バイナリ―オプション取引

ヘッジ取引とは

ヘッジ取引とは
ロ、

Ⅴ.デリバティブ取引等

イ、

ロ、

イ、

ロ、

会計基準のヘッジ会計適用要件と法人税法の帳簿記載要件に関して税理士が解説します!

ヘッジ取引にヘッジ会計が適用されるのは、次の要件がすべて充たされた場合とする。
(1) ヘッジ取引時において、ヘッジ取引が企業のリスク管理方針に従ったものであることが、次のいずれかによって客観的に認められること
① 当該取引が企業のリスク管理方針に従ったものであることが、文書により確認できること
② 企業のリスク管理方針に関して明確な内部規定及び内部統制組織が存在し、当該取引がこれに従って処理されることが期待されること

金融商品会計基準では(1)の要件を 事前テスト 、(2)の要件を 事後テスト と呼んでおり、どちらも満たして初めてヘッジ会計の適用要件を満たすこととなります。

このように2つの厳格な適用要件が規定されている趣旨としては、「 企業の利益操作の防止等の観点 から、ヘッジ取引時にはヘッジ取引が企業のリスク管理方針に基づくものであり、それ以降はヘッジの効果について定期的に確認しなければならないという具体的な要件を定めている」とされています(金融商品会計基準104項)。

金融商品会計基準におけるヘッジ会計の適用要件

法人税法におけるヘッジ会計の帳簿記載要件

本記事では、法人税法のヘッジ会計の適用要件の全部を詳細にご紹介はできませんが、中でも特に注意が必要となるのが以下の 帳簿記載要件 と呼ばれるものになります。

内国法人が繰延ヘッジ処理の適用を受けようとする場合には、 デリバティブ取引等を行った日 において、 以下事項を帳簿書類に記載 しなければならないこととされています。
①ヘッジ対象資産等損失額を減少させるためにデリバティブ取引等を行った旨
②ヘッジ対象資産等
③デリバティブ取引等の種類、名称及び金額
④ヘッジ対象資産等損失額を減少させようとする期間
⑤その他参考となるべき事項

帳簿記載要件の趣旨は会計基準の趣旨と類似しており、 法人の恣意性を排除 という点に求められます。こうした趣旨から、帳簿書類記載要件として求められる記載は、 帳簿のみから法令上定められた事項を明確に判別することができるものでなければならず、他の事情も加味して理解することができれば足りるといえるものではないのであって、その記載をする時期についても、関係規定に従い当該デリバティブ取引等を行った日においてこれをする必要があると解するのが相当である とされています(TAINSコード:Z260-11570 H22.12.14東京地裁の裁判所判断部分より)。

現に、 会計監査でも問題視されなかったが、法人税法における帳簿記載要件を満たしていないとして争われた事例(TAINSコード:Z260-11570 H22.12.14東京地裁)もあり、この事例では最終的に最高裁までいきましたが納税者敗訴となっています 。

金融商品会計基準におけるヘッジ会計の適用要件と法人税法における適用要件は類似した部分もありますが、完全に一致していないので 会計と税務でそれぞれ適用要件を満たすかどうかの検討が必要 となります。

【市況】 株価指数先物 【週間展望】 ―2万7000円の抵抗線突破、メジャーSQ控えヘッジ対応が強まるか

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

●SQ値
01月限 日経225 28266.57 TOPIX 1988.69
02月限 日経225 27835.60 TOPIX 1965.67
03月限 日経225 25457.94 TOPIX 1808.03
04月限 日経225 27122.37 TOPIX 1904.02
05月限 日経225 25951.24 TOPIX 1838.12

◆日経225先物(日足)
始値 高値 安値 清算値 前日比
22/06 05月27日 26640 27020 26590 26810 +200
22/06 05月26日 26690 26900 26490 ヘッジ取引とは 26610 -70
22/06 05月25日 26740 26840 ヘッジ取引とは 26520 26680 -60
22/06 05月24日 27030 27140 26730 26740 -310
22/06 05月23日 26780 ヘッジ取引とは 27050 26370 27050 +280

◇TOPIX先物(日足)
始値 高値 ヘッジ取引とは 安値 清算値 前日比
22/06 05月27日 1880.0 1905.0 1876.0 1889.0 +11.0
22/06 05月26日 1877.ヘッジ取引とは 0 1892.5 1863.5 1878.0 +0.5
22/06 05月25日 1878.0 1885.0 1863.0 1877.5 -1.0
22/06 05月24日 1895.5 1904.5 1876.5 1878.5 -20.0
22/06 05月23日 1880.5 ヘッジ取引とは 1898.5 1859.5 1898.5 ヘッジ取引とは +18.0

●シカゴ日経平均 円建て
清算値 前日比
05月27日(06月限) 27140 +330
05月26日(06月限) 26960 +350
05月25日(06月限) 26790 +110
05月24日(06月限) 26675 -65
05月23日(06月限) 27085 +35
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
売り 前週末比 買い 前週末比
05月20日 3108億円 +261億円 7078億円 -63億円
05月13日 2847億円 +105億円 7141億円 +161億円
05月06日 2741億円 -107億円 6979億円 -314億円
04月28日 2849億円 +246億円 7294億円 -342億円
04月22日 2603億円 +53億円 7636億円 -332億円 ヘッジ取引とは
04月15日 2549億円 -298億円 7969億円 -873億円
04月08日 2848億円 -226億円 8842億円 -2056億円
04月01日 3074億円 ヘッジ取引とは +560億円 1兆0899億円 -2338億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
売り 前日比 買い ヘッジ取引とは 前日比
05月25日 8470万株 -247万株 2億6468万株 +449万株
05月24日 8717万株 -157万株 2億6019万株 -250万株
05月23日 8874万株 -265万株 2億6269万株 +237万株
05月20日 9140万株 -666万株 ヘッジ取引とは 2億6032万株 +151万株
05月19日 9807万株 +1539万株 2億5880万株 -21万株
05月18日 8267万株 +869万株 2億5902万株 +327万株
05月17日 7398万株 -474万株 2億5575万株 -840万株
05月16日 7872万株 -116万株 2億6415万株 -194万株
05月13日 7989万株 -2460万株 2億6609万株 +656万株
05月12日 1億0450万株 -37万株 2億5953万株 -645万株
05月11日 1億0487万株 +305万株 2億6598万株 +336万株
05月10日 1億0182万株 +1370万株 2億6262万株 +256万株
05月09日 8812万株 +824万株 2億6006万株 +463万株
05月06日 7988万株 -375万株 2億5543万株 -130万株
05月02日 8363万株 -191万株 2億5673万株 -949万株
04月28日 8554万株 +1662万株 2億6622万株 +596万株
04月27日 6892万株 -919万株 2億6026万株 -1244万株
04月26日 7811万株 -38万株 2億7271万株 -539万株
04月25日 ヘッジ取引とは 7850万株 +151万株 2億7810万株 -309万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
【2022年】
1月14日 701億円
1月25日 701億円
2月14日 701億円
3月07日 701億円
4月07日 701億円
5月19日 701億円

【仮想通貨】ポートフォリオとは?メリットや組み方・作る際のポイントを徹底解説

ポートフォリオとは

年金積立管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオ

https://www.gpif.go.jp/gpif/portfolio.html

ポートフォリオを組む際は、自分の目標や自分が許容できるリスクを考えることが重要で、状況によってはポートフォリオを変更することも想定しておくべきでしょう。

仮想通貨をポートフォリオに加えるメリット

インフレヘッジになる

1つ目のメリットはインフレヘッジになることです。

一般的には、現金を金や不動産、株式などに替える動きをさしますが、最近は仮想通貨をインフレヘッジとして保有する動きがみられます。

法定通貨が理論上無制限に発行できるのに対し、仮想通貨、中でもビットコインは発行上限が2,100万枚と決まっているため価値が希薄化(発行しすぎで価値が下落すること)しないと考えられているからです。

将来性がある

2つ目のメリットは将来性があることです。

仮想通貨の時価総額の推移

引用:Trading View

仮想通貨価格が下落した2022年5月の段階でも1兆2,800億ドルを維持していることから考えても、まだまだ将来性があると考えられます。

さらに、イーサリアムをベースとしたブロックチェーン技術の発展によりNFTやDeFiといった新しい分野の発展がみられることもプラス材料です。

ハイリターンが得られる可能性がある

3つ目のメリットはハイリターンを得られる可能性があることです。

イーサリアムの2019年10月から2022年5月までのチャート

Trading View ヘッジ取引とは

1年で1,300%上昇する資産は仮想通貨ならではといえるでしょう。

ビットコインやイーサリアムはほとんどの暗号資産取引所で取引可能ですが、DMM Bitcoinでは各種手数料が無料であるため低コストで取引できます。

少しでもコストを抑えて取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨をポートフォリオに加えるデメリット

市場価値が不安定である

1つ目のデメリットは仮想通貨の市場価値が不安定であることです。

2020年11月から2022年5月までのビットコインのチャート

Trading View

その後、再び上昇局面を迎え、2021年11月には最高値の1BTC=約7,300,000円に達しましたが、2022年5月には1BTC=3,ヘッジ取引とは ヘッジ取引とは 800,000円に戻ってしまいました。

わずか一年の間に1BTCの価格は380万円から730万円まで上昇し、380万円に下落してしまったことになり、仮想通貨の不安定さがあらわになりました。

ハッキングされる可能性がある

2つ目のデメリットはハッキングされる可能性があることです。

各取引業者はセキュリティ能力の向上を図っていますが、ハッキングリスクをゼロにできたわけではありませんので、リスクの一つとして頭の片隅に入れておきましょう。

仮想通貨が無価値になる可能性がある

3つ目のデメリットは仮想通貨が無価値になる可能性があることです。

LUNAの暴落時のチャート

ヘッジ取引とは ヘッジ取引とは Trading View

仮想通貨市場、最も急速な価値崩壊となったLUNAの一件は仮想通貨の危うさを世間に印象付ける結果となりました。

仮想通貨ポートフォリオを作る際のポイント

予算を決定する

1つ目のポイントは予算を決定することです。

自分が所有しているすべての資産(現金を含む)のうち、どのくらいを仮想通貨に割り振れるのかを見極め、予算を決定します。

ただし、仮想通貨に投資するのは余剰資金でなければなりません。

生活資金をボラティリティの高い資産に投じてしまうと、相場に翻弄されるようになり冷静な判断ができなくなる恐れがあるからです。

保有する銘柄を決める

2つ目のポイントは保有する銘柄の決定です。

各銘柄のバランスを考慮する

3つ目のポイントは各銘柄のバランスを考慮することです。

仮想通貨においても考え方は同じで、一つの銘柄ではなく複数の銘柄を取りそろえることでリスクを低減できます。

仮想通貨ポートフォリオのおすすめの組み方

高いリターンを狙う攻めの組み方

1つ目は高いリターンを狙う組み方です。

高いリターンを狙うということは、高いリスクをとる、すなわち「ハイリスク・ハイリターン」のポートフォリオとなります。

NFTの作成や取引、メタバースに興味があるのならエンジンコイン、動画やゲームなどのコンテンツ産業に興味があるならトロンというように、自分の興味がある銘柄に「その他」の50%を振り分けてもよいでしょう。

リスクを取りすぎない守りの組み方

2つ目はリスクを取りすぎない守りの組み方です。

ただし、攻めにせよ守りにせよ、どちらのポートフォリオでも他の資産クラスに比べるとボラティリティが高いため注意が必要です。

紹介した仮想通貨のうちビットコインやイーサリアム、リップルはDMM Bitcoinでも取り扱っています。

リターンを大きくする方法の一つがレバレッジ取引ですが、DMM Bitcoinでは2倍のレバレッジをかけた取引ができます。

レバレッジ取引に興味がある方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨取引におすすめの取引所

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:12種類
レバレッジ取引:19種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM BitcoinはDMMグループに所属する暗号資産取引所です。

仮想通貨を始めたての人にとって、仮想通貨取引は常に不安と隣り合わせですが、DMM Bitcoinでは、土日祝を含めた365日サポートするサービスを提供しています。

不便なく安心して取引を行いたいという方は、、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINEグループの関連企業が運営する暗号資産取引所です。

LINE BITMAXの魅力の一つは、NFT取引に積極的なところで2022年4月から「LINE NFT」のサービスをスタートさせています。

NFTというと高額なイメージがあるかもしれませんが、LINE NFTには1,000から取得できるNFTもありますので、興味がある方はLINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

LINE NFTに興味がある方は、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは2014年に解説された暗号資産取引所です。

そうならないためにはbitFlyerのようなセキュリティ能力が高い暗号資産取引所でアカウントを作成したほうが良いでしょう。

bitFlyerは7年連続でハッキングゼロという実績を持っていますので、安心して取引できます。

セキュリティ能力が高い取引所で安心して取引を行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 ヘッジ取引とは ヘッジ取引とは /先物取引を含む)

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

仮想通貨ポートフォリオに関するQ&A

  • 一度決めたポートフォリオは変えないほうがいいですか?
  • 日本で手に入らない仮想通貨をポートフォリオに入れるにはどうすればいいですか?
  • 草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですか?

一度決めたポートフォリオは変えないほうがいいですか?

一度決めたポートフォリオでも、偏りが生じたり状況が変化したりしたときは変更したほうが良いでしょう。

これでは、価値が不安定なその他の仮想通貨の割合が高すぎ、非常に不安定ですので、その他の仮想通貨の一部を売却し、ポートフォリオを修正したほうが良いでしょう。

このような軌道修正をリバランスといいますが、元に戻すだけではなく状況によって比率そのものを見直すリバランスも必要となるでしょう。

日本で手に入らない仮想通貨をポートフォリオに入れるにはどうすればいいですか?

ヘッジ取引とは ヘッジ取引とは 国内暗号資産取引所で仮想通貨を入手して海外の仮想通貨取引所に送り、それを使って日本で手に入らない仮想通貨を入手します。

草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですか?

草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですが、草コイン比率が高すぎるとリスクが大きくなり、ポートフォリオを維持できなくなる恐れがあります。

DMM Bitcoinは売買手数料や振込手数料、出金手数料などがすべて無料ですのでコスト削減に大いに役立つ取引所だといえます。

取引手数料などについて詳しく知りたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトでご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨ポートフォリオのまとめ

  • ポートフォリオとは保有している金融資産の組み合わせのこと
  • 仮想通貨をポートフォリオに加えるメリットはインフレヘッジになることや将来性があること、ハイリターンを得られる可能性があること
  • デメリットは市場価値が不安定で、ハッキングされる可能性があり、場合によっては無価値になる可能性があること。
  • ポートフォリオを決める際のポイントは予算を決め、それに従って保有銘柄を決めや各銘柄のバランスをとること
  • DMM Bitcoinのような多くの銘柄を扱っている仮想通貨取引所でアカウントを作成すると、ポートフォリオを作成しやすい

その理由はインフレヘッジになることや仮想通貨に将来性があること、ハイリターンを得られる可能性があることなどです。

しかし、仮想通貨には価値の不安定さやハッキングリスク、無価値になるリスクがあるので資産の全てを仮想通貨にするのはお勧めできません。

その上で、セキュリティ能力が高く、コールドウォレットでの運用や不正ログイン防止に努めているDMM Bitcoinのような暗号資産取引所で取引し、大事な資産を守りながらポートフォリオに従った運用をしてみてはいかがでしょうか。

【仮想通貨】ポートフォリオとは?メリットや組み方・作る際のポイントを徹底解説

ポートフォリオとは

年金積立管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオ

https://www.gpif.go.jp/gpif/portfolio.html

ポートフォリオを組む際は、自分の目標や自分が許容できるリスクを考えることが重要で、状況によってはポートフォリオを変更することも想定しておくべきでしょう。

仮想通貨をポートフォリオに加えるメリット

インフレヘッジになる

1つ目のメリットはインフレヘッジになることです。

一般的には、現金を金や不動産、株式などに替える動きをさしますが、最近は仮想通貨をインフレヘッジとして保有する動きがみられます。

法定通貨が理論上無制限に発行できるのに対し、仮想通貨、中でもビットコインは発行上限が2,100万枚と決まっているため価値が希薄化(発行しすぎで価値が下落すること)しないと考えられているからです。

将来性がある

2つ目のメリットは将来性があることです。

仮想通貨の時価総額の推移

引用:Trading View

仮想通貨価格が下落した2022年5月の段階でも1兆2,800億ドルを維持していることから考えても、まだまだ将来性があると考えられます。

さらに、イーサリアムをベースとしたブロックチェーン技術の発展によりNFTやDeFiといった新しい分野の発展がみられることもプラス材料です。

ハイリターンが得られる可能性がある

3つ目のメリットはハイリターンを得られる可能性があることです。

イーサリアムの2019年10月から2022年5月までのチャート

Trading View

1年で1,300%上昇する資産は仮想通貨ならではといえるでしょう。

ビットコインやイーサリアムはほとんどの暗号資産取引所で取引可能ですが、DMM ヘッジ取引とは Bitcoinでは各種手数料が無料であるため低コストで取引できます。

少しでもコストを抑えて取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨をポートフォリオに加えるデメリット

市場価値が不安定である

1つ目のデメリットは仮想通貨の市場価値が不安定であることです。

2020年11月から2022年5月までのビットコインのチャート

Trading View

その後、再び上昇局面を迎え、2021年11月には最高値の1BTC=約7,300,000円に達しましたが、2022年5月には1BTC=3,800,000円に戻ってしまいました。

わずか一年の間に1BTCの価格は380万円から730万円まで上昇し、380万円に下落してしまったことになり、仮想通貨の不安定さがあらわになりました。

ハッキングされる可能性がある

2つ目のデメリットはハッキングされる可能性があることです。

各取引業者はセキュリティ能力の向上を図っていますが、ハッキングリスクをゼロにできたわけではありませんので、リスクの一つとして頭の片隅に入れておきましょう。

仮想通貨が無価値になる可能性がある

3つ目のデメリットは仮想通貨が無価値になる可能性があることです。

LUNAの暴落時のチャート

Trading View

仮想通貨市場、最も急速な価値崩壊となったLUNAの一件は仮想通貨の危うさを世間に印象付ける結果となりました。

仮想通貨ポートフォリオを作る際のポイント

予算を決定する

1つ目のポイントは予算を決定することです。

自分が所有しているすべての資産(現金を含む)のうち、どのくらいを仮想通貨に割り振れるのかを見極め、予算を決定します。

ただし、仮想通貨に投資するのは余剰資金でなければなりません。

生活資金をボラティリティの高い資産に投じてしまうと、相場に翻弄されるようになり冷静な判断ができなくなる恐れがあるからです。

保有する銘柄を決める

2つ目のポイントは保有する銘柄の決定です。

各銘柄のバランスを考慮する

3つ目のポイントは各銘柄のバランスを考慮することです。

仮想通貨においても考え方は同じで、一つの銘柄ではなく複数の銘柄を取りそろえることでリスクを低減できます。

仮想通貨ポートフォリオのおすすめの組み方

高いリターンを狙う攻めの組み方

1つ目は高いリターンを狙う組み方です。

高いリターンを狙うということは、高いリスクをとる、すなわち「ハイリスク・ハイリターン」のポートフォリオとなります。

NFTの作成や取引、メタバースに興味があるのならエンジンコイン、動画やゲームなどのコンテンツ産業に興味があるならトロンというように、自分の興味がある銘柄に「その他」の50%を振り分けてもよいでしょう。

リスクを取りすぎない守りの組み方

2つ目はリスクを取りすぎない守りの組み方です。

ただし、攻めにせよ守りにせよ、どちらのポートフォリオでも他の資産クラスに比べるとボラティリティが高いため注意が必要です。

紹介した仮想通貨のうちビットコインやイーサリアム、リップルはDMM Bitcoinでも取り扱っています。

リターンを大きくする方法の一つがレバレッジ取引ですが、DMM ヘッジ取引とは Bitcoinでは2倍のレバレッジをかけた取引ができます。

レバレッジ取引に興味がある方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨取引におすすめの取引所

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:12種類
レバレッジ取引:19種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM BitcoinはDMMグループに所属する暗号資産取引所です。

仮想通貨を始めたての人にとって、仮想通貨取引は常に不安と隣り合わせですが、DMM Bitcoinでは、土日祝を含めた365日サポートするサービスを提供しています。

不便なく安心して取引を行いたいという方は、、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINEグループの関連企業が運営する暗号資産取引所です。

LINE BITMAXの魅力の一つは、NFT取引に積極的なところで2022年4月から「LINE NFT」のサービスをスタートさせています。

NFTというと高額なイメージがあるかもしれませんが、LINE NFTには1,000から取得できるNFTもありますので、興味がある方はLINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

LINE NFTに興味がある方は、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは2014年に解説された暗号資産取引所です。

そうならないためにはbitFlyerのようなセキュリティ能力が高い暗号資産取引所でアカウントを作成したほうが良いでしょう。

bitFlyerは7年連続でハッキングゼロという実績を持っていますので、安心して取引できます。

セキュリティ能力が高い取引所で安心して取引を行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

仮想通貨ポートフォリオに関するQ&A

    ヘッジ取引とは
  • 一度決めたポートフォリオは変えないほうがいいですか?
  • 日本で手に入らない仮想通貨をポートフォリオに入れるにはどうすればいいですか?
  • 草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですか?

一度決めたポートフォリオは変えないほうがいいですか?

一度決めたポートフォリオでも、偏りが生じたり状況が変化したりしたときは変更したほうが良いでしょう。

これでは、価値が不安定なその他の仮想通貨の割合が高すぎ、非常に不安定ですので、その他の仮想通貨の一部を売却し、ポートフォリオを修正したほうが良いでしょう。

このような軌道修正をリバランスといいますが、元に戻すだけではなく状況によって比率そのものを見直すリバランスも必要となるでしょう。

日本で手に入らない仮想通貨をポートフォリオに入れるにはどうすればいいですか?

国内暗号資産取引所で仮想通貨を入手して海外の仮想通貨取引所に送り、それを使って日本で手に入らない仮想通貨を入手します。

草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですか?

草コインをポートフォリオに入れても大丈夫ですが、草コイン比率が高すぎるとリスクが大きくなり、ポートフォリオを維持できなくなる恐れがあります。

DMM Bitcoinは売買手数料や振込手数料、出金手数料などがすべて無料ですのでコスト削減に大いに役立つ取引所だといえます。

取引手数料などについて詳しく知りたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトでご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨ポートフォリオのまとめ

  • ポートフォリオとは保有している金融資産の組み合わせのこと
  • 仮想通貨をポートフォリオに加えるメリットはインフレヘッジになることや将来性があること、ハイリターンを得られる可能性があること
  • デメリットは市場価値が不安定で、ハッキングされる可能性があり、場合によっては無価値になる可能性があること。
  • ポートフォリオを決める際のポイントは予算を決め、それに従って保有銘柄を決めや各銘柄のバランスをとること
  • DMM Bitcoinのような多くの銘柄を扱っている仮想通貨取引所でアカウントを作成すると、ポートフォリオを作成しやすい

その理由はインフレヘッジになることや仮想通貨に将来性があること、ハイリターンを得られる可能性があることなどです。

しかし、仮想通貨には価値の不安定さやハッキングリスク、無価値になるリスクがあるので資産の全てを仮想通貨にするのはお勧めできません。

その上で、セキュリティ能力が高く、コールドウォレットでの運用や不正ログイン防止に努めているDMM Bitcoinのような暗号資産取引所で取引し、大事な資産を守りながらポートフォリオに従った運用をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる