タダで投資

FX初心者必見

FX初心者必見

FXの仕組みで注意する必要があるのは以下2点です。

【初心者必見】FXの仕組みとは?利益の出し方やリスクの避け方をわかりやすく解説

FXは外国為替証拠金取引と呼ばれており、異なる2つの通貨を交換することで利益を得る仕組みです。
FXはForeign Exchangeの略語ですが、Foreign Exchange(外国為替取引)とは少し意味が異なります。
例えば、海外旅行に行く際に、銀行で円をドルに交換できます。この円をドルに変える行為が外国為替取引です。そのため、実際に海外にいった際にも「Foreign Exchange」と書いてあるお店では両替ができます。 FX初心者必見
この際両替できるのは、手元にあるお金との交換です。それ以上の交換はできません。

しかし、FXの場合には、手持ち現金が十分でなくても取引ができてしまいます。
ここには、 FX初心者必見 FX特有の証拠金取引という特徴があります。
取引の一部のお金さえあれば元本以上の取引ができるのがFXの特徴で、これをレバレッジと呼びます。
このため、元本を超えた取引ができる外国為替取引をFXと呼ぶと認識しておきましょう。

FXの基本的な仕組み

FXの基本的な仕組みは、 2つの通貨を交換することで利益を生み出すこと です。

手数料に含まれるスプレッドとは?

FX取引をする際にはスプレッドの概念を理解しておく必要があります。
スプレッドとは、外貨を取得する際にかかる手数料のこと です。
例えば皆さんがFXでドル買いの注文をすると、FX会社もリスクを軽減するために、同じ値段で市場からドルを引っ張ってきます。
この際に、FX会社は市場からドルを買ってきた手数料として「スプレッド」という名前の手数料を皆さんから徴収しています。
このスプレッドも手数料の1つなのですが、他の手数料とは別のものだと考えられています。
そのため、「手数料が無料」というFX会社でも、スプレッドは別途かかります。
実は、このスプレッドが大きいか小さいかは、FX取引をする際に非常に重要な基準です。このため、FX会社を選ぶ際には、必ずスプレッドが他社比較やすいかどうかを確認するようにしましょう。

FXではどれくらの資金が必要?

ここでレバレッジが25倍の場合は100,000円÷25(倍)=4,000円あれば取引が可能です。
一方で、最低取引通貨単位はFX会社によって異なりますので、例えば10,000通貨〜しか交換できないということであれば、レバレッジ25倍でも4万円の自己資金が必要となります。
FX会社の最低取引通貨単位は1,000通貨〜10,000通貨なので、目安としては4,000円〜100,000円の資金が必要です。

FXの利益の仕組み


FXの利益の仕組みは以下2つです。

為替差損益(キャピタルゲイン)

まずは為替差損益(キャピタルゲイン)です。
為替差損益(キャピタルゲイン)とは、取得した通貨の価格よりも高い値段で売ることを目的 とします。
このため、注目するのは価格の変動です。
1通貨当たりの値段が今安いか高いのかという基準で買収し、その後採算が取れたら売却するのがキャピタルゲインです。

スワップポイント(インカムゲイン)

次にスワップポイント(インカムゲイン)です。
スワップポイントとは、通貨の金利差に注目した利益 です。
日本は低金利の国ですが、海外の新興国では金利が高い国がいくつもあります。このため、金利が高い国の通貨を持つとスワップポイントがつきます。
スワップポイントを獲得するためには、1日以上通貨を保有する必要があるので、長期のトレードではスワップポイント目的のトレードがされることが多いです。

FXのレバレッジとは?


FXのレバレッジは、少ない原資で大きな取引をすることをいいます。
レバレッジを利用しないと、多額の原資が必要 です。
FXでどのくらいの資金が必要になるかという話で簡単にレバレッジについても触れましたが、10,000通貨が最低通貨単位の場合に1米ドル100円で取引をすると、最低100万円の資金が必要になってしまいます。
これがレバレッジ25倍であれば100万円÷25(倍)=4万円で済みますので、レバレッジの有無は非常に重要です。
このため、FX取引においては、レバレッジの利用が不可欠ともいえます。

FXのロスカットとは?


ロスカットとは、必要証拠金が一定の金額を割ってしまった際に発生する仕組みです。
ロスカットが発生すると、 全てのポジションが解消されます。 高レバレッジの際に発生しやすいのがロスカットです。
ロスカットは一見かなり強引な手続きにも見えますが、ロスカットが発生することで損失を抑えることができるのがメリットです。
もしロスカットがなかった場合には、原資の何十倍もの損失が発生し、日常生活にも支障をきたす可能性があります。ロスカットは、政府が各FX会社に定めている制度なのです。
参考:ロスカット・ルールの整備・遵守の義務付け | 金融庁

FXの仕組みで注意すること


FXの仕組みで注意する必要があるのは以下2点です。

  • 証拠金の仕組みに注意する
  • 相場状況によってはスプレッドが変化するので注意

証拠金の仕組みに注意する

まずは証拠金の仕組みに注意しましょう。
証拠金が少ないと思わぬロスカットが生じてしまう 可能性があります。
例えば、DMM FXでは証拠金のシュミレーションができます。
上記はドル/円をレート110.219円1lot(10,000通貨)、レバレッジ25倍で購入した際、の必要証拠金ですが、44,087となっています。
だから口座に44,087円入れておけばいいと考えてしまうと、強制ロスカットが発生する可能性があります。
上記の場合ですと、仮にドル/円レートが108円になってしまうと純資産額は以下の通りです。(仮に44,087円しか入金していなかった場合)

相場状況によってはスプレッドが変化するので注意

スプレッドも相場次第では変わることがあるので注意が必要です。
スプレッドを原則固定にしている会社であったとしても、 急な相場の上下があった場合にはスプレッドを維持できなくなる可能性があります。

上記はDMM FXのQ&Aですが、原則固定であったとしても、多くのFX会社でこのような但書きがされていることがあります。
大きな相場の上下があった場合には、スプレッドが固定から変動に変わる可能性があることを留意して取引をするようにしましょう。

初心者がFXを始める際のポイント


初心者がFXを始める際のポイントは以下3つです。

  • マイナー通過を選ばないようにする
  • まずはデモから小額取引で始めよう
  • 恐れずに損切りをしよう

マイナー通貨を選ばないようにする

結論、初心者のうちはマイナー通貨を選ばないようにするのが無難です。
マイナー通貨とはFX取引で見ることが少ない通貨のことをいいます。
マイナー通貨は流動性に欠ける通貨も多いため、 大きく値段が変動するハイリスクな取引となる傾向があります。
そのため、資金が十分にないと、短い時間で大きく値動きが変わり、ロスカットされてしまう可能性も高くなります。
もちろん、そのハイリスクハイリターンなのが良いという方もいるかもしれませんが、まだ自分のルールも確立していない時点でハイリスクな相場に入るのはおすすめできません。
まずは、メジャー通貨で練習をしてから、ハイリスクな相場への参入を目指した方がリスクが少なく、相場感を掴む練習になります。

まずはデモから小額取引で始めよう

初心者は、 まずはデモ取引から始めること をおすすめします。
デモ取引とは、アプリや相場などは本番の状況ですが、リアルマネーを利用しない仮想取引のことをさします。このため、どれほど利益が出ても得はしませんが、どれほど損失を出しても実損は出ません。
FXのデモ取引を利用することで、アプリの実際の使い方だけではなく、相場がどう変化するかまで勉強できますので、まずはデモ取引から始めてみるようにしましょう。
その後慣れてきたら、本取引へと進みますが、この際も小額取引から始めるようにしましょう。
リアルマネーになると、今まで出来ていたはずの損切りや利確が途端にできなくなるケースも多いです。
タイミングを間違えて、せっかくの資金が水の泡とならないためにも、まずは小額取引から始め、その後取引金額を大きくしていくのが良いでしょう。

恐れずに損切りをしよう

最後に、恐れずに損切りをする姿勢を忘れないようにしましょう。特に、初心者のうちは含み損が出てしまうと、なかなかポジションが解消できずにずるずると損をしてしまうことがあります。
FXで最も恐ろしいのは感情で取引をすること です。感情で取引をしてしまうと、合理的な判断ができなくなります。
このため必ず自分のルールを設けてトレードをするようにしてください。
そして、決めた損切りラインがきたら必ず損切りをするという習慣を身に着けるようにしましょう。

【Q&A】FXについてよくある質問

質問


ここからは、FXについてよくある質問をまとめます。

FXはやめとけと言われてしまうのですが。

FXをやめとけと言われてしまうのは、FXがリスクが高い取引方法だと認識されていることが原因の1つです。
ですが、 FXは小さく初めてリスクを抑えることもできます。
このため、FXはやめとけと言われる理由を確認した上で、そのリスクを排除できそうかをご自身で判断することが大切です。
もしそのリスクを排除できないのであればFXは向きませんし、リスクを排除できるのであればFXを始めても問題はないでしょう。
ただ、元々ギャンブル気質があったり、金銭管理に疎い方は、FXは向かない可能性があるのはたしかです。

FXの利益の出し方を教えてください。

このうち、 初心者であればスキャルピングとデイトレードがおすすめです。
スキャルピングは短い時間で取引を繰り返す方法で、少しの利益を積み重ねるのでリスクが低いFX取引の方法だといわれます。 FX初心者必見
また、デイトレードも日付を跨がないため、寝て起きたら強制ロスカットが生じていたなどが起こらない手法です。
どちらが向いているかは人によって違いますが、まずはデモトレードの段階で、利益が取れる手法を選び練習することが利益を出す近道です。

FXの取引所ってなんのことですか?

FXの取引所とは、東京金融取引所のこと です。
FX会社が店頭取引と呼ばれているのに対し、東京金融取引所を使うFX取引のことは取引所FXと呼びます。
取引所FXでは、取引手数料がかかる場合や、スプレッドが変動スプレッドになるデメリットはありますが、資金が東京金融取引所に全額預けられ、保管されるため安心というメリットがあります。
店頭FXよりも透明性が高いと表現されることが多いです。
しかし、一般的にFX取引をするとなると、取引所を利用するのが一般的です。

初心者におすすめのFX会社5選!


初心者におすすめのFX会社を5つ選びましたのでそれぞれ紹介します。

DMM FX

  • 口座開設が即日でできる
  • ツールが使いやすい
  • スマホアプリが使いやすい

DMM FXはまず口座開設が即日でできるのが特徴です。
FXを始める際に困るのが、即日口座開設をしたいのに開設までに時間がかかってしまうパターンです。
しかし、DMM FXでは最短1時間で口座開設ができます。
まずは、 FX初心者必見 とにかくすぐに始めてみたいという方のニーズを満たせる のはDMM FXならではの強みといえます。

次に、DMM FXのツールは使いやすいのが特徴です。FX会社のツールは物足りなく、今まで別画面で違うツールを使っていたという方であっても、DMM FXではその手間がなくなる可能性があります。
DMM FXには以下6つのツールがあります。

GMOクリック証券(FXネオ)

  • スピード注文が使いやすい
  • スワップポイントが高水準
  • 取引手数料が0円

GMOクリック証券(FXネオ)はスピード注文が使いやすいのが特徴です。
GMOクリック証券(FXネオ)では1クリックで注文できるスピード注文を行えます。細かい設定をせずとも注文ができるので、便利だという声が多いです。
また、何よりも注文が通りやすいのも特徴で、FX取引において致命的な注文が通らないことがほとんどないのもメリットです。

GMOクリック証券(FXネオ)のその他のメリットとしては、 スワップポイントが高水準なことも挙げられます。
スワップポイントが高いと、スイングトレードをする際に有利です。
このため、デイトレードだけでなく、スイングトレードで中長期的なFXをしてみたい方にはGMOクリック証券(FXネオ)はおすすめできます。

  • 取引通貨が1通貨単位から
  • レバレッジは4つのコースから選べる
  • コールセンターは7:00~23:00まで対応

FXを始める際にネックなのが、取引通貨単位が大きいことです。
例えば、取引通貨単位が10,000通貨からのFX会社であれば、仮に1ドルが100円であっても100万円の原資が必要です。
もちろんレバレッジをかけるので実際に必要な金額はもう少し小さくなりますが、高レバレッジになってしまうのも嫌というのが初心者の本音でしょう。
松井証券FXであれば、取引通貨が1通貨単位から なので、この問題をクリアできます。
理論上は1米ドル100円であれば、100円から投資ができることになるのでリスクを下げられます。
また、レバレッジは残高によって変化するというFX会社がある中で、松井証券FXでは4つのレバレッジから選択して自身にあったレバレッジを選べます。
このため、レバレッジを固定できるのも松井証券FXのメリットです。

初心者必見!FXを始める前にやること

引用http:FX初心者必見 //semiritaiafx.com/archives/22999484.html

● 勉強してからやるべき?

● 初期資金は?

為替なら 10 万、株なら 30 万くらいですかね。

海外 fx なら数万円で大丈夫です!

● 最初に読んでおいたほうが良いものは?

やる分野のファンダメンタルの入門本とトレードに関する入門本 FX初心者必見 1 冊ずつかな。

どこの口座を解説すればいいの?

fxはシンプルな手法で大丈夫!

ハイレバfxでの資金管理の方法(バルサラの破産確率)

LINE証券のメリット・デメリットって何?徹底比較

株で使える決算書(BS損益計算書・PL貸借対照表・CFキャッシュフロー)FX初心者必見 の見方

世界の有名な投資家3選(バフェット、ソロス、リバモア)

各国のバランスシートを徹底比較(日本、アメリカ、EU)

~ブログのコンセプト~
大学生から知っておきたい投資の話
→時々訪れる市場のチャンスを手にする勉強法。

1

日本で余裕で億越えの有名なトレーダー(テスタさん、CISさん、BNFさん、片山さん)

2

おすすめ投資系YouTuberユウチューバー

3

絶対ツイッターでフォローすべし。おすすめ仮想通貨btcの大口トレーダー

4

大学生が投資してる割合ってどのくらい?

5

初心者必見! FXのチャート分析でうまく稼ごう!

初心者必見! FXのチャート分析でうまく稼ごう! 1番目の画像

出典:pixabay.com

FXチャートとは?

このFXにはレバレッジという制度が採用されており、最大で元金の25倍の取引を行うことができる。さらにFXにはスワップポイントという金利差に応じた利息を得ることができるのも魅力の一つである。このFX取引は外貨の交換のタイミングが当然重要になってくるのだが、この際に参考になるのがFXチャートである。FXチャートは過去の為替の値動きを価格や時間といった指標を軸にしてグラフ化したもののことである。このFXチャートは口座開設したFX取引会社のwebで確認することができるので、FXを始めたらしっかり確認しておきたい。為替などのデータは数字のデータだけではよくわからないので、こうしたグラフのチャートで為替の動きを視覚的に捉えられるメリットは大きい。今後の値動きをこのチャートは為替の値動きを予測する際のある程度の書評として活用することができるのである。

FXチャートの見方を勉強しよう

ロウソク足とは、名前の通り、ろうそくの形を用いて、為替の値動きをわかりやすく表現したグラフである。このロウソクの形からその日の始値と終値、高値と安値を把握することができる。このロウソク足には大きく陽線と陰線という二つの種類があり、通常は青と赤などの二色に色分けがされている。陽線は始値を終値が上回った場合、陰線はその逆をあらわしている。ロウソクの先についているヒゲという部分の端はそれぞれ高値と安値をあらわしている。

FXチャート分析は?どうやって稼ぐの?

さて、FXチャートの見方については理解していただけただろう。ここからはこのチャートを以下に分析して利益に繋げていくのかということを説明していこうと思う。まず、基本的にはチャートからトレンドを把握することが重要である。相場が大きく見て上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのか、それとも横ばいなのかをきちんと理解することが重要である。特にFXを始めたばかりの初心者の方はまずはトレンドを読んでそれに従って投資していくといいだろう。

さらにこのトレンドを読みやすくするようにトレンドラインを引いてみるとトレンドの転換点を読みやすくなる。トレンドラインにはいろいろな種類があり、ロウソク足の下側が複数接するように引くのがサポートライン、その逆に上側に引くのがレジスタンスラインといい、こういった補助線をうまく活用することでトレンドを読みやすくすることができる。このようにFXチャートを利用してトレンドを読んで、うまく投資できるようにするといいだろう。

tel

03-5219-6552

2020年3月30日 2021年12月24日 投資

【初心者必見】投資ってなに?投資の種類やメリット・デメリットを紹介

資産運用画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

そもそも投資とは?

投資とは、自己資金を投じ、資産を増すことです。一口に投資といってもさまざまな種類があるため、目的や目標金額に合わせて選ぶことが重要となります。
たとえば、独身の方が結婚に向けて行う投資、既婚の方が子どもの将来のために行う投資など目的や目標金額はさまざまです。
さらに、リスクについても把握する必要があります。ハイリスクハイリターンなものからローリスクローリターンなものまで投資の種類によってリスクが異なるため、「どこまでリスクを許容できるか」を考えるのも大切な要素です。
投資と似た言葉に「資産運用」がありますが、これらには違いがあります。投資は「利益を得るために積極的に資金を投じる」のに対し、資産運用は「資産を増やす、もしくは減らさないために行う」要素が強いのが特徴です。違いを明確にした上で、投資についての知識を増やしていきましょう。

投資の種類10選!各投資の特徴やメリット・デメリットとは?

  • 保有しているだけで配当金や株主優待を得られる
  • 株主総会の参加権を得られ、会社の経営戦略や人事決定などに意見できる
  • 常日ごろから経済や政治に目を向け、情勢を把握できるようになる

デメリット

  • 最低でも10万円ほどの元手が必要になる
  • 銘柄探しに多くの時間を要する

FX(外貨為替取引)

FXは「Foreign Exchange」の略で、正式には「外国為替証拠金取引」のことです。文字どおり、外国為替を利用して利益を得る投資方法です。米ドルを始め、世界中のさまざまな外貨を売買して、為替レートの変動を見極めて差益を狙います。
「レバレッジ」といって、少ない資金で大きな投資ができるのが特徴です。証拠金の数倍から数十倍の取引が可能で、国内のFX会社の最大レバレッジは25倍となっています。ほかにも、外貨を保有することで発生するスワップポイント(政策金利の差)によって継続的な利益を生むこともできます。

  • 資金が少なくても多額の利益を上げられる可能性がある
  • 4,000円ほどからと、比較的少額から取引できる
  • 平日であれば24時間いつでも取引可能である
  • 取引できる外貨ペアが限られているため、投資先が見つけやすい
  • 保有し続ければスワップポイントで利益を上げられる

デメリット

  • 平日は24時間価格変動し続けるため、常に管理する必要がある
  • 価格変動の動きが激しいため、大きな損失を計上する恐れがある
  • 仕組みが分かりやすく、老若男女誰でも始めやすい
  • 元本割れのリスクがないため、安心して投資ができる

デメリット

  • ほかの投資方法と比較すると、大きな利益は得られないことが多い
  • 経済情勢などによって金利が低くなると、得られる利子が少なくなる
  • ・投資の専門家が運用を代行してくれるため、初心者でも始めやすい

デメリット

  • 多くの商品の中から自分に合った投資信託を探す必要がある
  • プロの投資家に任せても、元本割れのリスクは排除できない
  • 手数料がかかる

不動産投資信託

    FX初心者必見
  • 実際に不動産を保有する必要がないので、少額の資金から投資が可能
  • 専門家に運用してもらえるため、管理の手間がかからない
  • 急落リスクが少ないため、安定した利益を得やすい

デメリット

  • 投資している不動産の管理権限は得られない
  • FX初心者必見
  • 自然災害による損傷や倒壊、空室が多い場合などは損失を被ることもある

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

iDeCo

  • 積立金が所得から控除され、所得税や住民税の節約ができる
  • 運用益が非課税になる

デメリット

  • 基本的に60歳になるまでは引き出せない
  • 運用益は実績によるため、将来どのくらいの金額を受け取れるのかが不透明
  • 長期的に家賃収入を得られ、不労所得や年金対策になる
  • 不動産はインフレ、デフレでも価値が下がりにくい

デメリット

  • 初期投資が高額になりがち
  • FX初心者必見
  • 建物が壊れた、老朽化した場合に多額の修理費がかかる
  • 投資によって得られた利益に税金がかからない

デメリット

  • 非課税となる枠や年数が決められており永久的に利用できるわけではない
  • 金の価値によるシンプルな仕組みのため分かりやすい
  • 3000年以上価値が変わらない

デメリット

  • 価値の上がり下がりの判断が難しい
  • 基本的にドル建てで取引を行うため為替リスクをともなう
  • ほかの投資と比較して変動が激しく短期間で大きな利益を得られる場合がある
  • 24時間365日取引が可能である
  • 対応している店舗などがあれば日常生活でも使える

デメリット

  • 変動が激しいため短期間で大きな損失を被るリスクがある
  • ハッキングなどによって、保有していた仮想通貨が突然消失する恐れがある
  • 法律で規制される可能性を排除できないため、将来性が不透明である

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

始める前に知っておきたい!投資のリスク・リターン・期間

投資のリスクとは?

短期間におすすめの投資:FX

中期間におすすめの投資:投資信託

長期間におすすめの投資:iDeCo

投資開始までの流れ

現状を把握

投資を始めるには、まずは自分の現状把握が大切です。どれくらいの金額を投資に回せるのかを把握しましょう。
投資の種類によって、最初にどのくらいの金額が必要であるかが異なります。少額からできる投資、多額の資金を必要とする投資などさまざまです。いくら「この投資を行いたい」と考えても、初期投資として必要な資金を捻出できなければ、投資を始めることができません。
また、目標金額を設定したとしても、投資が少額であるといつまでも達成できない可能性もあります。

ゴールを設定

現状を把握したら、次にゴールを設定します。ゴールは「目的」と「金額」の明確化が重要です。
投資を行うと決めた際、なぜ投資を行おうと思ったのかを思い出しましょう。投資を行うと決めた際の理由を目的とし、最終的に得たいと思っている金額を設定します。目標の金額を設定すれば、どれくらいの資金を投じるかの明確化が可能です。
投資する目的としては、「住宅購入」「結婚資金」「教育資金」「老後資金」などが挙げられます。それぞれの目的によって、最終的にどのくらいの金額を得たいのかが変わるでしょう。
たとえば、結婚資金とするのであれば「結婚式の費用分」、教育資金であれば「大学の学費の足しにする」などです。定めた目的に合わせて目標金額を決め、ゴールを設定しましょう。

ゴールに合わせて商品を選択

ゴールとして決めた目標や金額などに合わせて、どの投資を行うかを決定します。それぞれのゴールによって、合う投資は異なります。投資を開始する日からゴールまでの期間、得ようとしている金額などから投資を決定しましょう。
たとえば、「住宅購入の頭金を得る」という目的の場合、比較的短期間や中期間での利益を望むケースが多くなります。短期間や中期間であれば、FXや投資信託などの投資を選ぶことにつながります。
「老後資金を得る」という目的の場合、仮に投資開始日の年齢が50歳である場合、定年退職まで10年以上の期間があります。比較的ゴールまでの期間が長い場合は、リスクが少なく堅実に利益を得られるiDeCoなどを選ぶのがおすすめです。

【初心者必見】FXでおすすめな通貨ペアを解説!選び方・特徴とは?

FXの通貨ペアとは

FXは基本的に2つの通貨を取引します。

この時は 通貨ペアの売値と買値が表示されており、日本円のレートが表示 されています。

しかし、トルコリラ円、メキシコペソ円などの新興国通貨を取引したい場合は、FX会社をよく吟味しなければいけません。

FX主要通貨ペアの特徴

FX主要通貨ペアの特徴

それでは次にそれぞれの 主要通貨ペアの特徴 を見ていきたいと思います。

通貨ペア特徴
ドル円世界中で取引されている基軸通貨ですので、情報量が豊富です。そのため為替の予測がしやすいので初心者には最もおすすめな通貨ペアと言えます。
ユーロ円EU圏内で使われている通貨ですので、ヨーロッパ情勢によって為替が変化します。ヨーロッパの国の経済に詳しい場合はおすすめです。
ポンド円イギリスで使われている通貨で、比較的乱高下が激しいです。EUの情勢やイギリスの状況が関わってくる通貨ですので、予測が難しいという特徴があります。
豪ドル円金利が高くスワップ投資で人気のある通貨です。資源国ですので、石油などの資源価格で経済が変化するため別のベクトルでの視野が必要になります。
ニュージーランドドル円この通貨も豪ドルと同じく資源価格に影響を受ける通貨です。マーケット参加者が上記の通貨ペアよりも少ないので、為替が大きくブレることもあるので取引には注意が必要です。

ただこの中では圧倒的にドル円の情報量が多いので為替予測が立てやすく、おすすめの通貨となっています。

\口座開設&取引で100,000円もらえる/

FX新興国の通貨ペアの特徴

FX新興国の通貨ペアの特徴<

それでは次にボラティリティの高い 新興国の通貨ペアの特徴 をみていきます。

通貨ペア特徴
トルコリラ円トルコで使われている通貨で、政策金利が19.75%とかなり高いのが特徴です。ただ、国内政治が不安定なため局所的に大きな下落が目立ちます。
メキシコペソ円メキシコで使われている通貨で、アメリカとの関係が直接為替に影響します。もし、アメリカとの関係が悪化することになったら、為替は一気に暴落するので注意しましょう。
南アフリカランド円資源国の1つですので、資源価格に影響を受けます。最近では赤字が続いていた南アフリカランド経済の黒字化に向けた動きが活発化しているので、今後の期待が高い通貨です。

これらの新興国の通貨ペアはマーケット参加者が主要国通貨に比べて少ないので、為替の変動幅がかなり大きいです。

そのため、正確に動きを予測することができれば大きな利益を期待できますが、情報も少ないので 非常に投資判断が難しい通貨 と言えます。

短期的に利益を狙うのは難しいですが、どの通貨も政策金利が高い通貨ですので中長期的に保有する場合は、金利差の恩恵を受けられるためおすすめです。

これらの通貨は取引できるFX会社が限られているので、しっかりと取り扱っているかを確かめてから口座開設をするようにしましょう。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

FX初心者におすすめな通貨ペアの選び方

為替差益を狙う場合

為替差益を狙う場合

FX初心者必見 為替差益で収益を狙っていく場合のおすすめ通貨ペア を紹介します。

為替差益を狙う上で重要になるのは、スプレッドが狭く流動性が高いことです。

スプレッドが狭いことで取引コストを抑えることができる上に、流動性が高いと値動きが安定するので為替予測が立てやすいです。

ドル円は世界中で取引されている基軸通貨ですので、流動性はトップレベルで高い上に、スプレッドも各FX会社がかなり狭く提供しています。

そのため、 初心者にもおすすめできる通貨ペア です。

また、ユーロ円もEUで取引されている通貨ですので流動性が高く、スプレッドも低く提供されています。

ただこのユーロの政策金利が0%ですので、ユーロ円を買いで保有するとスワップポイントの手数料が発生しますので注意が必要です。

スワップポイントの収益を狙う場合

スワップポイントの収益を狙う場

次に スワップポイントで収益を狙っていく場合のおすすめ通貨ペア を紹介します。

スワップポイントで収益を狙うためには、政策金利を高く設定している通貨を選ばないといけません。

通貨ペア政策金利
トルコリラ14.00%
南アフリカランド4.25%
メキシコペソ6.50%

スワップポイントを狙った取引の場合、チャートを分析する手間がほとんどいらないので、時間のない社会人の方や学生におすすめな方法になります。

取引する際は、スワップポイントがなるべく高いFX会社を選ぶのがおすすめですので事前にリサーチをしてから口座開設をしましょう。

いくつかスワップポイントが高いFX会社があるのですが、 安定して高いスワップポイントを提供している会社と考えると、LIGHT FX、みんなのFXが最適 です。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

トレードスタイル別のおすすめ通貨ペア

それでは次に トレードスタイル別におすすめなFX通貨ペアを紹介 します。

スキャルピングトレードやデイトレードにおすすめな通貨ペア

スキャルピングトレードやデイトレードにおすすめな通貨ペア

スキャルピングトレードやデイトレードではテクニカルを使って為替予測を立てていくので、なるべく流動性が高い通貨を選ぶことが大切 です。

また、トレード回数が多くなるのでスプレッドが狭いということも重要なポイントです。

この2つの条件を考えると、ドル円とユーロ円が考えられます。

この2つの通貨の値動きの大きさを比べると、 ユーロ円の方がボラティリティが高い ので気をつけてください。

そのため、まずはドル円で取引を重ねてから値動きの大きいユーロ円を取引していくようにしていきましょう。

スイングトレードにおすすめな通貨ペア

スイングトレードにおすすめな通貨ペア

スイングトレードの場合は数日間や数週間に渡ってポジションを保有し続けるので、 ある程度値動きが大きくてトレンドが発生している通貨を選ぶことが必要 です。

また、値動きに変化がないレンジ相場になっている通貨をスイングトレードしても収益は少ないので、トレンドがしっかり発生している通貨を選ぶことが必要です。

\口座開設&取引で100,000円もらえる/

中長期投資におすすめな通貨ペア

中長期投資におすすめな通貨ペア

中長期トレードをする場合は、金利差が大きい通貨ペアを考える必要 があります。

日本円ベースで取引していく場合は、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソがおすすめです。

これらの通貨は高金利通貨と呼ばれ日本円との金利差が大きいため、長期的に保有することで大きな利益を狙うことができます。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

初心者は米ドル円の通貨ペアを取引するのがおすすめ

初心者の方が迷ったら 米ドル円を取引するのがおすすめ です。

米ドルは取引量が多いから為替が安定している

取引高は国内1位

1つ目の特徴は取引量が多いため為替が安定しているということです。

三井住友アセットマネジメントが発信しているレポートによると、2016年の為替のシェアのうち 米ドルが約40%、ユーロが約15%、日本円が10% と米ドルが圧倒的なシェアを記録しています。

通貨為替シェア
米ドル 43.8%
ユーロ15.6%
日本円10.FX初心者必見 8%
ポンド6.4%
豪ドル3.5%
スイスフラン2.6%

しかし、米ドルは取引高が大きいため為替変動のリスクを抑えることができるのです。

情報量も多いから相場を分析しやすい

情報量も多いから安心

米ドルは世界で一番取引されている通貨ですので、その分 情報量が豊富 です。

日本語でも各FX会社のアナリストが定期的にレポートを配信していますし、世界のニュースサイトでも米ドルの話題はトップニュースで扱われます。

テクニカル分析には一番向いている通貨ペア

テクニカル分析には向いている

これは1つのヘッジファンドや個人投資家が相場を動かせないほどに相場が大きいということになります。

これによって相場がマーケット理論に基づいて動いていくことが多いので、 これからFXをするという方はドル円で勉強をするのが効率的 です、

そのため、まずは米ドルで自分のスキルや知識を磨いていきましょう。

初心者にはおすすめしない通貨

新興国の通貨は控えておこう

新興国の通貨は注意

まず1つ目は新興国通貨です。

もし取引する場合は少額から取引するようにして、大きな金額をトレードしないように気をつけてください。

値動きが激しい通貨には気をつけよう

激しい通貨は控える

2つ目は主要国通貨であっても値動きの激しい通貨はおすすめできません。

そのため、FXを始めたての方がポンド円を取引すると損失が大きくなる可能性があるので、流通量が多くて、値動きが少ない米ドル円やポンド円をトレードしていきましょう。

FXの通貨ペアが多い会社ランキング

FXをする場合は 多くの通貨ペアを取り扱っている会社を選ぶのが効果的 です。

もし、欲しい通貨がメイン口座で取引できなかったら残念ですよね。

そうならないためにも、FXをする場合はなるべく 通貨ペアが多いFX会社を選ぶ ようにしましょう。

1位 ヒロセ通商

ヒロセ通商4
おすすめ度
通貨ペア 51種類
ドル円スプレッド0.2銭
安全性 A
最低取引単位1000通貨

他の会社が20種類程度しか通貨ペアを提供していませんが、ヒロセ通商は51種類の通貨ペアを提供しています。

主要通貨はもちろん、新興国通貨ペアまで対応しているので希望の通貨を取引することが可能です。

また、 最低取引単位が1000通貨ですのでドル円を取引する場合は4000円 から始めることができます。

もちろんスプレッドも業界最狭水準で提供されているので、コストの面からでもおすすめできるFX会社です。

\口座開設&取引で100,000円もらえる/

2位 FXブロードネット

FXブロードネットの総評

おすすめ度
通貨ペア24種類
ドル円スプレッド0.3銭
安全性A-
最低通貨単位1000通貨

次におすすめできるFX会社は FXブロードネット です。

また、FXブロードネットではFXの自動売買をすることができるので自分で取引するよりもコンピュータに任せたいという人には向いています。

この会社も1000通貨から取引ができるので、資金を抑えて取引したい人に最適なFX会社です。

\口座開設&取引で最大20000円!/

3位 外貨ex byGMO

外貨exbyGMO
おすすめ度
通貨ペア24種類
安全性 A
ドル円スプレッド0.2銭(原則固定)
最低取引単位1000通貨

次におすすめするFX会社は 外貨ex byGMO です。

この会社は24種類の通貨ペアが提供されていることに加えて、中国人民元の取引できます。

人民元は政策金利が高いので、スワップポイントが見込める通貨なのですが取り扱っているFX会社がかなり少ないです。

そのため、 人民元を取引できるこの外貨ex byGMOは人気が高いです。

また、この会社が提供しているスマホアプリは業界でもトップクラスの性能を発揮しますので、外出先でFXをする人には向いている会社です。

この会社も 1000通貨からFXができるようにサービスが提供されていますので、初心者の方にもおすす め できます。

\口座開設&取引で最大150,000円!/

FXのおすすめな通貨ペアまとめ

FXのおすすめな通貨ペアまとめ

いかがだったでしょうか、 今回はFXのおすすめな通貨ペアを紹介 していきました。

まだ取引する通貨が迷っているという人には情報量が多く、流通も安定しているドル円がおすすめです。

初心者の方でも比較的安定して値動きを予想できるので、相場観を身につけるためには最適な通貨です。

また、FXに慣れてくるうちに多くの通貨に興味が出てくると思うので、なるべく多くの通貨を取り扱っているFX会社で取引することが必要です。

\口座開設&取引で100,000円もらえる/

▼FXの始め方・やり方に関しては以下の記事をご一読ください!

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる