外国為替市場

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

特徴:長い陰線+窓+短い陽線や陰線+長い陽線

【ローソク足の基本】初心者にもわかりやすい売買シグナル4パターンを解説


特徴:長い陰線+窓+短い陽線や陰線+長い陽線

1. 大きく株価を下げ、 まだ下がるかもしれないという状態 。

3. 前日終値よりも高くスタートし、そのまま大きく上昇。 下げ止まりを確認してさらに買いが入る 。

下落から上昇への急転換を示しています。

サイン2 つつみ線

1. 陰線で今後も ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説 下落かと思われている状態

2. 前日終値よりも安く始まったにも関わらず、その後株価は上昇、前日の始値(高値)を越えて、 流れが変わったと判断されて買いが入る 。

このパターンも急激な方向転換を示しています。

図の通りとは限らない

そんなときは、長いスパンのチャートを見て、現在の位置づけを判断してください。

この記事を書いている人

高橋 珠実(たかはし たまみ)

  • 経営者の退職金となる「小規模企業共済」のメリットとは
  • 50日間の限定復活「トマたまカレーうどん(6/14まで)」 お得に食べる3つの攻略法、味変やみつきアレンジレシピを公開
  • 「QUICPay」を活用しよう 驚異の3%還元や9の日の抽選などメリット豊富

今参加できるセミナー

寄稿者の著書一覧 FPってなに? すまアレ 節約の達人 ふるさと納税の達人

スマートニュースグノシー ITmediaビジネスオンライン

© 2022 マネーの達人 All Rights Reserved. 無断転載を禁止します。
当サイトの提供する情報はその内容の真偽、正確性、安全性及び元本や利益を保証するものではありません。
記事に記載されている情報の実施はご自身の判断と責任において行ってください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる