バイナリ―オプション取引

インデックスファンドコスト比較ランキング

インデックスファンドコスト比較ランキング
投資信託・ETF

知っていましたか? 業界最低水準の運用コスト を、
将来にわたってめざし続ける *
ファンド があることを。 そのブランド名は・・・

注)『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:180 名)。 投票期間:2021年11月1 日~11月30日。投票対象:2021年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the インデックスファンドコスト比較ランキング Year 2020』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:185 名)。 投票期間:2020年11月1日~11月30日。投票対象:2020年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:222 名)。 投票期間:2019年11月1日~11月30日。投票対象:2019年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018』は投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:241 名)。 投票期間:2018年11月1日~11月30日。投票対象:2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF 含む)。
※それぞれ、海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもの。
※将来の運用成果等を保証したものではありません。
過去の受賞状況はこちらから(「投信ブロガーが選ぶ! Fund インデックスファンドコスト比較ランキング of the Year2021」HPに移動します)
http://www.fundoftheyear.jp/2021/

長期の資産形成において、
コスト目線は大切です!

運用利回りが同じファンドに投資した場合、 運用コストが低い(コストを抑えた)ファンドのほうが、パフォーマンスは優位 になります。

ご参考:運用コストの違いによるパフォーマンスの優劣:信託報酬の違いによる例
(イメージ図)

イメージ図イメージ図イメージ図

信託報酬控除前の運用利回りを年率3%と仮定。(10,000円で運用スタート)
各信託報酬の場合のパフォーマンスの違いを示しています。
上記グラフは信託報酬の大小が長期的にパフォーマンスへ与える影響を明示するためのシミュレーション(複利にて計算。税金・手数料等は考慮しておりません。)であり、各インデックスファンドの将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

インデックスファンドのおすすめ人気ランキング32選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

法人向けの資産相談業務やグループ企業の経営管理、分散金融市場における資産運用事業を手がける。その他、大手のビジネス系メディア「マネー現代:講談社」「ITmediaビジネスオンライン」「四季報オンライン」等で執筆も行っている。 インデックスファンドコスト比較ランキング OKOSUMO(公式サイト):https://okosumo.com/ Twitter:https://twitter.com/full_tangent

自社施設

インデックスファンドとは?アクティブファンドとの違いや仕組みをわかりやすく解説

インデックスファンドとは、日経平均などの指数に連動した運用をする投資信託です。

動きがわかりやすく、購入するだけで分散投資できるのが魅力。指数と値動きを連動させるため、該当の指数に組み入れられた複数の銘柄へ自然と投資していることになります。連動する指数も新聞やニュースで確認できるので、値動きを追いやすいですよ。

また、投資信託のなかでも運用コストが安いのもメリット。インデックスファンドは、アクティブファンドのように企業へのリサーチを行わないためその分運用にかかる費用が安くなっています。インデックスファンド・アクティブファンドでは、最大2%以上も年間のコストが変わるので、コストを抑えたい人ならインデックスファンドが向いているでしょう。

ただし、指数以上のリターンが見込めないため、短期的にはリターンが得られない可能性がある点には注意。市場全体の動きが悪いと成績自体が悪くなる可能性もあります。とはいえ、値動きがわかりやすくコストや手間もかからないインデックスファンドは、初心者でも手を出しやすい商品ですよ。

インデックスファンドは、ほとんどのアクティブファンドにパフォーマンスで勝っています

実際、アクティブファンドで指数を超える成績なのは全体の2割以下に。パフォーマンスのよいアクティブファンドは別ですが、基本的には低コストのインデックスファンドを選ぶのがよいでしょう。

インデックスファンドの選び方

インデックスファンドを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

① マストで確認しておきたい2つのポイント

信託報酬は0.30%を目安に!安いほど効率的に運用できる

低コストで運用するなら、信託報酬が0.30%以下のインデックスファンドがおすすめです。

効率的に利幅を拡大させるには、保有期間中に年率で発生する信託報酬を抑えることが重要。たとえば、0.30%と0.60%の商品を100万円で10年間運用すると、それぞれ30,000円・60,000円となります。数%の差は小さく見えるかもしれませんが、低い信託報酬の商品を選ぶと最終的な利益を増やすことにもつながりますよ。

今回検証した32商品の信託報酬の平均値は0.24%でした。なかには極端に低い商品もあったので、選ぶ際には0.30%ほどを目安にすればローコスト運用といえるでしょう。信託報酬は運用の確実なマイナス要因となるので、ぜひコストの安い商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

効率的に運用したいならインデックスファンドの信託報酬は0.30%を目安にしましょう。安いと成績のよい商品になるわけではありませんが、運用の負担になるコストを軽減できますよ。

また、運用コストを比較するときは、投資先や運用方法が近い商品でするのがおすすめです。投資対象ごとに実際の売買までの流れは異なるので、投資先が同じなら正確にコストを比較できますよ。

トータルリターン・標準偏差で実績を確認。ただし同じ指数だと結果は変わらない

検討している投資信託のパフォーマンスは、これまでの実績値であるトータルリターン・標準偏差の2点でチェック

トータルリターンは、運用期間中の利益や利回りを騰落率より正確に調べることが可能。コストや分配金による運用成果だけでなく、一部売却した場合の損益も反映されるのがメリットです。長期間の成績も確認することで、その商品の平均的な成績も把握できますよ。

また、標準偏差は期間中どれだけ変動したのか、つまりリスクの大きさの調査が可能。価格や収益のばらつきを数値化するので、標準偏差が小さいほど上昇幅・下落幅が小さいことを指します。どちらも実績がよいからうまくいくわけではありませんが、自分の目的に合った商品を選ぶ助けになるでしょう。

なお、同じ指数と連動している商品同士を調べても結果に差はほとんどありません。運用開始日や集計期間によって数値の差はありますが、投資対象の銘柄はほぼ同じなため購入後の値動きに差は出ないでしょう。そのため、パフォーマンスを比べるときは違う指数同士を比べてみてください。

【2021年1月】投資信託41銘柄の実質コストを徹底比較。低コストインデックスファンドをランキング形式で紹介

インデックス投資信託の実質コストの比較ランキング

投資信託・ETF

  • 「信託報酬が同じ場合、どの投資信託を選べばよい?」
  • 「とにかくコストが安いインデックスファンドはどれ?」

時には「せっかく信託報酬が安い投信を選んだのに、隠れコストが意外と大きかった」という落とし穴もありますので、投信を選ぶときは 実質的なコスト(信託報酬+隠れコスト)に着目する ことをおすすめします。

本記事では 投資信託の実質コストの調べ方(計算方法)と、代表的なインデックスファンド41銘柄の実質コストを資産クラスごとにランキング形式で紹介 します。これを読めば、真の低コストインデックスファンドがわかります。

投資信託のコストは買付手数料や信託報酬を含めて6つある

番号名称費用発生時点具体的な内容備考
1買付手数料購入時申込時に販売会社に支払う費用目論見書で明示される
2信託報酬保有中ファンドの運用や書類作成等の費用目論見書で明示される
3売買委託手数料保有中取引の際に支払う費用 隠れコスト
4有価証券取引税保有中取引の際に発生する税金 隠れコスト
5その他費用保有中有価証券などの保管費用や監査費用など 隠れコスト
6信託財産留保額売却時解約にかかる費用目論見書で明示される

目論見書で明示されるコストは、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つ

1,2,6の買付手数料、信託報酬、信託財産留保額については 事前に決まって おり、投信の目論見書や証券会社の銘柄情報の中で明示されているため、わかりやすいです。

運用報告書で事後報告されるコスト(隠れコスト)は、売買委託手数料、有価証券取引税、その他費用の3つ

3〜5のコスト(売買委託手数料、有価証券取引税、その他費用)については 事前に決められているものではありません 。たとえば株価の変動が激しくて銘柄の入れ替えが頻繁に発生した場合は売買委託手数料や有価証券取引税が多く発生します。状況に応じて変動する経費を事前に把握することは不可能です。

したがって、実際に運用した際にかかった費用を運用報告書の中で 事後報告する 形となっているため、その存在を知らないという方は多いです。3〜5のコスト(売買委託手数料、有価証券取引税、その他費用)は事前に把握しにくいコストであるため、以下では隠れコストと呼びます。

国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識 | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

1対象地域の範囲・国内株式の有無
世界市場、先進国市場は、日本市場を含むものとそうでないものが混在する。それにも関わらず、筆者が参照した2020年6月時点では、ファンド名自体に「日本除き」「日本含み」などの表記が含まれないファンドが多く存在した(Morningstar Direct 参照)。販売会社によっては、カテゴリーとして「日本含む/日本除く」や「国内/海外」に分類しているものもあるが、全ての販売会社が対応しているわけではない。これから日本市場と外国市場に分けて投資を始めようとする人にとって、多少なりともハードルになりうる。

2長期的なリターンと変動
当然のことながら、選択する地域によって、最終的なリターンには大きな差が生じる(図表2)。2008年のリーマンショック以降では、テクノロジー企業の成長が著しい米国株式が最も上昇率が高かった。また、新興国株式のインデックスは2000年代に大きな上昇トレンドがあったが、その後のリーマンショック、欧州危機、チャイナショックなど、急落時の下落インパクトが大きく、2000年以降の長期的な成長率は米国株式と同程度となる。世界株式(日本除き)と先進国株式(日本除き)の値動きが大きく変わらないのは、新興国株式の配分は12%ほどと少ないためである(MSCI参照)。

図表2 各インデックス(円ベース、配当込)の推移とパフォーマンス評価

3為替ヘッジの有無
為替ヘッジありのファンドは、解約時の為替レートをあらかじめ予約して為替リスクを抑え、代わりに、為替ヘッジコストを支払うような商品である。販売されているインデックスファンドのうち為替ヘッジ有はMSCIコクサイ・インデックスで7つ、ダウ・ジョーンズ工業株価平均で5つであった(図表1)。全体的に、為替ヘッジ付きインデックスファンドの割合は少ない。

図表3 為替ヘッジ有無により生じるパフォーマンスの違い(MSCIコクサイ・インデックス、円ベース、配当込)

4手数料
手数料はファンドごとの差が大きい。これは、国内株式のインデックスファンドと同様、ファンドがいつ設定されたかも影響している(参照:基礎研レポート「TOPIXと日経225の違い―どちらに投資した方が有利なのか」(2020.6.30))。図表4には、インデックス別に信託報酬等の最大値および最小値を示す。信託報酬等の分布を国内株式の時と比較すると、インデックスによって最大値と最小値の差に幅があるものの、全般的に低い。

【NISA銘柄を比較調査】三菱UFJ国際投信のインデックスファンドが総合ランク1位!3年間のトータルリターンが最も高い15.45%に

TOPIC-----------------------------------------
1 コストが安いといわれるインデックス型。実際の信託報酬はどれくらい違う?
2 トータルリターンは先進国株式が高め!国内株式平均と比べ5%以上の差が出た
3 リターンのブレ幅はバランス型が優秀。トップは2位以下と大きな差を付けた
------------------------------------------------

  • 調査期間:10月20日
  • 調査対象:NISA銘柄40商品
  • 調査機関:mybest編集部 金融・サービスチーム
  • 1.信託報酬の安さ
  • 2.リターンの高さ
  • 3.リターンのブレ幅​

三菱UFJ国際投信が手掛けるインデックスファンドが1位!信託報酬・3年間のトータルリターンで高い評価
mybestが選んだベストNISA銘柄は、三菱UFJ国際投信が手がけるS&P500に連動するインデックスファンドの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」。一般的に低コストといわれるインデックス型の信託報酬が平均が0.2%だったなかで、半分の0.1%とかなり安い水準だったことが評価に繋がりました。また、3年間のトータルリターンが15.45%と検証した中でも高くコスト・リターンどちらも優秀なNISA銘柄と言えます。

━━━━━━━━━━━
各項目における調査結果
━━━━━━━━━━━
■コストの安さ

SBIアセットマネジメントが運営する銘柄がトップを獲得。信託報酬は0.1%以下だった
コストの項目では、それぞれの銘柄の信託報酬の安さを調査。1位は「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」で、信託報酬が0.09%という全商品の中でも最高レベルの安さでした。また、全体傾向としては一般的に低コストとされるインデックス型が上位を占め、それぞれのNISA・つみたてNISA銘柄の平均は、インデックス型が0.21%・アクティブ型が1.28%という結果になりました。

■リターンの高さ

リターン平均は先進国株式が高め。国内株式平均と比べ5%以上の差が出た。
リターンの高さの調査では、長期運用を想定した、1年・3年・5年のトータルリターンを集計。「フィデリティ・米国優良株・ファン」は信託報酬のコストが高く総合評価では順位を下げたものの、トータルリターンは3年で14.91%、5年で17.63%と高く、トップを獲得しました。また、全体傾向としては先進国株式が上位を占め、3年間の平均で比較すると、同じ株式型の平均である8.11%に比べ、平均13.15%と高い結果になりました。

■リターンのブレ幅

バランス型投資信託が上位を占める。トップの「Smart-i 8資産バランス 安定型」は平均の半分のブレ幅だった
リターンのブレ幅の項目では、価格変動の激しさを示し、商品のリスクを測るのに最適な指標である標準偏差を調査。りそなアセットマネジメントが手掛ける、「Smart-i 8資産バランス 安定型」が1位でした。3年の標準偏差が4.47%と比較商品のなかで最も変動が小さくかなりの高得点を獲得。バランス型の平均10.54%に対して、半分ほどのブレ幅と、2位以下と大きな差を付けました。

■今回紹介した記事の中では専門家監修のもと「NISA・つみたてNISA銘柄の選び方」も紹介しています。

■監修していただいた専門家

フィナンシャルプランナー 伊藤 亮太
スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。
ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる