無料講座

ライントレードとは

ライントレードとは
レンジ相場

【必見】ライントレードとは?具体的な取引手法・勝つコツまで紹介!

お金マン

ライントレードとは


ライントレードとは、 ラインを引いてそれをもとに投資・トレード判断するトレード法の1つ です。

ラインの種類ラインの説明
サポートライン過去に何度も最安値となった価格帯を結んだ線
レジスタンスライン過去に何度も最高値となった価格帯を結んだ線
三角保ち合い線ギザギザの価格を最高値を最安値を結んだ線
トレンドライントレンドを形成している価格を線で結んだ線

初めはラインを自分で引くのは難しいと感じるかもしれませんが、実際はとてもシンプルです。

特に、サポートラインとレジスタンスラインを引くのは非常に簡単で、初めての方でも簡単に引くことができます。

それを引けば、大体の買いでエントリーする価格帯売りで入るべき価格帯が見えてくると思います。

ラインの種類

先ほど書かせて頂いた通り、ラインの種類4種類あります。

どのラインも引くのも難しくありませんし、分析するのにそこまで難しいわけではないのでここでマスターしていきましょう。

サポートライン

サポートライン

サポートラインとは…

下値抵抗線といい、価格がそれ以上下落しにくく相場の下支えとなるライン・価格帯のこと。安値の目安となり、そこで跳ね返ったり、突き抜けて下がると大きく下落する可能性があります。

サポートラインとは、

過去に付けた安値で過去に何度もそこから反転して上昇し ていった 価格帯 です。

何度も安値として反転しているポイントで、特に.00や50などのきりの良い価格帯が意識されやすいところになります。

なので、「買い」が集中するポイントとなり、「買い」でエントリーすることが推奨されます。

サポートラインの分析

しかし、市場心理がかなりネガティブな場合は、その下値を突き抜けてさらに下がる場合があります。

その場合は、下落相場の始まりを示唆しており、下落トレンドになることを意味しています。

なので、 短期的にどちら向きのトレンドが形成されるのかを教えてくれるので非常に重要 になります。

お金マン

レジスタンスライン

レジスタンスライン

レジスタントラインとは…

上値抵抗線ともいい、価格が頭打ちして上昇相場の天井となるライン・価格帯のこと。高値の目安となり、そこで跳ね返って下落する場合や、突き抜けてさらに大きく上昇する可能性があります。

レジスタンスラインは、

上昇相場の頂点となって反転して下落してくる価格帯で、「売り」が集中しやすいポイントとなります。

なぜなら、「買い」で入っている投資家も、抵抗圧力が強く押し下がってくるだろうという思惑をもって利益確定し安いポイントなので、 反転して下落する可能性が高くなります。

レジスタンスライン

しかし、市場環境が非常に良くポジティブなサプライズニュースなどがあれば、上に突き抜けて高値更新し、 上昇相場の始まり となったりします。

お金マン

三角保ち合い線

三角保ち合い線

三角保ち合い線とは…

トライアングルともいい、価格が上下しつつもその変動幅が徐々に小さくなり、収束した後に上下のどちらかに大きく変動する相場となる。大きく変動し始めた方向にポジションをとることで、大きく利益をだすことができます。

価格が長期に渡ってレンジ相場の場合に有効なラインが三角保ち合い線と呼ばれています。

価格が収束するに従って、相場が大きなエネルギーを溜め込んで、最終的に一方向に大きく変動していくことがあるので、

三角保ち合い線は、そのような レンジ相場からの大きなトレンドをうまくつかむための良い指標 となります。

トレンドライン

トレンドライン

トレンドラインとは、

トレンドラインは、トレンドを把握するためにとても有効なラインです。

トレンドラインには2種類あり、

安値同士を結んだ線が右肩上がりのトレンドを上昇トレンドライン

高値同士を結んだ線が右肩下がりのトレンドを下降トレンドラインと呼びます。

このトレンドラインは、トレンドを把握する上でも役立ちますし、価格がその線にぶつかった時の反発ポイントを知る方法にもなります。

抵抗線:上がっていた価格が反発して短期的に下がるポイントになる。

支持線:下がっていた価格が反発して短期的に上がるポイントになる。

この様にして、 長期的にはトレンドラインの方向にポジションをとり、トレンドラインにぶつかる時には短期的にトレンドラインとは逆にポジションをとる とうまく利益をだすことができます。

しかし、トレンドもいつまでも続くわけではないので、その トレンドラインに沿うように推移するのか 、それとも トレンドラインをブレイクして、新たなトレンドを形成するのか を常に見極めることが重要になります。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼テクニカル分析については以下の記事をご一読ください!

ラインの引き方

ラインの引き方


ラインの引き方を紹介していこうと思います。

これはダウジョーンズインデックス(DJI)のチャートです。

step1


(Yahoo!financeより引用)

さらに、直近では大きな上昇トレンドが形成されていると分かりますので、トレンドラインの支持線を引くことができると思いますので、引いてみます。

step2


(Yahoo!financeより引用)

次に、高値を結んでいくと三角保ち合い線として引くことができますね。

step3


(Yahoo!financeより引用)

step4


(Yahoo!financeより引用)

少し先っぽの方が微妙にはなりますが、上昇のトレンドラインとして読み取ることもできます

しかし、三角保ち合い線も下の支持線にぶつかることなく上がろうとしていますので、この場合はどちらにせよ上がるという風に判断することはできますが、 ライントレードとは ラインは同じチャートでも複数通りに引くこともできます 。

お金マン

ライントレードで勝つ手法

勝つにはいくつかの重要なポイントがあるので、それをここでおさえておきましょう。

サポートライン・レジスタンスラインからの反発を狙う

ラインからの反発を狙う


まず、一つ目に「サポートライン・レジスタンスラインからの反発を狙う」ことです。

過去に何度も反発している箇所ですので、よほどインパクトの強い情報やファンダメンタルズが無い限りは、簡単には超えられることはありません。

なので、 サポートラインやレジスタンスラインをチャートに引いて、それにぶつかった時に反発するように賭ければ、うまく稼ぐことができる と思います。

三角保ち合い線からの暴騰・暴落を狙う

三角保ち合い線からの暴騰・暴落


次に「三角保ち合い線からの暴騰。暴落を狙う」ということです。

先ほど、三角保ち合い線が形成される時は、価格推移はレンジ相場を形成していますが、徐々にその上下の幅が縮まり最終的に大きなエネルギーを放つように大きなトレンドを形成されやすくなります。

まずは、レンジ相場を見つけたら三角保ち合い線を引けるようなレンジ相場になっているか確認してみましょう!

トレンドラインに沿ったトレード

トレンドラインでトレンド把握


最後に「トレンドラインに沿ったトレード」をすることです。

トレンドラインは、大きなトレンドを形成している時に引くことができるラインしたよね。

どこでそのポジションを取るのかと言うと、 そのトレンドラインにぶつかった時 だと思います。

より正確に言うと、 そのトレンドラインにぶつかって跳ね返ったのを確認してからエントリーすることが大事 です。

突き抜けて逆行する場合があるので、跳ね返ったのを確認してからエントリーするようにしましょう!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ライントレードのコツ

最後に、ライントレードのコツを紹介していこうと思います。

チャートを形として見る

チャートを形としてとらえる


まずは、うまくラインを引ける箇所を見つけるためには、「チャートを形として見る」ことが重要になります。

形としてみることで、サポートライン・レジスタンスラインは当然、三角保ち合い線を引けるような箇所を簡単に見つけることができるようになります。

まずはサポート・レジスタンスラインでトレード

レジスタンス・サポートラインでトレード


ライントレードを始める上で、まずはサポートラインやレジスタンスラインをもとにトレードすることだと思います。

なぜなら、サポートラインやレジスタントラインは引くのが簡単なので、それを判断材料にしてトレードするのも比較的簡単になるからです。

サポートラインやレジスタンスラインはシンプルな故に、 引くのも簡単ですし複雑なことを考えなくて良いので初めての方でもトレードしやすい と思います。

慣れてきたら複数のラインで分析

複数のラインでトレード


そして、慣れてきたら複数のラインで分析していきましょう!

先ほどのダウジョーンズインデックスのチャートの様に、三角保ち合い線も引ければトレンドラインも引ける場合もあります

ラインは人によって違うように引けたりするので、 客観的な分析が難しいトレード方法ではあります が、色々なラインを引いていくことで、総合的な判断ができるのが良いというところもあります。

なので、少なくとも2、3通りくらいはラインを引いてできるだけ分析の正確さを追い求めていきましょう

ライントレードにおすすめなFX会社

LIGHTFX
おすすめ度
使いやすさA
安全性A
スワップポイント(ドル円)70~80円
スプレッド0.3銭(原則固定)

FXをするならLIGHTFXが一番おすすめ。

LIGHT FXは現在、スプレッド縮小やスワップポイントキャンペーン、キャッシュバックキャンペーンなどなど、キャンペーンが充実しています。

現在、 ドル円のスプレッドが0.1銭 、 ライントレードとは ユーロ円が0.4銭と大幅に縮小 されています。

また、メキシコペソ円南アフリカランド円のスワップポイントも多くなっています。

また、通常の口座開設と新規取引のキャッシュバックキャンペーンポンドの取引でキャッシュバックされるなど、キャッシュバックキャンペーンも充実しています。

いまさら聞けないライントレードの基礎と応用-ハイローオーストラリア(Highlow.com)で使ってみよう!

トレンド相場

トレンド相場

レンジ相場

レンジ相場

【応用】ライントレードで相場分析からエントリーへ

【応用】ライントレードで相場分析からエントリーへ

レジスタンスラインとサポートラインを引くのではなく、直近の三つの高値、直近の三つの低値を通るように傾きのあるラインを引きます。このラインが先すぼまりになっているときにはもつれ合いの相場に向かっています。

トレンドの発生点を狙うライントレードの応用として活用してみましょう。

ラインだけでエントリーする方法も魅力がありますが、 ハイローオーストラリアで勝てるようになるには他の手法も合わせて使うのが理想的 です。

ハイローオーストラリア公式

15秒取引のバイナリーオプション!?ハイローオーストラリア(Highlow.com)でもできるの?

ハイローオーストラリア(Highlow.com)はイーサリアムの5分取引がベスト?RSIとMACDを使ってみよう!

エンベロープだけでもハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコインで稼げるの?ターボ取引で見てみるとわかる実態

押し目買いと戻り売りでハイローオーストラリア(Highlow.com)を攻略!フィボナッチも使ってみよう!

ゴールドはハイローオーストラリア(Highlow.ライントレードとは com)の商品指数で人気!使い方のコツや併用銘柄を知って活用していこう!

【基礎編】知っておきたい!オシレーター系インジケーターの組み合わせ方

移動平均線はRSIと組み合わせる?ハイローオーストラリアのビットコインの1分取引での.

GMMAで相場解析!活用のポイントは?

心理を読み解く成功術!ハイローオーストラリア(Highlow.com)で使える考え方.

Highlow基本情報

1

バンドウォークでどこまで勝てる?ボリンジャーバンドを極めよう!

2

ACオシレーターで値動きの先を読む

3

エンベロープと移動平均線乖離率の違いは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)で併用可能?

4

【必見】ビットコインがハイローオーストラリア(Highlow.ライントレードとは ライントレードとは com)で魅力上昇中

5

CCIはハイローオーストラリア(Highlow.com)の勝率向上につながる指標

6

RSIとRVIでハイローオーストラリア(Highlow.com)初心者も勝てるようになろう

学校でビットコイン教育が始まる!ハイローオーストラリアも学ぶ機会を手に入れよう!

カーボンニュートラルの時代にビットコインの立場は?BitMEXの取り組みとハイローオーストラリアの実態

炭素クレジットがブロックチェーン上で売買可能に?ハイローオーストラリアのビットコインの注意点は?

米ドル(USD)は別格!アメリカドルはハイローオーストラリアでの基本通貨だから攻略しよう

ビットコインと相関が強いのは?ハイローオーストラリア(Highlow.com)とも比較できるの?

スマホでバイナリーオプションをするメリットとデメリットを徹底研究!ハイローオーストラリア(Highlow.com)ではパソコンよりも携帯が良い?

国内バイナリーオプション業者の利用者必見!ハイローオーストラリア(Highlow.com)に転向すべき理由

【速報】新登場!ハイローオーストラリア(Highlow.com)のジャックポットはお得!?

エンベロープだけでもハイローオーストラリア(Highlow.com)のビットコインで稼げるの?ターボ取引で見てみるとわかる実態

なぜハイローオーストラリア?国内業者と徹底比較!

RVIはビットコインなら使えるって本当?ハイローオーストラリア(Highlow.com)のターボ取引で試してみた

こんなオレ

ごくごく一般的な30代サラリーマンのオレ。
仕事もお金もあまり興味がなく、一時期ニートになる始末。
それでも何かやってみるかと就職したついでにハイローオーストラリアと出会う。
コツコツやっていくうちに1000万円稼ぐことに! ライントレードとは
人生何が起こるか分からない((((;゚Д゚))))

ライントレードとは?

ライントレード

損切りを小さくするための手法

サイト内検索

FX投資会員ブログー手法公開!

FX投資会員ブログ

Twitterタイムライン

先出しシナリオ・無料コンサル希望の方はこちらから!

LINE公式の登録はこちらから

※無料コンサルについては2022年3月1日、現在新規の募集は行っておりません。
次回の募集までお待ちください。

【最強FXライントレード極意まとめ】勝てないなんて言わせない!勝てる引き方とコツ

なので、ライントレード初心者の方は、まずトレンドラインを引ける状態になるのを待ち、トレンドラインの方向に沿ったトレードをしていけば、だいぶ楽にトレードが出来るようになります。

トレンドラインの角度・引き方・使い方でFXエントリー・利益確定ポイントを導き出す トレンドラインはFXの手法に欠かせない!使い方で見えてくるチャート攻略法! トレンドラインを引いてみるだけでFXの勝率が上がる! .

トレンドを軸に分析するとトレードは圧倒的に楽になる!

投資家は「トレンドの発生」「トレンドの継続」「トレンドの終了」に最も注目しており 「トレンドの流れ」 を基準に相場を見ています。

なのでトレンドが発生したら 「トレンドがどこで継続していくか?」「どこで崩れて行くか?」 の2点に注目して分析して生きましょう。

特にトレンド中に付けた「最高値」「最安値」はその後も意識されやすく、トレンドが押し戻しをつけた時、そしてトレンドが崩れたとき 「最高値」「最安値」引いた水平ラインが目安にされやすくなります。

レンジ相場はブレイクしてからエントリーポイントを探す

いわゆる 「レンジ相場」 の時です。

高安値を追ってラインを引いてるうちに「気が付いたらラインだらけになって、どのラインが重要なラインかわからなくなった」なんてことありませんでしたか?。

こういう場合は、レンジ相場内を無理して分析しようとするより「最高値」と「最安値」の2本だけにラインを引き 「レートがレンジ外へブレイクしてから改めてエントリーポイントを探す方が優位性はグッと高くなります。」

ライントレードのブレイクの基本と投資家心理を読むコツ

ブレイクすることでレートが伸びやすくなるポイントとは?

レートがある一定の価格帯を抜けることで大きく伸びる「ブレイクポイント」を押さえておくと、ライントレードはかなり有利になります。

その目安になるのが 「押し安値」と「戻し高値」 ライントレードとは です。

押し安値・戻し高値は 「新規注文が一点集中して大きく伸びたポイント」 であると同時に 「損切りの注文」 も同じ数だけ入っている、いわば 「売買注文が集中している価格帯」 だからです。

また、押し安値・戻し高値は「利益確定」の目安にされやすいポイントでもあります。

押し安値・戻し高値を抜けられることで、それより以前にポジションを取っていたトレーダーは「流れが転換した」とみなし、保持していたポジションの手仕舞いを決め込みやすいのです。

ブレイクされることで感じる投資家心理とは?

その次の押し安値・戻し高値が節目の役割を持ち、そこで価格がストップすれば転換のきっかけになっていきます。

しかし、次の押し安値・戻し高値もブレイクされると、 そのポイントからポジションを持ち始めたトレーダーの損切り注文を撒き込んで更にレートは加速していくことになります。

ライントレードのエントリーポイントを見つけるコツ!勝率の高い最強パターンとは?

エントリーのコツはラインでの反転・反発

エントリーポイントを見つけるコツは 「レジ・サポの逆転が起きたポイント」 です。

つまり 「それまでレジスタンスラインとして機能していたラインが今度はサポートラインとして機能すること。」

または 「それまでサポートラインとして機能していたラインが今度はレジスタンスラインとして機能すること。」

反転・反発部分のチャートパターンに注目!

レートがラインに反応し、反転・反発が起きた部分には 「ダブルトップ・ボトム」「ヘッドアンドショルダー」といったチャートパターンが出来やすくなります。

例えば、4時間足・日足のような大きな時間足で反転・反発が起きた部分を 1時間足や15分足のような小さな時間足で見ると、反転・反発部分がチャートパターンが出来ることが多いです。

チャートパターンが出来るということは 「その価格帯が大勢の投資家に意識された」 ライントレードとは ということですので、かなり勝率は高いものになります。

移動平均線との組み合わせは鉄板!

ライントレードの勝てない理由を検証!

ライントレード勝てない理由①上位時間足を無視してる

例えば 5分足でエントリーするからと言って、5分足チャートだけにラインを引いてもダメなのです。

5分足で価格が伸びるには 、より上の時間足である1・4時間足チャートで意識されるラインにレートが反応するからこそ、小さな時間足で伸びて行きやすくなるのです。

ですが、5分足だけにラインを引いてしまうと、そのラインを意識するのは「5分足チャートだけ見てる人」だけになり、より上の時間足でトレードしている投資家から注文が集まってこないのです。

ライントレード勝てない理由②自分よがりのラインを引いていないか?

ラインと言うのは 「他大勢の投資家もそのラインを意識して初めてラインとして機能します。」

ですので、引き方が全くわからないという相場に出会った場合は、無理してラインを引くのではなく 「どうやってもここにしか引きようがないだろ」 と思えるぐらいハッキリとわかりやすいパターンになるまで待った方が良いでしょう。

ブレイク即エントリーはダマシの元!押し目・戻し目を待つ!

ブレイクアウトしたと思ったら、元の価格に戻ってきてしまう 「ダマシ」 によく会ってしまったという方は多いと思います。

バイナリーオプショントレード方法の1つ『ライントレード』は頼りない・・・!?

テクニカル分析まとめ

さて、この企画内では“時間帯による値動きの傾向”だったり、“経済指標が相場に与える影響”についてお話したのですが、これらはあくまで “相場の知識” です^^

もちろん相場の知識も大切ですが、まず初心者さんが知らなければならないのは “自分がどういった方法で取り組んでいくのか” ということ(*゚∀゚)

細かく分ければバイナリーオプションの取り組み方は本当に様々ありますが、本日はこの中でも “テクニカルツールを使ったトレードとラインのみを使ったトレードの違い” についてお話します(*´∀`*)ライントレードとは

ライントレードってどんなトレード^^?

ライントレードとは、文字どおり “ラインのみを使ってトレードすること” を指します(´∀`)

ラインって? ラインとは主に“反発ポイント”、“抵抗として意識されそうなポイント”を線で結ぶことを言います^^
ラインは自分自身の考えと判断で引くため、ライントレードは チャートに線を引くことからエントリーまでの全てを自分自身の手で行う ということになりますね♪

基本的には “抵抗を見極めるため” に利用することが多いので、「レジスタンスラインにローソク足がぶつかったタイミングで逆方向にエントリー!」という感じの逆張りです(*゚∀゚)

主に “トレンドを見極めるため” に利用することが多いのですが、このトレンドラインで反発するたびに相場が勢いをつけ、明確なトレンドになっていきます♪

ラインは“自分自身の手で引くもの”!

“「どこに」「どのように」「どんな」ラインを引くのか” を考え、 “実際に引いたラインを参考にトレードする” のは 全て自分自身 となります^^

これって裏を返せば “ライントレードとは 自分の都合や希望的観測で好き放題にラインを引けてしまう” ってことなんです。

これは本当に極端な例ではありますが、仮にこの画像内のラインを参考に ② や ② で反発すると考えてエントリーしていたら負けてしまいますよね^^;

このように 必ずしも自分の引いたラインが正しく機能するとは限らない のです(;´∀`)

大衆の意思が反発ポイントを決める! ラインを引く目的でもある抵抗や反発するポイントというのは、“より多くの市場参加者がそこを抵抗として意識することで確度を増します”。
つまりいくらラインを引いたところで、 自分が反発すると思ったポイントが大衆に意識されなければそのラインはラインとして機能しない というわけです^^;

テクニカルツールは多くの人が使っているという事実!

私がテクニカルツールを使ってトレードすることをオススメする理由。
その1つは単純に “使っている人が多いから” です^^!

ご覧いただくと分かる通り、移動平均線にローソク足が触れたタイミングで反発しているポイントが多いです^^
これは “このポイントを反発ポイントとして意識している人が多い、あるいはこの移動平均線を参考にトレードしている人が多い” という証明でもあります✨

「反発するだろう」と意識する人が多いほど、そのポイントはより現実的に反発ポイントとなります。
つまりは “どれだけ多くの人と同じ景色を見てトレードができるか” というのは非常に大切なんですね(*゚∀゚)

本日の3カウント戦略トレードは相場に動きが出始めた夕方から勝負!

  • ①15分足で相場の方向性を見極めてエントリー方向を決定!
  • ②5分足で15分足との矛盾がないかを確認しエントリーポイントを決定!
  • ③1分足で15分足と5分足との矛盾がないか確認しタイミングを計ってエントリー!

①15分足で相場の方向性を見極めてエントリー方向を決定!

②5分足で15分足との矛盾がないかを確認しエントリーポイントを決定!

③1分足で15分足と5分足との矛盾がないか確認しタイミングを計ってエントリー!

でもこれは決して運が良いわけではなく、 “しっかりとトレンドの方向性を見極め、適切なタイミングでエントリーすることによる副産物” だと私は考えています^^ (もちろん多少は運もあるけど笑)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる