経平均株価 の 1 株当たりの 予想 純利益 は 1,0 40 円 です 。これを 22 . 6 倍すると 約 23,600 円 ということ になります 。

ではもっと、もっと先の来期(再来年の 3 月期)をみてみましょう。複数の証券会社のアナリストの予想をもとに計算した来期の 日経平均株価 の 1 株当たりの予想純利益は 約 1,600 円 です 。 来期 の企業業績は、 今期 よりも 5 割くらい増えているとの予想です。きっと 、新型コロナの いい治療薬もできて いて 日経平均PER 日経平均比較チャート 、ワクチンも 開発されていて、世界中で 感染拡大も収まって いるだろうし、オリンピック・パラリンピックだって予定通り来年夏には開催されるだろうしというようなことを想像しているに違いありません。

今の日経平均株価を 来期 の予想利益水準からみていくと どうなるか?

現在の日経平均は 23,500 ですから、 PER は、 23, 500 円÷ 1,600 円= 14. 7 倍 となります。

ちょうど 「標準的な水準とあった PER15 倍くらい 」に近づ くとの予想です。 第 1 回 に「 PERのミソ は 将来の 予想一株純利益を使うことにある」と 申し上げました。こういうことなんです。

だからトレーダーふっちーは今の株価水準は決して割高じゃない、いや、まだまだ業績の改善は見込めるだろうし、さらにはアフターコロナを見据えて新たなビジネスチャンスだって増えていることを考えれば、 マーケット全体としても さらに業績改善は見込めるはず。こんなシナリオです。

スマートフォン専用トレーディングアプリ

補足

テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

テクニカル指標の設定を変更する

  • 1. 「テクニカル」をタップする

補足

テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

日経平均PER 日経平均比較チャート 日経平均PER 日経平均比較チャート
テクニカル指標 変数の範囲
移動平均線 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
ボリンジャーバンド 期間を1~150まで設定できます。
一目均衡表 転換線、基準線、スパンともに1~150まで設定できます。
指数平滑移動平均 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
多重移動平均 最短期間は1~254、最長期間は1~255、本数は15まで設定できます。
パラボリック AF、上限ともに0.01~1.00まで設定できます。
MACD 短期EMA、長期EMA、シグナルともに1~150まで設定できます。
RSI短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
RCI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
DMI/ADX DI、ADX、ADXRともに1~150まで設定できます。
ストキャスティクス %k、%D、Slow%Dともに1~150まで設定できます。
移動平均乖離率 短期、長期ともに1~255まで設定できます。
サイコロジカル 期間を1~255まで設定できます。
標準偏差 期間を1~255まで設定できます。
モメンタム 期間、シグナルともに1~255まで設定できます。

比較チャートを表示する

  • 1. 片方の銘柄のチャート画面で、「テクニカル」をタップする

補足

比較チャートを表示している場合は、同時にサブチャートは表示できません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる