FXの口座開設

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
健康保険料や厚生年金保険料などの社会保険料は、月の報酬を等級ごとに区切った「標準報酬月額」により算出され、従業員の毎月の給与から天引きで徴収されます。
標準報酬月額は、給料や手当などの報酬額を区切りの良い幅で区分したもので、健康保険では都道府県ごとに1~50等級、厚生年金保険では1~31等級まで区分されています。しかし、報酬額は昇給や減給などで年々変動するため、毎年一回見直しを行うことになっています。これを「定時決定」といい、年に一度の大事な手続きとなります。
算定基礎届は、この定時決定の際に「標準報酬月額」を決定するために提出する、重要な書類になります。

マネジメントNavi

得意先、仕入先ともに、以下の点を確認してください。
◆支払・回収のサイトを確認する
→資金繰りの観点からは、回収が先行するサイクルであることが望ましいです。
◆決済手段を確認する
→売掛金回収が手形の場合、現金と比べて債権回収までの時間が長期になり、リスクは高くなります。
◆取引先数が何社あるのか
→取引先数が少なければ少ないほど、取引先の倒産で自社が受けるダメージは大きくなります。
◆取引先のうち、最も取引額の多い先が、取引額全体に占める割合はいくらか
→特定の取引先に依存していないかどうかを確認します。1社で全体の取引額の30%以上を占めるようであれば、かなり依存度が高いといえます。

③売掛債権の回収については、回収期日に遅れがないか確認する
与信管理の基本ともいえるのが、「期日通りに代金を回収できているかを確認すること」です。
インターネットバンキングを利用すれば、回収期日に金融機関へ行かなくても、入金状況は確認できます。

期日に入金が確認できなかった場合、相手先へ必ず早めに連絡を入れます。
事務手続きのミスや金融機関側のシステムの問題など、相手先の資金状況以外の原因である可能性もあります。
焦らずに、入金が確認できていない事実を伝え、改めて入金予定日を確認しておきましょう。

④取引先の倒産が発生した場合に備える
万が一、得意先が倒産してしまった場合、売掛金が回収できなくなるリスクが発生します。売掛金の回収遅延が自社の資金繰りに影響を与えないよう備えておきましょう。

<資金繰りへの備え>
◆必要運転資金よりも多めの現預金を常に確保しておく
◆融資の相談ができるように、金融機関と良好な関係を築いておく
◆経営セーフティ共済に加入する

<得意先減少への備え>
◆特定の取引先に依存していないか確認する
◆既存得意先の中で、取引比率が低い先への営業を強化する
◆新規得意先の開拓を進める

<仕入先減少への備え>
◆特定の取引先に依存していないか確認する
◆仕入先を複数持っておく

「与信管理」はBCPの一環

与信管理の目的は、取引先との関係で生じるリスクを適切な範囲に管理すること、つまりリスクマネジメント・BCP(事業継続計画)の一環と言えます。

証券外務員二種とは?一種と二種の違いは?勉強の前に押さえるポイント

証券外務員二種とは?一種と二種の違いは?勉強の前に押さえるポイント

証券外務員とは、わかりやすく言うと証券会社や銀行、生保、損保といった金融機関の営業職員のこと です。
会社の所属の部門により、法人や個人へ営業を行います。また、営業を行う職員だけでなく、証券会社や銀行などの窓口にいるいわゆる「カウンタースタッフ」も、証券外務員です。そのほか、生命保険会社や損害保険会社でも証券外務員が働いています。
こういった様々な会社で証券外務員として働くためには、資格を持つだけでなく会社を通して金融庁の「外務員登録原簿」に外務員として登録をする必要があります。
証券外務員の資格を持つとできるのは、株式や債券といった有価証券や投資信託といった金融商品の募集や勧誘、売買などの証券業務です。すなわち、 法人や個人の顧客を相手に金融商品を勧めたり、顧客の依頼を受けて金融商品を売買したり、資産運用の相談に乗ったりするのが、証券外務員の仕事内容 です。
証券外務員の資格には一種と二種があり、一種の資格は二種よりもできることが増えます。例えば、株式や現金等の形で金融機関に預ける担保の3倍の金額の範囲で売買ができる信用取引や、金利や証券価格、為替相場によって資産価値が変動する金融商品を扱うデリバティブ取引ができます。

証券外務員二種の資格の勉強で身に付く知識ってなに?

証券外務員としての活動を行うための資格であることから、 金融商品の取引業務を行うための知識を習得 できます。

株式、債券、投資信託及び投資法人に関する業務について詳しく学ぶことはもちろんのこと、投資家に対してしっかりと責任を果たすべく、金融を扱う者としてのルールを勉強して把握する必要があります。
例えば 証券取引法、投資信託及び投資法人に関する法律と法令に始まり、証券業協会と証券取引所の定款・規則 といった幅広い分野の情報です。
加えて、 証券市場の基礎知識と経済・金融・財政の常識 を基本に、 株式会社法概論、財務諸表と企業分析、証券税制など の知識を勉強して習得する必要があります。まさに金融商品を扱うためのプロフェッショナルとして必要不可欠な知識の習得が可能です。

証券外務員ニ種がビジネスでどのように活きるのか

証券外務員二種とはシンプルにまとめると、信用取引やデリバティブ取引以外の有価証券の募集や勧誘、売買等の証券業務ができる資格です。
証券会社、銀行、生保、損保の営業職員として働くには必須の資格であるため、資格の取得者は即戦力 としてみなされます。就職・転職市場で非常に需要の高い資格のひとつです。

現在、低金利が続いている日本においては、資産運用の方法について悩んでいる人々が多くいます。 金融に関する情報を知り的確なアドバイスができる人材は、このご時世にはとても需要がある と言われています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる